FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年04月

2010
04/23

インターネットオークション


やっと今「パソコン」に向かっています。午前中と言ったら、ありえない位の用事と電話。携帯・仕事での問い合わせや営業。病院への再度の苦情とその対応、朝一が10時に納品がずれ込み、見積依頼が3件・仕事打合せ電話。給料計算やホームページの作成うち合わせ、こんな多忙はない、しかしながら会社の営業利益には、あまり繋がらないかな?
 写真は「我が町」のインターネットによる競売物件、オークションの陳列です。役場の駐車場に4台が列べられていた。私は何も感じなかったが、廻りは余りの配所のなさと表だった、競売物件公開に行政の対応に、これは無いでしょうと言っていた。
 確かに車を見れば近所の人が「あの家の車」と判り、生活が苦しい・税金が払えない事で、行政の差し押さえ物件となったと気付くだろう。ナンバーは隠されても車の形態で判る人は沢山いるだろう。
 行政のみならず全国的な「インターネットオークション」が盛ん行われている。自治体の未納の税金の回収手段として、用いられていた。この前も町の「ホームページ」に何日物件の競売があります。と載っていた。物には家の飾り物など数品が写真で載っていた気がする。こんな物誰が買うんだろう?売上はたいした額にはならない!と見て思った。
 「我が町」はこんな状況の中にある。町民・行政関係者の「町おこし」の取り組みを、考えないと「末は我が身」となりはしないか心配だ。本気でやらないとと言っても、町はやっているらしい。何回も問い掛け・叫んでも、自分達さえ良ければという「風潮」は消える事はない。トップの入れ換えや意識改革は無理でしょう。今の貪欲は発注は一体いずこへ?もっと全町民が豊で安らぎのある社会は、今の行政の意識・形態では無理だろう。
 「アスペルガー症候群」を昨々夜、クローズアップ現代で紹介していた。私の周囲にもいるが「適当にやればいいんだよ!」とこんな言葉を投げかけてしまった。この適当が出来ないのだという。人間緊張状態が続くと「心と体」に症状が現れる。私も集中した後は「眠くなる」、何気ない症状だがアスペルガーの疑いありだと言う。集中力のある人や知識の高い人が発症する「適応障害」だという。自分は健康何でも無い人が突然に「アスペルガー」だと診断される。
 毎日の生活で「忘れっぽい」「集中からの睡魔」「潔癖性」などが、多く強くなると、可能性があるらしい?自分も「そうかもしれない」とテレビを見て思った。目の前の障害を解決しないと気になり前に進めない。「これはいいや」が今できない状況にある、これが病気とは考えていないが、疑いをもっている。
 仕事・公人・友達・余暇・趣味・恋愛・家庭・・・など、総てに向かっている。頭がパンクしそうになる。今日も町民の話に耳を傾ける事を行動をしている。ガムシャラにこなしている。あっ、お昼も食べていなかった!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 15:07 】


TOP