FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年01月

2010
01/15

八幡様のどんと


また今日の朝も今年一番の寒さだろう。
 布団から出るのが辛いここ2.3日となっている。しかし15日は「おまつ納め」で自分の仕事がある。外もしら見始めそろそろ行かないと、情報の発信義務に後押しされ、城場の八幡さんへ出掛けました。
 昨年は風の為に中止だった事が思いだされた。工藤宮司さんともその事から話が始まった。消防団・氏子の皆さんの「どんと」への、昨年の神棚の品やお正月飾りが、次々と「どんと」の中に、それが火に包まれ炎と煙となり天空に上っていく、それを宮司さんが見つめている。毎年の「どんと祭」の風景がここで繰り替えされる。
 それにしても恩師でもある工藤先生、この寒さの中で白袴の宮司姿でも、「凛」と立ち作業の進みに目を配っていた。私への優しい微笑みには、沢山の言葉があったように感じた。
 私の多くの仲間たちは早朝この寒さの中での行動は無いだろう?皆の分まで「二礼二拍手一礼」にて、お参りしておきました。
 「まあいいか!」が後悔となることを幾度となく経験してる。2010年1月15日6時30分、この時間は一度しかない。これを逃す事がどれだけのものか?個人さがあるが、「自分の楽さ」「別にいいだろう」は、自分への甘えとなり、これがあたりまえになると、生活の中にでてくる。なおさらの一人暮らしの自分には、このだらしなさが自分を駄目にしてしまうようで、今後を考えると怖い。今から・今だから、やっておきたい!
 昨夜も風呂に入ってから「柔道スポ少」の取材に行ってきた。とにかく寒い、いつか誰かが「ごくろう様」と言ってくれるだろう。この小さな努力に。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:43 】


TOP