FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年06月

2010
06/21

逆進性


民主党の菅党首が「マニフェスト」で、消費税10%の今後への税制改革を議論する!と言った。途端支持率が64%から50%に下落した。福祉税的消費税の運用なら解るが、税の減収による財源確保的考えが、あるとしたら違う!と国民は思っている気がする。世界不況の中での「9兆」にも及ぶ税収減の中で、国債を44兆円の発行により、国の政治をまかなっている現在、無いから借金で穴埋め的政策は、国民を益々苦しめる、将来へのツケを未来の子供達に回している事になる。「無いなら無いなりの政治」を国民も考えてほしいと思っている。人気取りの政治・政策でなく、将来に繋がる政策案の元で、一歩一歩進んでいって欲しい。「逆進性」という言葉が発せられたが、将来の為なら、後戻りしても国民は理解してくれると思う。連合・同友会のマニフェストの成績は民64・35と自44・40と余り変わらないが、国民がどう見るかでしょう。
 昨日の剣道大会の結果に見えるのは、「練習量と成績は比例」するという事です。団体・個人で圧倒的な「歌津道合剣道」は、団員の取り組みに結果が大きく現れた。現在は6年女子の頑張りをみる。学校・町の行事で疲れていても決して「練習を休まない」と指導者に聞いた事がある。「好きこそ物の上手なれ」である。これは「戸倉剣道」でも結果にでている。男子の2人の結果である。女子は諸々の事情のなかで、体調の中での練習不足が、如実に出た結果となった。レベルの違いはあれど、その差はあんなに無い今のチームと私は思っていた。「先生持久力がないんです」とリーダーの生徒は言う。スポーツは練習のみが自分を助け成績にでる。なぜなら自分そうだからで天性の強さではなく、練習・剣道大好きがここまで、剣道に関われている今があるからに他ならない。「自分に厳しく」が団員に話す言葉だが難しいのかな意味が?
 「遠藤要氏」を皆さんは解りますか?宮城出身で県会議員から国政自民党で4期も務め、参院委員長・法務大臣を歴任した方で、県剣道連盟の会長をされていて、父とも交流があった人でした。逝去されたという報道に、この時代は剣道の人材には素晴らしい方が多くいました。二刀流の茅場先生も話しをしたことがあるが、正義感さを感じた。私が20歳代に二人にお会いしたが、自分の立場を自慢することなく、誰にでも同じ笑顔で接する先生達だった。今の政治家はどうだろう国も町も自分の立場の横行が目立つきがする。
 今日も信じがたい事件の連続でした。トラック運転手23歳が、音がうるさいと言った男性60代を看板・車の道具で、メチャクチに殴打、死亡させて「何もしていない!」という。18歳の父親が「生後1ヵ月」の我が子に、殴るなどして頭蓋骨・胸の骨をおるなどして死亡させた。10代の妻と両親と同居だという。若く結婚して頑張って家庭している人達もいる中での、十代結婚への悪影響です。又57歳の女性が園児がイスで「アイス」を食べている所に。ブレーキとアクセルを間違え突っ込み、5人がケガをした。高齢者が車を生活の必需品として、安全運転していたり運転に自信がもてないと、警察に返したりしている中での、この事件は「車は動く凶器」だという事を忘れてはいけない、多くの被害者は子供か高齢者である。
 土曜日の「ジャパン」のオランダ戦は見逃してしまった!「勉強会」があったせいでどうしようもない。日本の世界ランキング4位への挑戦は、私を含めた国民の大きな力となったはずです。私の今後は権力者への権力悪用と正当性を示す事と、町民の平等な生活への支援です。賛同者を募っています。一緒にやりましょう! 「見に来て南三陸町」
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:33 】


TOP