FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年12月

2009
12/04

建物共済


私もJA農協建物共済に2件も入っている、53才の同級生に頼まれてのものです。
 あれから24年が経つ、60歳を迎えると300万円の満期をむかえるがこれが楽しみでもある。現在止めると200万円に満たない返金となるらしい。後6年で年掛け10万で60万円払い込めば、300万になるが途中解約でこれまで減るのが、保険の妙である?
 入る時は「イイ保険ですから」「簡単ですよ」だが、払う時・借りる時は書類が山ほど必要となる。こんな厳しい審査があるのに、今回のような不祥事となった。その担当者だからたわいもないのかもしれない。身内を疑っての厳しい社会情勢での他社との競争に勝つには、チームワークが必要で、信頼感の中での新規開拓推進がある。
 家庭の経済も火の車で、建物共済なんか入る余裕がない!が現実で「年の掛け捨て」で1万前後の共済保険に入っている人が多くなつてきたと聞く。今後の若い世代の「建物火災共済」への意識は低い、今を楽しくが現代人の考えのだろう。私は付き合いと、積立という将来への御褒美に保険があるとの位置づけです。
 6軒の「キラキラいくら丼」を早く試食したい。一番目は8日に「しお彩」さんのものを昼食にと思っている。いくらは好き嫌いも周りにはあり、結構ダメな人もいる。南三陸町の新鮮な海産資源である、鮭・ホタテ・タコとのマッチングしての「丼」町民の方にも是非食べてもらいたい。作りたての「イクラ」を熱いご飯に「最高!」。
 町内のお店で「懐かしさ」に出会う。塩入の「豊楽」さん同級生のお母さんが頑張っている。「焼そば」を注文、昔友達と遊びにいって御馳走になった記憶が甦ってくる。お母さんの話もまた息子に話す感じで返ってくる。イイ
 しばらくぶりで、「福助」の寿司を食べた。「仕事してますねー」。
 友達との酒もまたいい、議会のインターネツト放送を「Hビデオ」と比喩したブログを見つけた。12月からは鮮明で顔のシワまで映るそうです。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:33 】


TOP