FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年05月

2009
05/25

避難


時間を大切に使った一日となった。
 土曜日に仙台から夜中12時30分に帰宅、1時過ぎの就寝ながら6時05分からの、避難訓練取材に奔走しました。4時には自然と目覚め夢うつつの中、5時に合わせた目覚ましで飛び起き、取材に備えました。5時ごろには「ヘリ」が上空を旋回して、避難の雰囲気となりました。
 今年は第6班の班長に当たっていて、先ずは班の8軒の確認報告を区長に、消防団の水門閉鎖の風景を撮り、地区の集合場所に集まり、6時15分ごろに地区民集団での避難となった。上山緑地までの経路を写真で様子を撮りまくり、城洋新聞前を通ったまり、4歳のころ?それ以後?の坂を避難した光景が走馬燈のように思い浮かびました。「こんな感じだった」と胸で思いました。
 49年目にあたるこの年、南三陸町民の18000人のうちの6500人が、避難訓練に参加したそうです。坂を登り避難する途中の私も、東日本放送のテレビに写ってしまった!初の体験に驚き。父親に話すと「どこどこ!」と、テレビデビューは嬉かったのか?
 7時の黙祷で訓練の終了となりました。10時からは今年最後の開口となる「潮干狩り」に折立に行く計画、しかし時間は8時開始だった。9時20分到着、受付で後50分ぐらいだから500円(半額)でいいですよと、ただ季節感と自然に触れる事と昔の思い出に浸るのが目的、持って行ったバケツ「4分の1」は取れた。買ったら1000円分くらいかな?最後でもこんなに取れるのだから、開口初日は物凄く取れそう!来年またきます。
 中学校の剣道の指導に今出かけている。今月30日の「中総体」に向けての生徒の応援です。先生に聞くと土曜は清掃奉仕活動と聞いた。PTAが参加するかは判らないが、城洋社長の「熱中症死亡」を思い出す。ここのところ気温が高いので注意が必要です。社長が倒れたのは「夏休み」前の奉仕作業だったが、体調の異変の有無を自己管理してほしい。この時の教育委員会の教育長が「片桐氏」で教育関係者の対応のずさんが巷で囁かれていた。元教育長が「南三陸新聞」の代表として取材活動をよく見る。仙台よりの公募による「教育長就任」なのに何で?とついつい勘繰りたくなるのは、私だけでしょうか?
 昨日はまだまだあったがこれくらいにしておきます。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 04:34 】


TOP