FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年02月

2010
02/11

推薦入試


南三陸町の危機管理室・職業紹介所の前に「喫煙所」ができ、関係者?がカメラに撮る人の姿を見つけ、ついつい私も携帯に収めた。いったいいくら掛かったのだろう?
 高校の推薦入試が始まり、合否の判決がなされ当事者の家族の悲喜こもごもがある。中学生に将来へのこうした場合の危機管理を教えるのも両親である。子供がノンビリしていたら「叱る」、現実を直視させる。当たり前の事ができていない。間際になっての「どうしよう?」は、心の余裕なく試験では結果が出せないが当たり前です。
 今アルバイトの22歳に受験の事を聞いたら、「将来の目標を持ってそれに合った学校の選択」と意外としっかりした考えに驚いた。だから今の充実にした環境で生活しているのだろう。アルバイトは時間を無駄にしたくない!から始めたもので、働く事に喜びを持っている。
 石巻で凄惨な事件が起きた、2人を殺害し1人に重傷を負わせ、女性を拉致し逃亡した。とテレビのテロップで臨時ニュースされた。隣の市の余りにも惨い事件に唖然とするばかりだった。
 昨夜から今日に渡り、犯人が逮捕され実情と内容が明らかになった。18歳の主犯と17歳の友達が逮捕された。17歳は拉致を認め、主犯は「私は関係ない」と言っている。詳細からも犯人には間違いがない。
 隣り合う高校からの付き合いで、1年半になり4ヶ月の子供がいる。男性のDVにより12回も警察に相談、指導忠告を2回受けた最中の事件だった。早朝に自宅に押し入り就寝中の姉20歳と、当時者女性の友達18歳が刃物で刺され死亡、姉の友達20歳男性が右胸を刺され重体となった。こんな事を起こしたらどうなるか、この18歳の子供の父親になる男性は理解できないのか?二人のPC上の日記のやり取りには、「子供ができた喜び」が綴られていた。幾度となく「やり直そう」との1年半、そんな中での暴力や「根性焼き」の身体にタバコの跡など、これで好きだ嫌いだ別れる別れないがある。男女の関係の時代の流れの中で、歪になっているのは「学校教育と家庭環境」に原因があると私は思っている。PC日記は冷静に自分を見れ、客観的視点で見られたはずなのに!
 祖母・母・姉妹・赤ん坊との女性5人家族、こうした家庭だからこそ家族が厳しく2人の娘を教育し、人の見方と付き合い方を教えないといけないはずなのに、家族会話・団欒の会話が無いことが原因の一つとおもう。
 こうしたケレビからの学習も必要かと。嘆願書の記帳が多く寄せられ、友達の協力に大感謝である。私への依頼主からも皆さんの活動に「彼女が泣いていた!」と話がありました。
 自分一人で生きているじゃない!私心・私欲を捨てなさい!皆で力を合わせ「住みよい未来ある南三陸町の創世」に取り組みましょう。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:14 】


TOP