FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年10月

2009
10/09

台風18号


2年ぶりとなった台風の本州上陸、「我が町」の上空を通過した。
 台風の風も然る物ながら、大雨は町を水浸しにさせた。写真は本浜・大森の間を流れる新井田川で、ここまでの増水は見たことなく、橋の下まで川水が出た。本浜地区は八幡川と新井田川の間に位置し、東には太平洋の海、地区を水が囲む「盆地」みたいに水位と同じ地盤となっている。台風の高潮と満潮、そして1日での1ヶ月の209ミリという降水、地区全体の道路半分が水没した。心配そうに地域民が見つめていた。
 7時15分には町内の小中学校が休校、8時10分には高校が休校となった。9時半には荒砥地区での停電、従業員も急遽家庭を案じ帰宅させた。倒木による停電と聞く、風による枝葉の道路への落下で通行が大変だったと報告があった。会社前の高潮によるかん水は30㎝となり、入谷地区の従業員も午前で帰宅させた。町中は至る所の潅水により大渋滞、7時過ぎまで高潮の影響となった。
 「我が町」でも70代の男性の骨折による重傷者がテレビで放送された。会社も3時間ぐらいの停電となり、そんな中でやきもきしながら回復を待った。
 今6時半、「台風一過」の厚い雲は流れ、昨日の事が嘘のような晴天へと空は向かう。今日は楽天の2位決定なるか?の大切な試合、仲間の好意により「ゴルフ倶楽部」のメンバーが、結果を見届けに行く、NHKの放送もされる予定で天気も大丈夫、しっかり目に焼き付けてもらいたい。
 政府税制調査会が開催され、暫定税率の廃止を実現へと向かう。ムダかそうでないか?は民主政権の采配にもよる。公正・公明・透明・納得にと、鳩山首相の言葉も献金問題はあるが、真実みを感じるのは私だけではないと思う。前原・我妻・原口・・・など多くの公正公明なメンバーが取り囲んでいるせいだろう。
 弱者救済の支援者の話に、大企業中心社会が貧困と格差を生んだと話す。日本経済の急速な経済発展には、企業の研鑽努力開発により、この下支えとなった社員従業員がいたことを、企業は決して忘れてはほしくなく、政府も経済発展への努力者を守る義務も負う。今の若者に「もうちょっと頑張ってくれ!」、お願いかな。
 いろんな意味で仕事しないとね!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:52 】


TOP