FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年09月

2009
09/22

小さな事から


田んぼの稲と防鳥のネットと遠くの山並み、この場所は町の中央の「駅うら」の広がる。こんな町が「南三陸町」です。
 駅を降りホームからは、小さな町並みそして田んぼがある。仙台から1時間40分ぐらいで電車でかかる、小さな人口18000人の町です。平成の合併で隣町「歌津」、そして「志津川」が1つになった。昔は志津川で2万の人口も、「過疎化」まではいかないが、50年100年後には・・・?
 友人に町の為なら「小さい事から始めたら」と助言をもらった。常々考えていた事だが、なかなか実行に移せなかったのが現実で、始めたらなかなか楽しくイイ気分になる。それは道路を走行中の「ゴミ拾い」である。50キロで走行中に車の駐車場・道端の缶やレジ袋、通り過ぎたら帰りに降りてゴミ袋にはさみで摘んで入れる。1分も係らない、一つ良いことをしたと「自分自身の満足感にひたる」。町民・町の為になる「小さな行動」です。子供たちにも町を綺麗には自分で進んで出来る、社会教育の指導を、道徳の授業の必要性を強く感じる。
 今日は落ち込んでる!昨夜の会話の中で「正義・行動・家族・町・・・・」について、議論できる場にいた。自分の思うままに生きてきたが、「なにも知らない子供のままでいい!」と思った。スポ少でも子供には努力・頑張る事、がきっと報われると、指導や言葉を贈ったきた。53歳になってもそれは生かされるものと、思っていたが考えさせられた。
 今日は何をすればいいのか、浮かばない久々、昔の自分に返っている。みんなは何をやったきたのか?
 今まで自分に戻ろう。そして「我が道」を邁進しよう。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:30 】


TOP