FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年08月

2009
08/28

遊休農地活用


町には至る所に農地や家の空きが増加の一途を辿っている。
そんな中で「遊休農地」の活用が地域・団体によって行われている。歌津地区の「ひまわり畑」は観光客・地元民のこころを和らげているが、商業発展に関係がない。これも歌津地区だが「そば」の栽培もある。産業フェアの試食や地域の町おこしとして活動しているが、これも新たな産業には繋がらない。
 そんな中で先端情報発信している「サンライズクラブ」では、「行者ニンニク」の畑づくり・植え付けに現在着手している。生産の乗せるには多少時間が係るが、新たな地場産品として将来を見据え活動している。「幻の山菜」「秘めた自然の力」として、以外と色々な場所で生産されている。有名な所では「栗原耕栄地区」がある。地震で行者ニンニクの畑への道が無くなり、数ヶ月後に見に行くと順調な生育を続けていた。生命力の強く、食すれば未知の身体への効果がある!?。
 全国学校の学力テストが発表になった。秋田県は小学?3年連続1位だという。大阪の橋下知事が府の教育への取り組みと学力低下は「教育委員会のせいだ!」と叫んだが、多少の上昇だったが下位で推移した。宮城はどうだろう「テレビ報道」では下でも上でもない、中途半端な位置かな?学力テストの経費60億は高いか安いか?
 「我が町」には優秀な生徒が多くなっている気がする。今年も町内から4人の東北大生が誕生した。しかし「これからどうするか?」だろう。又新人を今試そうとしている。前にいた30歳の男性と同じぐらいだが、行動・言動が良く似ている不思議である。
 昨日は河北新聞の取材を受けた。初めての体験です。前にも「リアス」での戸倉剣道スポ少の紹介欄はあったが、今回は河北新聞の本誌の県スポーツ欄らしい。9月1日の新聞らしい「千葉伸孝」が載ります。「よろしく」
 今日は葬儀で「三一会ゴルフクラブ」を代表して案内らしい。事実は平日動けるのは自分だけなのだろう。ただ故人の話は今後の人生の助言になっている。95歳の友人の母に「ご苦労様」を言いたい。
 とにかく毎日が充実の日々です。少し全力疾走ぎみですか?とにかく人生面白い。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:2 | TB:× | 06:17 】


TOP