FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年08月

2009
08/18

2度目の辞職願


試験採用とは言え安易な雇用は双方ともマイナスの面がある事を知らされた。
 なかなか当社の雇用内容では「ハローワーク」から求職は難しいしの通知が来て1ヵ月が経つ。少数精鋭での社員で広く仕事内容を行い、不況業種からの転換を図っているが難しい。こないだ寄り合った仲間からは、「色んな事業をやってるみたいだが何をやろうとしているか判らない?」と説教された。自分的には未だ模索としか言えない。事業の低下は抑えられなく、何かをしないと不安なのが事実なのかも知れない。こうした現状ゆえ焦っての「試験雇用」が互いの回り道の結果となった。
 今回で2度目の「退職願」の受理となるが、あまり快いものではない。経営者の経営手腕のなさと育成能力の無さを指摘されているようで、少し落ち込んでいる。こんな小さい会社で「退職願」なんていらないと考えていた。この2回は30代前半の従業員で、形には「律儀」をこだわる。こんな所に今の若者の現状があり、足りない物を身につけたり・「負ける物か」の精神を磨く事の、欠如がある。でも最大の原因は私で、心の狭さと50歳にして経営の雇用の「何たるか!」の知識不足だろう。
 こんした現状でも「足踏み」はしていられない。ここ1年間は、3人の少数で互いの力を最大限に発揮していたが、一人の退社が痛かった!その後で5人を採用し4人が退社し今一人の「試験採用中」である。まだまだ会社の安定へは程遠い!
 テレビでは大いに「我が町」が報道されている。夏の成人式は圏内で3ヶ所?だけなので取り上げられる確立が多い。歌津の海の幸の紹介では、泊・寄木地区のからホタテ・ウニが紹介された。観光への「メデイア戦略」と感じた。
 日曜夜6時30分からのタレント「ベッキー」の高視聴率の番組で全国へのインパクトは拡大です。漁師三浦さんのキャラクターは抜群で、泊沖?の「ホタテ養殖」一本のロープに180個をつなぎ2年で収穫するらしいが大きく成長し、貝柱の大きさと海の栄養の豊富を感じた。寄木ではウニに採ってきた「コンブ」を与えているという、こうした手をかけ美味い「ウニ」を育てている。試食は確かに美味かろう!一回テレビのテロップに「三陸町」の表示がでた。町名は確かに紛らわしく、東京の同級生も「志津川町」で良かったんじゃない!と言っていた事に、うなずかさせられた。
 なんだりかんだり、では又。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:25 】


TOP