FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年04月

2010
04/10

みんなで力を合わせて


昨日は10時に志高の入学式と7時にスポ少結団式がありました。これで年度初めの所用はだいたい終わりとなりますが、以外とポツリポツリと出掛ける事が多くなった。明後日も大雄寺の「大般若」がある。今までは父親がたまに参加していたが、立場が変わり参加して下さいと周囲に働きかけられた。週初めの平日だが言ってられない。明日も葬儀と激励会が入っている、しかし沢山の人達・新しい人達との出会いを楽しんでいる。
 昨日の結団式には「我が町」の将来を担う子供たちが、16団体300名の子供たちが集まり、両親を含めると700名が南三陸町総合体育館を埋めた。また、スポ少の活動について団の小野寺副会長からの講演も交流ホールで開催され、母子ともに交流の場でのスポーツ活動の意義を再確認できたと思う。
 朝に先頃突然の逝去となった「巨人キムタク」の、回想の映像が流れていた。印象に残った彼の言葉に「野球は楽しいです。勝っても負けても楽しい!」があった。自分も指導者として小中の剣道を通して、結果が出た子供と、同じ指導をしていても最後まで結果が出ない子に、指導の形や力不足が理由と思った。喜ぶ顔を見たいがいつの間にか「勝ち」を追求する指導・考えに変わっていった。当初は「剣道の楽しさと剣道を良さ」を指導の一番に掲げ、勝っても負けても「頑張ったネ」で良いと思っていた。昨夜の講演でも「基本に忠実に普通に練習すれば結果はついてくる」「後は子供達の取り組む姿勢にある」との説明に、今の「戸倉剣道スポ少」の在り方が疑問に思いかけていた時の「キムタク」の言葉に救われた気がした。今年度は5人のスタートとなる。
 写真は16団体の子供達の振り分けで、8チームに別れての「綱引き大会」、毎年の事だが一本の綱を他の少年団との団結しての綱引き、子供達のみな同じという連帯感の意識の向上には、最適の結団交流大会に思える。勝っても負けても「笑顔」の絶えないイベントに拍手でした。親達は講演会で勉強、子供達の活躍や交流の姿が見えないのは少し残念かな?親子合同での「綱引き」もまた面白い気がするがどうだろう。
 ゴルフのタイガーの「マスターズ」初日新たなスキャンダルが、12歳の近所の女の子に昔から目を付けて、徐々に親近感を持ち16人目の女性として、米紙のタブロイドに載った。地位と権力が成せる業で「長い物に」女性もなびくのだろうか?私のような下級民では無理な現実である、そこまでの女性への興味もない!「依存症」は怖い物だ。石川惜しくも予選落ち+4で18ホールの一打ボギーで通る事ができなかった。その前に「パーセーブ」もできた場面もあり、ゴルフは一打一打の積み重ねで最後に繋がる。池田は+3で予選を日本人でただ一人通過した。タイガーは-6の3位で何事もなかったような結果だ、さすがゴルフは天才だ。
 高速が6月から料金が変わる。あまり利用しない私には関係がないが、「ETC」の効果が何もなくなるのは悔しい。たしか70㎞以上で普通車なら2000円で高速は大丈夫らしい。エコ車・軽自動車は1000円という。しかし、高速は将来無料には、何時までも変わらない料金の徴収がある、924兆の09年の国債発行予想は、借金は後回しで今はばらまきとは言うが、借金だけで国民には何の恩恵がないのが現実と捉えた方がいいだろう。高速料金も消費税も徴収でイイと思うがどうだろう。
 今日は公報の原稿のまとめだが、明日まで係るぐらい資料が分厚い。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:17 】


TOP