FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年01月

2010
01/28

淋しさ


久々に入谷中学校を訪れた。廃校に淋しさは「生徒の声」が聞こえてこない現状で感じる。昨年3月31日までは笑い声の絶えない入中、入中魂の学校がありました。アンジェラアキのあの歌が今でも聞こえてきそうです。
 入中の昔の卒業生に前に聞いた事があった。遠くから見える校舎うらの黄色のイチョウの木が、私は大好きだという。写真は石の鳥居に八幡様を守る大木、そしてイチョウの巨木です。何年も生徒たちを見守ってきたのでしょう。今は小高い丘から入谷地区の全体を守っています。たまには「母校」を見に行ってやって下さい。
 朝青龍の優勝で始まった今年の相撲、力強さは歴代3位の25勝となった。しかし今度の事件は注意では済まされない。週刊誌でのマネージャー暴行と新聞は書き立て、今日はこの事件で一般人にもケガを負わせた。尾骨骨折と打撲らしい、いくら泥酔していたからとは言っても、自分を制御できなくなったら、酒の限度と行動を見失ったら、横綱としての品格はない。「武道」は自分を鍛え心を磨き、人をつくる。反省は五回目で「します!」と言葉ばかり、言うのは容易いが、直すのが大人です。こどもじゃないんだから。あきれるばかりです。
 もう朝青龍は「角界追放」でも、相撲界は地味に「国技」として気品品格を重視して活動すればいい。残った力士は逆に発奮してくれるだろう。貴乃花が理事選に今日立候補する、相撲界の改革しないとダメになってしまうと言う。「ある意味で私と同じだ?」。一門から追放されても気持ちは抑えられない。行動を起こすときはある意味でいろんなものを失うが、また人がついてくる。
 中国の急激な発展に日本が飲み込まれている。今、日本製造業が中国市場の好景気の波に乗り、大きな回復を見せている。一つにキャノンの「一眼レフ」が爆発的に売れている。マグロの消費は8年で50倍となり、イセイエビの高級食材が日本で品薄となっている。たしかに結婚式に出なかった気がする。経済も食事も「中国の爆食」となっている。そんな中での百貨店業界の低迷があり、24年前の水準の総売上7兆円を下まわっているという。宮城県出身のフランク永井の「有楽町で会いましょう」の歌に出てくる。有楽町「そごう」が閉店する。また一つと大きな歴史の火が消えていく。
 貴乃花ガンバレ!若い力が日本を変えないと。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:43 】


TOP