FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年05月

2009
05/21

第1回


観光協会法人化に向けて地固めが進む!
 南三陸町歌津地区での特産品で観光の新たな発信でした。「第1回しろうおまつり」の開催は、歌津伊里前商店街をメイン会場にして行われました(写真)。田束ツツジ祭りと同時に開催され集客の拡大や、まつりを2つ開催する事によっての、シナジー効果を計ったものと思います。しかし、先週末までの好天がウソのように、雨と風の一日となりました。テントの設営や急遽の会場の変更など、事務局を悩ませての「第1回」のスタートとなりました。町おこしに歌津町民・商工会・行政そして「南三陸観光協会」の今後の展開を、町民でバックアップしていきましょう。写真の「しろうおすくい」にも子供たちの挑戦の姿がみえます。この雨の中の行動こそが「町の活性化」の始まりです。
 ついに「新型ウイルス」が関東で患者発症しました。アメリカへの学校の交流事業として渡米、それもウイルス発生真っ只中に、校長は感染のリスクより生徒のプラスを考えという。しかし「渡米は誤りと謝罪」した。
 今後は北上してくるが、修学旅行の中止による経済への打撃が深刻となっている。観光立県の沖縄でウイルス発生で70校1万2千人のキャンセンがあったという。今年の予想として2517校43万人の減少となり、300億の経済のマイナスとなる予想が出された。この修学旅行の場所変更が気になる。夕方ホテル観洋前を通と平日にもかかわらず、いつもよく多くの車が駐車場を埋めつくしていた。「新型スイルス」の影響で、まだ安全な宮城・東北への「観光ルート」の変更か?
 町のある団体が東京に「研修旅行」に出かけるという。ウイルスの拡散に・・・・。でも早かれ遅かれ日本中への蔓延に最終的になると思われる。専門家は「過敏に恐れるものではない」というが、弱毒でも「鳥ウイルス」との交わりによる「ウイルス変異」が、心配されている。
 来月10日「中日との交流戦」にイーグルス応援にKスタ行が決まった。果たしてその時のウイルスは何処まで北上しているのだろう?
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:43 】


TOP