FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年05月

2009
05/08

山の幸

竹の子
昨日更新のブログの「我が町に住みませんか?」の問い合わせがきた。
 こんなに早速の「どうすれば?」のコメントがブログに入っていた。お答えいたします、物件内容等は資金が落ちてる決定後に、団体でドメイを取り取得後「HP」を作成し、物件を「かめも不動産」のお力により、ウエーブ上で公開いたします。だいたいの予想ですが、初期の簡単な物を6月末を予定しいてますが、それは総てが障害なく進んだ上での事となります。行政も積極的な協力により、必ずや町の活性化に繋がるものと確信しての、「サンライズクラブ」の提案です。
 オーストリオのハミルトン島は話をしましたが、世界遺産の「クレートバリアリーフ」のサンゴ礁の海底は大小の色とりどりの魚が、ダイビングする人の気配も感じないくらい群がり、海の色の「蒼さ」は自分の目で見ないとその素晴らしさは理解出来ません。今回のハミルトン島の企画には、1億2千万円応募にかかったそうです。世界に発信された「経済効果」はその80倍といいます。22カ国から3万5千人もの応募にも驚く。
 「海の森」では志津川湾の海、「我が町の自然」とて負けていません。海底・海藻・魚介・人間・・・の自然と人情(これは色々)など、是非触れに体験に来て欲しい。現在も農村体験・中学生の民泊・キャンプ場などの、南三陸の自然を体験する企画に、各所から多くの人々が来町体感している。
 写真の山菜は私が収穫した物の一部ですが、山は人様のものでかってに入山は許されないが、山を知り海を知ると以外と、その風土と解け合いその辺が「まあまあ」と、ご近所付き合いができ「どうぞ!」持っていけなんてことになる。自然もいいが人情に触れることが以外と最高である。
 竹の子・わらび・コシアブラ・わさびの葉が写真である。買ったとしたら2千円以上になるが、これはほんの一部である。こないだ役場の同級生から旦那が作ったという、わさびの茎を試食した。「からー」。やっぱり作りかたの違いで味がまるでちがう。これも実体験すると面白い、わらびは茹ですぎに注意です。自然との戯れ実に面白い!
 今日は「くろしお見守り隊結団式」と「印刷組合石巻移動総会1泊」と仕事ができない。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:06 】


TOP