FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年06月

2009
06/02

見守る


小学校の入学式から2ヶ月が経つ。中学生の中総体も開催。高校生の地区の野球が、甲子園を目指しての練習試合が開催されている。一歩一歩確実に夢への階段を登ってほしい。
 先月の志津川小学校の「くろしお見守り隊」の、下校時の風景です。子供達の突然の行動が事故や怪我に繋がる、こうした事を事前に防ぐ事も、地域の祖父母・区民の「声がけ」が、事故発生を防ぐ効果がある。表面にはなかなか出ないが、きっと効果があり事故を減少させている。
 昨日はスポ少の大会が近いから、ついつい指導も熱くなる。常に「自己防衛」を生徒には伝え、自分の中の限界を知りなさいと話す。それが行動の抑制となり、自己判断の勉強にもなる。しかし、限界の読み違え自分自身の成長の妨げにもなるので、小中のスポーツ指導が難しい!
 忘れ・気を抜いた時に、油断から事故はおこる。町民一人一人が普段から、声を掛けるだけで事故防止になる。近所でも小学1~3年生が、道路で野球をしている。遊ぶ所が少ないならしょうがないが、「車に気をつけて遊びなさい」と声を掛けるだけで、効果覿面である。
 子供の事故は大切な時間のムダにならないよう、周囲が方策を考えてほしい。「何をすべきか?」考えてやる必要性を説き、何も出来ない時間を、この時だから出来る事をさせるのも、親の役目。
 GMが遂に「民事再生」に入り、政府の傘下となる。2兆9千億の追加融資で、総額16兆4千億に、GMの代表は「アメリカ・カナダの納税者に感謝する」と語った。47から32社に縮小・社員も6.1万人から4万人にリストラを行い、国営化となる。100年のGMの繁栄に終止符が打たれる。
 日本企業の影響は膨大なものとなる、102社の貸し倒れ金になる可能性が大きく、1000億円にも及ぶ会社が3社、ダイソーなどの部品の製造会社がおもで、米国の関係会社は政府の保証の対象となる。日本企業の外需頼みの経営方針のつけが、倒産会社を又うみそうである。
 スポーツに目をむけると、楽天の初の3連敗となり、タイムリー欠乏症の野村監督のぼやきにも、まだ余裕があるが?一つ嬉しいニュース、中総体で志中剣道部が3位に入った、ここ1ヶ月の指導・アドバイスが少しは役にたったのか?県大会に進んだ、もう少し剣道が楽しめる。
 三一会GCの春季大会は近年にない参加人数です。7日のお天気が?今は「くもり」ですが。
 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:00 】


TOP