FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年01月

2010
01/07

過去の事実に涙


自分の気を高める為に「高慢」になっている自分にブレーキした。多くの友の支援者の助言が有難い。
 柳津の智福満虚空蔵がテレビで紹介されていた。知恵と幸福をもたらす神仏を奉る神社であると紹介されていた。拝礼する時は始めに「平安でいられる事を感謝し礼をして」それから「自分の願いを言う」のだと言う。ここに導いてくれたのは「ウナギ」で、絶対食しないと話していた。今年の干支の「寅」は守り本尊ににあたり、ブロンズの寅の口には多くの賽銭が積まれ、知恵が授かるようにと頭をなでた手で、寅の頭部は金色に輝いていた。丑虎と2つの守り本尊を持つ虚空蔵様、今年も同級生の厄払いでの参拝者がきっと沢山いただろう。今年の元旦からの2日間は大荒れで参拝も大変でした、と若奥さんが話していた。
 昨日は小学校6年生の時の担任の「佐々木環先生」の話に涙してしまった。自分の子どもの判りきった「うそ」に「はいはい」といってくれたのには、先生の過去に起因している事を聞いた。戦後の貧しい時代の出来事で、今の環境・医療の進化した時代考えられない、背景がそこにはあった。子どもの話を誰が信じてやるの?それを聞く先生が信じないで誰が。また一つ「目から鱗」です。なにも知らずに生きるより何かに出逢い知る事で自分が見えてくるし、これからの自分の肥やしと、進む道を引き出してくれる、過去の出来事に涙してしまった。
 こうした話をできるのも、多くの人と接する事で知り得ます。人と話すのが苦手な私ですが、笑顔で対したら相手がきっと助けてくれるよ、世の中そんなに捨てた物ではないです。
 新港に流れ着いた流木がまだありました。環境の管理は漁協・行政?町内あちこちに海からの漂着物を見ます。観光の町に「ゴミ」は似合わない。管理は何処かを明確に「パトロール隊」の配備をしたらいいのにと感じた。しかし処理・焼却に経費が係るから・・・。との話も聞く。
 私達の町です「みんなで守ろう綺麗な海」を励行しましょう。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:20 】


TOP