FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年12月

2009
12/12

ホランティア精神


昨日は突然だったが、私たちの活動を取材下さいとの連絡が入った。
 大森地区の有志の皆さんの、地域のご老人を地区公民館に招待し、「かぼちゃおがゆ」のお持て成しと、「大正琴の会」の皆さんによる、演奏がされた。
 演奏は、星影のワルツ・誰か故郷をおもわざる・・・・など7曲もの懐かしい曲が、大正琴の音色で会場に響き、一曲一曲に大きな拍手と歓声が贈られた。司会者の説明でこの曲の時代背景や、演奏リーダーの曲の演奏の難しさなどの説明も加わり、和やかな一時となった。
 調理場では、寒いこの時期の乗り切る、地元に伝わる「かばちゃおがゆ」の調理が進んでいた。これを食べると風邪を引かないと、昔から家庭で作られた「甘い・温かいお粥」だった。帰り際「たべていがーい!」と、この温かい声がけにも満足しての、人との交流・語らいだった。
 今年はカレンダーが少ない!景気のの低迷と「デフレスパイラル」の影響なのだろう。物が動いているのだろうが、価格競争で売上は上がるものの実利がどんどん低下している。この影響で経費の削減がこんな所にも出てきている。世の中も低価格の居酒屋が増加の一途だという。これが景気の回復の遅らせる温床となっている。と私は思っている!経営は人件費と経費そして会社の利益を計算しての、価格設定で健全経営が維持されている。小さな町では、競争で低価格を進めたら最後にはいきずまる。自分だけが残ればイイ的考えなら別だろうが!
 今年?税収は36兆まで落ち込み、国債53兆までの発行となる。日本の借金「国債発行額」が592兆までなった。国民一人あたり464万円になると、NHKが放送していた。
 国の借金・自治体の借金の「債券」てなんなのだろ?と最近感じる、どんどん使って「利子」を払って、返す算段をしない、今後の景気回復したら「払う?」。いつになったら回復?不思議な制度で、企業ならもう倒産である。
 昨日は緊急事態に遭遇し、友人に助けを求めたが断られた(克己くん助けてー)。何とかその場をやり過ごしたが!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:05 】


TOP