FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年05月

2010
05/17

一時の安らぎ


土曜日の「コンサート」眠気を押し払い、兄貴分の幾度とない電話コールの、私への「心の安らぎの場」への嬉しい誘いには頭が下がりました。一日のかつて無い多忙による「睡魔」の中で、「行かなくても!」という心の動きを、「こないと駄目的」な心身ともに気遣う対処が、良い方向に導かれ、別な場所での仲間の再会もあり、自分の世界には無い「アーティス」の紹介など、視野を広げてくれる兄貴、「ありがとう」しか言えなくて申しわけない。会場のカフェGさんに半年ぶりに出掛けた、今度はスペゲティーを食べたい、美味しい「コーヒー」も是非御馳走になりたい。
 昨日は大自然の恵と春を味わい、心の癒しを「我が町」の自然体験で鋭気を養った。知人に「あさりお裾分け」して、しばらくぶりの「ガンバレ!」の声に、元気勇気をもらい、今週も新たな気持ちで臨める体制づくりをする事ができた。悩んでいても前には進めない時、私はこうした行動で、次に向かう気持ちを高めている。「この一歩」を私の心配する若者は、出来ない事の現実を今知らされるところにある。
 若者は進化する事も現実に知らされた。何かのキッカケで「相手を思う事」を知る、それに合う対価も考えず、これをしないといけない事に自分で気づく!自分の今しなければいけない「スキルアップ」が、自分のため会社のためになる。最終的には自分・家庭の為だと知るだろう。この部分の「誰かの為に何かをする」「利益より喜びを得る事」、こうした事を自分が肌で理解できる、環境に自分が入り置く事の、今の重要性を「自分が前に進めない若者」には早く解ってほしい。
 この年になり生き方がやっと解ったのも自分で、大きい事を言う資格はあまりない。この事を早く気づいていたら「人生」も大きく変わっていたと思う。だから言いたいのです。
 6時間の「野外バーペキュー」が、三一会ゴルフ顧問の庭の芝であり、参加してきました。集まった皆が互いに食材を持ち寄り、裏山から収穫した「たけのこ」の、フルコースを御馳走になった。竹筒に穴をあけての竹で作る「たけのこご飯」の、美味しく絶品に大満足した。奥様たちの「春の恵」の数々に、男達のビール片手での、「春を愛でる会」に心の安らぎをもらう。この日は「議論」もなく自然に生かされている自分を実感した。メンバーも同級生は一人もいない、CDのメロディーに一緒に唱い、ウグイスの声に遊び、青空に浮かぶしゃぼん玉の虹色に感動し、古き思いに夢を馳せ、こんな時間の経過を最近は味わう事が出来なかった。
 自分の世界に浸っていると、「何物思いにふせっているの!」、皆で火の傍に集まり「さあ食べて!」と、姉貴が呼ぶ。静かに楽しい風情を見ているだけで満足なのです。これが真の私なのに! 幾度となく呼ばれシブシブ輪に、このムリ無理が「人の優しさ」と私は気づかされました。
 さあそろそろ昨日の鋭気を発揮する時間が来ました。春に浮かれて「スピード違反」しないように、急いでの変わらないよ!
 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:20 】


TOP