FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年01月

2010
01/22

南三陸町のため


毎日の行動が「我が町」のためだけに動いている気がしてならない。
 なぜ!「そんな事あるわけがない!」とお叱りを受けるかもしれないが、毎日を振り返ると結果的にそういう事になっている。 
 会社の設備は将来の為よりも、今の従業員の給料を払う資金源であり、将来への蓄積はあまり考えていない。後継者の事は頭にはなく、親の老後もなるように・自分も老後はどうでもいいと言った感じで、入ってくるお金は出来うる限り、町の将来を考え消費したい。
 その一端が「地元高校生の雇用」である。今日に内定の連絡を入れようと思っている。本吉・津山からの求職者もいたが、地元より雇用する。町の補助30万・県の補助15万を大いに活用したい。全て給料に回っていく。補助制度は使わなかったら、使う形をとらなかったら、こうした企業がいなかったら、高校生への雇用の救済には繋がらない。次へのステップと位置づけているが、会社にとってもリスクは大きい。不況企業として上げられる我が社、事業の拡大は皆無で、今後の異業への転換を会社で議論しないといけない。
 昨月らい2回も観光振興課に足を運んでいるが、課長・係長の不在は突然の来客に対応できるのか?中堅職員の活用・育成を図り、もっと将来性への思考のデスクワークに、上役3人の内2人は置いた方が良い気がする。
 委託を受け製作している、「タウン誌」の購読者への発送が今日になる。三一会会員への情報は私事が多く、申し訳ないが、御礼と感謝しかない。週刊情報・タウン誌の発行も町民への情報伝達である。できる事から一つずつ取り組んで行こうと思っている。
 自殺者が一日100人は驚く。政府に防止プロジェクトが立ち上がった。3.2万の自殺による経済損失は22億になり、一番は「うつ病」による。この原因には社会不安・家庭問題など、国に政策の大きな責任がある。格差の是正をいかに無くすかだろうが、中国の現在の様な復興を早期に実現してほしい。
 朝6時30分中国語の元気な声と笑いが外から聞こえてくる、こんな所にも中国力が迫ってきている。 
 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:00 】


TOP