FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年12月

2009
12/25

右肩上がり


先日から気になっていた歌津寄木地区の、道路沿いの山の崩しは何の工事と思っていた。結果は新築の土地の確保だった。しかし歌津地区の人達の建物の大きさには驚かされる。自宅の建築には「こだわり」を持っているのだろう。こうした町の工務店・建設業の仕事の場が増え、町の疲弊からの脱却へとなる事を祈りたい。海の仕事は景気がいいのかなー?
 鳩山首相の継承する「友愛」の精神は、無理があるのだろうか?言葉と裏腹なのだろうか?自分自身も「理想と現実」の迫間で悩む。こっちは良かれと思っていても、余計なお世話なのだろうか。「人と人」「こころと心」の繋がりは、理解し合えない・裏切られたで終わってしまう物なのだろうか。「時が解決してくれる!」、しかし私には時間がない、周囲の力に・勉強もしたい・高齢者問題も解決しておきたい。等々いろんな問題を抱えている。
 自分の身体を気遣ってくれる仲間がいた。「あなたに私のお医者を紹介したい!」、と熱心に語ってくれた。しかし現在、私には2人の素晴らしい先生が、づーと心配して診てくれている。信じ・信頼して係っている、これぐらい恵まれていて何を後望むだろう。幸せな環境を自分で作ってきた!
 今日は20年付き合っている気仙沼の仲間と、しばらくぶりで「民宿」で合う。幹事とは言っても名ばかりだが、この3人で逢い酒を酌み交わせる事に、もう一つの幸せを感じる。岩手の温泉地にも数多く、この仲間と出かけた、本当に懐かしい思い出である。志高の先生とは今、連絡を取れていないが、「今はいずこへ?」。色んな出来事が想い出される。実に楽しい時代だった。
 この時代年代になり、互いに抱える物が大きく、立場も微妙な所にいて、時間を合わせる事が難しくなったが、なかなか会えない事情です。
 一人従業員の突然の退社よって、仕事が昨年より年末「暇」ながら、後2日で会社の仕事が納まりそうにない、従業員には土曜の出社をお願いするが、来てくれるか微妙?意思の疎通が共有されているかと言うと?
 残す所あと7日で2009年も終わってしまうんだよなー、最後が良ければ総て良しとしよう!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:16 】


TOP