FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年08月

2009
08/12

濃霧


今日で5日目の2時起きで、4時に外を見るとやはり今日も「濃霧」だった。
 日航ジャンボが24年?目を迎えた。当時の事は鮮明に覚えている。お盆を前にした仕事が忙しかった時代の大事件だった。300人近い乗客の中に数人に生存者がいた。少女が飛行機の残骸の下で奇跡的に救助され、ヘリで吊り上げられる「映像」を思い出す。「命」の尊さ・儚さを53年生きてきて日々感じる度合いが大きく強くなってきている。
 「我が町」のシンボル「荒島」の前での釣りで、子供の笑顔が40年前を思い出させる。子供の笑顔が志津川湾には似合う。この光景にはこの子の叔父が同じ世代に、やはり荒島で「記念写真」に納まっている。変わらないのは自然の志津川湾の島風景だけ、人間は大きく変わる、だから自然を守る義務を今生きている人々が担っている。
 2時からの自分の行動は、1時間「うとうと」3時に「日テレニュース」4時に「ブログ」、書き込みで頭を活動させ、5時に仕事開始。生きている事を実感し、充実さを満喫している。それ故に夜8時はに何も考える事無く「爆睡」。夜のテレビは基本的に見ない!日曜に録画した「政治討論」を隈無く見るのが面白い。民報1時間30分・んHK1時間・サンディープロジェクト・たかじんの「これでいいかい」。とたっぷり6時間、ビデオテープいっぱいです。24時間総て有効に使っている!
 朝「サンディープロ」の各党の「議論」のぶつけ合いは、「我が町」にはない!国防についての石破と前原の討論は説得力を感じる。2大派閥のトップがこの二人なら、日本は良い方向に向かう気がする。「国」と「我が町」の構図は麻生政権とにている。今度の選挙の結果で国は大きな変換期となるかも知れないが、10月の選挙の現在動きでは、また4年間の改革の変化は望めそうにない?「結果は決まっての議論」に過ぎない政治構造に、町の魅力を私は今失いかけている。
 人と人との繋がりで、福祉社会を作るといった田中国民新党の言葉が印象に残った朝です。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:24 】


TOP