FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年12月

2009
12/06

悲しい結末


私は多くの同級生と親交をしているが、予想もしない事件と結末に唖然とさせられた。
 町中での友達との突然の出逢いに、ついつい話し込む事が多い。こないだも健康管理のために散歩している仲間とあった。「身体気をつけてな!」が第一声だった。お互い今の環境と状況の中で一生懸命生きている。
 この情報には「驚き」と「何に」と「えっ!」という言葉しかでなかった。同級生の「死」である。事件は事件として受け止めて、何とか償いをと思っていたが、突然の訃報であった。
 53年間、家庭の為に生き・兄弟と共に生き・新しい家庭で生き・その家族と共に苦楽を共にし、53歳のこれから少しは楽になり孫の顔も見られる年齢になり、経済・社会を取り巻く環境は変われど、家族で生きられる喜びの方が一番なハズなのに、この考えはは自分にしかあてはまらないのか?
 昨日も「夢半ばでの不慮の死」となった、歌津の高校時代の仲間の話となった、学院大在学中に進路を「漫画家」と大変換、悩みのなかでの死?だったのか。また「海難事故」でも2人の同級生がいる。みんな仲間だった!悔しさばかりが思いだされる。そして今度の同級生の死、以外と「不慮の死」が三一会メンバーには多い。生きていれば助けてくれる・拾い上げてくれる「人」「社会」が、いるし・くる!必ずです。私がそれを実感しているから。
 願いの「おみくじの木の枝」と「絵馬」が、柳津虚空蔵尊さまの境内にあった。師走から初詣の準備に大わらわの時を迎える、その前の一時の平温が雰囲気をかもし出している。2年続けて「こくぞう様」に祈願の破魔矢を買い求めた。それが自分を守ってくれたかは?心にこうした「ゆとり」と「振り返る」ことの大切さを感じる。
 今日は結婚式だが、最近は上座に席がある事が多い、自分としては影ながらサポートしていくスタイルを取ってきたが、是非このポジションでお願いしたい。実は「ビデオ係り」をかってでたのですが・・・・
 さあ「勉強しよおっと!」。その前にブログをあと2つ。しばらくぶりですが、早起きは「三文の得」と言いますが5時間半の爆睡で頭も回転がイイ!4時起き、みなさんもどうですか。
 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:58 】


TOP