FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年04月

2010
04/24

桜の名所


この時期になると「東山」が気になる。4月20日は東山に神社がある「西宮神社」の春季大祭でした。桜の満開となる頃が、お祭りなのに今年は寒さのせいでまだ蕾のままだった。
 こないだ役員の方に本山は兵庫県西宮市にあることを聞いた。何代のか天皇の記念に建立されたような話だった。碑が東山にあるので是非見に行くのも「我が町」の名所の散策にもなる。
 私が子供の頃は桜の時期は、多くの町民が「東山」で飲みや歌えの大宴会が、毎夜繰り広げられる会場で、夜桜を見に集まった。今は「東山公園」となっているが人が訪れる事はこの時期以外は、ほとんど無いのが現実です。西宮神社の世話役さんが東山を守り、提灯を飾り管理し町民を迎える。この活動は古くからの恒例行事である。しかし、今後を考えると後継者問題がここにもある。
 昨日の活動に入谷水口沢の側溝のフタが腐食し無くなったので見て欲しいと、連絡があり見に行った。通学路ともなっていて深さが1.5メートルもあり、危険で事故が起こってから大変と、早々役場建設課に申しいれた。「やはり拒否でした」と再度の公立病院の対応で連絡が入った。経営難の中での健全経営をするために、マイナスと成る患者は診ないという方向なのか?だったらその旨を正直に話、患者への対応策を是非相談に乗って欲しい。両親の高齢化対策を行政管理の「公立志津川病院」であるが、町民の命を守る機関とは言いながら、余りの冷たい対応を疑問に思う。来週にも相談者と病院総務に聴きに行きたい。
 チリ津波50周年という事で、避難訓練の告知啓蒙が「カラーチラシ」で、町内に配られる。啓蒙と言いながら、余計な経費をかけて告知する必要性も疑問に?これも「観光立町」の宣伝としたら、訓練の趣旨にチョッと?大被害の風化を防ぎ、死者への哀悼を捧げる、50周年を迎える事を、半世紀になりますと行政で「広報」にでも、当時の写真で十分と思う。
 町の疲弊は「新たな開発」「労働の場創出」です。町民の家庭環境の悪化に真剣に取り組んでいるか?方向が舵がだいぶ違っているように感じませんか。無関心じゃ駄目!町民みなで取り組みましょう、行政だよりじゃ「政府」と同じ無理です。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:55 】


TOP