FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年09月

2009
09/19

この天気が!


ここ最近は素晴らしい天気となり、セミも時期を間違えたか鳴いている。
まさに9月と8月が逆なら「我が町」も活気に溢れた事と思う。人の流れが町の経済効果を上げるのは間違いなく、民宿や海水浴の町外からの流入は欠かせない。11月の産業フェアも他町からの来客を見込んでいる。年間を通し集客行事を展開する必要性を感じる。それには町民全員の協力が不可欠で、一人でも多くが買い物に出かけ「笑顔」で挨拶ができたら、来客も気持ち良く買い物ができる。
 人の心の解放は「会話」から生まれる。町内で会話ではる場所は、病院かスーパーぐらいしかない。子供は学校・高齢者は家がデイサービス・大人は仕事、こんな生活の中で、子供の放課後・主婦の買い物・家族で食事・・・。この時間の有効活用と「井戸端会話」があったら、楽しい気がする。
 「町民全員が集える広場構想」。夢のような考えだが、できたらワクワクする。総てを一ヶ所に集約し、小さいながらも町民が寄り合い「会話」「買い物」「食事」ができる。ちょっとした時間を町民相互の時間の共有は、隣が何をしているか解らない時代に必要だ。地区から町へと交流の場の創出は、高齢者家庭・母子家庭・障害者家庭などを、3世代家庭・健常者家族と交流できたら楽しいだろう。18000人の小さな町、みなが寄り添い助け合う気持ちをもったら、どんな素晴らしい「楽園」になる事だろう。町主体スタイルから、町の支援で町民での活動をする。雇用も生まれ・仲間も生まれ・心も癒される、そんな「一時の空間」があったら凄くイイ!
 政権交代で町政にも大きな影響となる。方針転換は余儀がない。ダム見直し・道路公共事業の縮小など、自民・官僚体制から国民へ?とは言っているもののどうだろう。今までの不透明さが、行政独立法人の入札に1事業のみが20年が42%あったという。制限はあるだろうが改善しないと財政のムダは変わらない!エコのコンパクトカーの需要が拡大している。トヨタ系の関東自動車の岩手金ケ崎の工場が昨年の自動車販売不振で1100人を570人に減らしたが、今回の増産で期間雇用を150人採用する、当時の解雇者から雇用する。こうした動きの察知を敏感に「我が町」の行政も機敏に動き、町民の不利益を回避し、全町民が幸せになれる環境を創って行きたい。
 今日の予定は秘密で?今日は二日酔いだ。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:17 】


TOP