ARCHIVE - 2009年05月

2009
05/31

湖?


今夜も1時から眠れず、この時間にブログをやってる自分、変?
 中総体の2日目この時間雨は止んでいる。午前20午後70の降水確率である。子供達のやる気にこれが「水を差す」という事なのでしょう。
 最近の気になった情報を忘れ無い内に記してみます。
 ホンダ「インサイト」が4月の月間売上台数で、小型車を抜きトップに「1万台突破」に、エコカーの時代が加速、比率20%もそこまできています。
 「環境保全米」を紹介していました。南三陸地方も田植えも8割以上澄んでいますが、環境にやさしい米作りは進んでいるのか?農薬・科学肥料を50%以下で、草取り・除草・害虫処理に手間暇がかかる。米の発芽にも60度の殺菌方法をつかう、良質な堆肥作りからと、刈り入れまでの手の掛かる稲作である。この取り組みの団体が「農林水産大臣賞」を受賞した。ワラを~牛のエサ~牛糞肥料と、自然のサイクルを作りだした。安全安心の米作りを進めている。確かにてがかかる!
 富谷町の「高齢化率」は12.5で宮城県一だそうです。仙台市のベットタウンとして、仙北に位置し宅地の開発で流入の多い地域です。「我が町」は想像では40%?とにかく若者が少ない!
 電器工業で「半導体」が好調だと報道された。生産調整が行われ済んだのが要因、電器・テレビが携帯・デジカメなどのメモリーに「半導体」の需要が進んでいる。ある電器会社は閉鎖した2工場の復活と従業員の再雇用をせず、現場の残業により当面対処するという。カメラレンズ会社?は200名の社員を同系の会社に移転し、1つの会社を閉鎖するという、業種により大きな差がある。
 サブプライム・インフルエンザ・・・で世界で2億3900万人の失業予測がでた。
 「両親が息子を殺害」。えっ!57・56歳の両親が33歳の障害をもった息子を二人で首を絞め殺害したという。どういう訳があったかは知らないが、回避することはできなかったのか?弱者の取り巻く環境は年々厳しさを増し、政府の補助を怠る事の分野なのだが、実に冷たい状況を作り出している。
「誰かに相談して!」「家族で悩まないで!」と。両親は責められない、子供を思う気持ちが・・・
 凶悪殺人が多発している。無知・貧困など「心の病」が原因か?最近は私も襲われる感が、時々頭に浮かぶ、部屋には「木刀」があり、護身をしようと。
 写真は黒崎の「カフェG」デッキからの志津川湾の定置・差し網?の矢印が向の戸倉まで伸びる光景です。凄く神秘的な映像です。「パチリ」
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:30 】

2009
05/30

中総体


朝早く携帯が鳴った!
 今日から気仙沼・本吉地区の中学総合体育大会です。天気はあいにくの雨、屋内の種目は志中がバレー、本吉では卓球、気仙沼ケーウエーブでバスケットボールです。
 そのバスケの戸倉中の女子生徒のお母さんからの電話でした。「お陰様で最後の中総体になりました」「姿を見せたい」・・・無理です。さすがわざわざ気仙沼までは。小学校時代はスポ少で剣道を4年頑張った子でした。戸中には剣道部はなくバスケという訳です。昨夜もスポ少のお母さんに「うちの娘の最後見に来て下さい」と、テニス部で活躍?剣道を5年~中2まで、最終目標の初段まで頑張った生徒でした。試合では連戦連敗で、でも一生懸命でテニスも頑張っていると聞きました。明日は晴れるといいですね。「剣道の教え子達に是非、結果もだが満足感と喜びを感じてほしい!」
 剣道の子の怪我は思ったより大変だそうでだ、腕の骨折で固定した腕を3~4週間だそうです。「怪我から毎日泣いている」と聞きました。痛くて・辛くて泣いているのではなく、みんなと一緒に大会に出られない、剣道出来ない事に泣いているそうです。私の剣道の指導が間違っていなかった事を実感です。子供の成長では「失敗を成果に結びつける」ことが、大切です。心・頭の切り替えも「生きていく上での力」となります。家族が一体となり経験で子供の成長を見守る。当たり前の事がいまできない時代?おかあさんもさぞかし・・・・・残念。
 来週はしばらくぶりのゴルフ、是非晴れてほしい、9時現在外は大雨です。
 さて今日は何をしようかな?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:08 】

2009
05/29

シルバー


昨日南三陸町シルバー人材センターの総会がありました。
 三一会の仲間が事務局長です。私達の遠くなく会員の資格を得ます。しかしメンバーの顔をうかがうと、あの人もこの人もとその近さを確認する。挨拶にたった町長代理の遠藤副町長も私達の同級生の兄で、集まった中にも同級生の父・兄がいると思うと、本当に狭い小さい町と感じる。
 シルバー人材センターの会員の方々は、環境整備の奉仕活動も積極的に行い、「生き生き」としていて、老人という感覚がない!私達とて31年生まれ「オジサン」から頭の薄さではもう初老である。今週末に三一会GCのコンペがあるが、顧問の先輩たちの全員参加にも元気を感じる。この歳までこうしてゴルフコンペが出来るか?が自信がない。
 昨日は志中剣道部の5人の元気一杯の3年生との、本気モードの地稽古を40分間「へろへろ」で、今筋肉痛をこらえての打ち込みの最中です。
 昨日同級生の薬局の先生から、「簡易血糖値測定」を無理を言い、購入してもらった。朝からやっているがなかなか思うようにいかない。メカに弱い私ですが、こんなに小さいものにも悪戦苦闘しています。説明書の解読にもメガネが欠かせない。まあ焦らずのんびり解決します。
 今月「退職願」をくれた従業員が、私の取り引き先に「面接」に来たけど、どうなのと電話があった。彼の「夢と希望」の矛先がそこ?とがっかり、そして雇用の場所・選択の少なさに、今の町の雇用事業所の少なさを感じる。商工会会員は2.3百あっても雇用の場が減るばかりで、発展のなさに町の将来を悲観してしまう!
 政府「芸術センター」設立に117億をかけ建設に、民主の鳩山党首は「巨大国営マンガ館」とこけおろす。もっと中小の企業を元気にさせる議論を望みたい。こうしている間にも、頑張ってる企業が資金繰りゃ仕事を求め奔走している。
 もう一度「チャレンジ」です!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:23 】

2009
05/28

デフレスパイラル


24日の津波訓練を終え、自宅に帰る途中で若い女性の集団と遭遇した。
 時間は丁度7時前である。早い時には5時30分にはであった。聞くところに水産業の仕事にたずさわっている「中国労働者」だという。仕事は熱心で賃金は5分の1ぐらいだという。経営者にとっては最高の労働力であり、価格競争に打ち勝つ手段方策としては最高の戦力である。地元の雇用に更なる打撃となっているのも、現実となっている。
 消費者が安いものに集まる~物の価格が益々下がる(価格競争激化)~企業は利益率を下げて競争に挑み、会社の収益が下がる~会社で働く社員の給料は下がる~家庭の収入が下がる・・・この回転がどんどん進んで行く、「デフレスパイラル」の構図です。ぐるりと廻り消費者・企業を苦しめる。これが最悪に至った時は、企業の倒産・解雇・家庭不安となります。自分で自分の首を絞めているようなものと思うが、この不況でも実績を伸ばしている会社は、経営原理を把握・社員に安定した雇用体系の元に、発展している会社です。ただ「安くして売る!」ではない。会社と社員が一体となり利益を追求している上に成り立っている。地元の労働者の環境改善に町自治体はもっと考えないと!
 「新型プリウス」によりトヨタは、自動車不況からの脱出の「光」が見えてきた?トコタの愛知県ではトヨタ車体・自動車の2社が残業を再開した。11万台の予約注文受注があったせいです。でも現実はまだ厳しく愛知県での自殺者が急増している。結果として表れた。GMが遂に破綻法(日本の民事再生法)を選択?この影響により日本の中小企業の130社の内102社が負債のつけがまわる。しかしGMの政府の傘下となり、いくらかの保障を受けられるという。
 小説家の栗本薫さんが56歳で「すい蔵ガン」で逝った。手術から2年目という。世界最長の小説も想いなかば途切れてしまう。普段からの予防・検査などで病院と上手く付き合わないと!
 「いま困っている人を助ける」「将来に対する政策」。この2つが当面の自治体の仕事。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:10 】

2009
05/27

潜む危険


突然の携帯に大変な事になりました!と子どもの親からの連絡。
 来月に迫った「県個人剣道大会地区予選大会」の、優勝候補の4年女子が学校の遊具から落ちて、手首?を骨折してしまった。あんなに誰よりも頑張っていたのに、悔しくて残念です。
 その結果、団体のBチームの参加が出来なくなり、残り二人の選手もガッカリと思います。自分一人の体では無いことを知ることでしょう。この学校の剣道指導にあたって10年、今の子供家庭環境の普段からの「危険回避行動」に不安を感じている。大会近くになると、誰と無く「怪我」にあいチーム編成が、がたがたになって後悔する大会をいくつか経験した。今年も3月から「口を酸っぱくして」、開始の「黙想」の後に注意勘気してたのに、子供の行動に歯止めは出来ないが、自分での怪我防衛まで指導に取り組んでいたのに!たしか今月初めも一人の子が、転んで顔を13針縫い大会出場を危ぶまれたが、何とか復帰できた矢先の怪我です。中総体に当たっても「怪我だけはするな!」と指導しています。一回しかない「今」後悔の悔しさは誰よりも経験しているから!
 日産自動車も来年には「エコカー」の販売となる!と報道された。「我が町」でも関わりに大きい、日産部品の製造会社の経営縮小があったり、自動車電池の設計に携わったりと、今後の日産の動向が気になる。「エコカー」の普及予想は20%になると言うが、まだまだ少なく「補助金」「消費拡大」への消費者の「今の時期」に!が、エコカーの人気で、政府・メディアがそれをあおっている。
 遂に「SM議員が町長選挙出馬?」。なんて情報が耳に入ってきた、突然の話である。真実か?ガセ情報か?は今後となるが。余りに町民の生活環境の低下に、新改革を行う意味では「トップの入替」は大きな変化への一歩となる。町の政の改変は絶対必要と感じる「派」に私は属したい!
 それにしても残念!今まで頑張り頂点への道、親の涙と子供の笑顔の感動に浸れる機会を、一つ失ってしまった。他の子供たちも無事に大会に望める事を願うだけです。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:02 】

2009
05/26

歴代


24日上山緑地避難所より町の風景を静かに見つめているご老人を見つけた。
 北朝鮮が「地下核実験」の報が世界に発信された。同時にロケット弾の発射実験も行ったという。この国はいったい「何を?」。救いと威圧・・・これは国の崩壊への道。広島の非核の時計も「960日」?で止まった。06年の前回の核実験から続いていたもの。今回は前の4倍の威力という。長崎の同等20Ktである。目的は米国への揺さぶりで、国境を接している中国への原油・食料の生活依存が7割に及ぶ、日本の対経済制裁は尽き、今後は中国・ロシアへの働きかけだという。経済大国と言われながら、何も出来ない「日本国」とは一体何なのだろう?
 49年前の町の風景に「想いを馳せて!」。このご老人は、私の幼少時代の教育長佐藤正助さんである。杖をつき避難して、「そっと」上山の大勢の隅っこにたたずんでいた。十日町の真ん中に位置し大津波も2度経験・町の大火も2度経験されたと思う?80年以上も志津川・南三陸町を見つめてこられた。現在も志津川の町の郷土史を研究されていて、「本当の町を愛している」人なんだなーと感じる。子ども達を集め「天文クラブ」も40年前やっていて、私も1回参加していた記憶がある。
 町内在住で子供達の親も見続けた方が教育長には相応しいと思う。私の歴代の知っている教育長さんは、佐藤さん・阿部さん・勝倉さんまでが地元出身者で、次にK氏・T氏と現在至っている。最後の2氏は町外の出身である。K氏に於いては現在カメラマン兼情報取材で、町中を飛び回っている。何のために「我が町」に来たのか疑問?「町の未来の宝」の子ども達の学校教員の監視役はやっぱり地元出身の「教育長」でなくてはいけない。心から願うが、今後の校長退職者を見ると、行政の長のご機嫌を伺う方が多いように思う!「こうの鳥じゃないんだから!」一番はこども達を見つめて欲しい。
 元教育長の佐藤さんのように、一線から退いたら「志津川を見つめ」、町の移り変わりを静かに見ていきたい。温情を町民全員に傾注できる人間になって、いたら?!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:36 】

2009
05/25

避難


時間を大切に使った一日となった。
 土曜日に仙台から夜中12時30分に帰宅、1時過ぎの就寝ながら6時05分からの、避難訓練取材に奔走しました。4時には自然と目覚め夢うつつの中、5時に合わせた目覚ましで飛び起き、取材に備えました。5時ごろには「ヘリ」が上空を旋回して、避難の雰囲気となりました。
 今年は第6班の班長に当たっていて、先ずは班の8軒の確認報告を区長に、消防団の水門閉鎖の風景を撮り、地区の集合場所に集まり、6時15分ごろに地区民集団での避難となった。上山緑地までの経路を写真で様子を撮りまくり、城洋新聞前を通ったまり、4歳のころ?それ以後?の坂を避難した光景が走馬燈のように思い浮かびました。「こんな感じだった」と胸で思いました。
 49年目にあたるこの年、南三陸町民の18000人のうちの6500人が、避難訓練に参加したそうです。坂を登り避難する途中の私も、東日本放送のテレビに写ってしまった!初の体験に驚き。父親に話すと「どこどこ!」と、テレビデビューは嬉かったのか?
 7時の黙祷で訓練の終了となりました。10時からは今年最後の開口となる「潮干狩り」に折立に行く計画、しかし時間は8時開始だった。9時20分到着、受付で後50分ぐらいだから500円(半額)でいいですよと、ただ季節感と自然に触れる事と昔の思い出に浸るのが目的、持って行ったバケツ「4分の1」は取れた。買ったら1000円分くらいかな?最後でもこんなに取れるのだから、開口初日は物凄く取れそう!来年またきます。
 中学校の剣道の指導に今出かけている。今月30日の「中総体」に向けての生徒の応援です。先生に聞くと土曜は清掃奉仕活動と聞いた。PTAが参加するかは判らないが、城洋社長の「熱中症死亡」を思い出す。ここのところ気温が高いので注意が必要です。社長が倒れたのは「夏休み」前の奉仕作業だったが、体調の異変の有無を自己管理してほしい。この時の教育委員会の教育長が「片桐氏」で教育関係者の対応のずさんが巷で囁かれていた。元教育長が「南三陸新聞」の代表として取材活動をよく見る。仙台よりの公募による「教育長就任」なのに何で?とついつい勘繰りたくなるのは、私だけでしょうか?
 昨日はまだまだあったがこれくらいにしておきます。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 04:34 】

2009
05/24

誕生日


今日は「我が町」のシンボルとなった「チリ地震津波襲来」の日、そして私の誕生日です。
 かれこれ53年「我が古里」と一緒に生きてきました。「町の為に何かををしなくては!」と今生きていく「課題」を自分に課して生活しています。
 そんな中で他県より町で生活している、私の兄貴分より一日早く「誕生日プレゼント」を頂きました。寺井尚子コンサートです。しばらくぶりの仙台そして「市民会館」。25年前に「白井高子コンサート」以来です。旧県民会館にも多くの観客の行列ができていました。私と同じ市民会館も古く。
 バイオリンによるジャズコンサート、昨年は眠ってしまった!自分のジャンル以外の音楽、そして寝不足からです?今年の寺井尚子は実に良かった、選曲の出だしから観客の心を掴んだ、私も4列目という音の迫力とビートを奏でる彼女のステップに、初めから最後まで「のりのり」で聴き入っていた!アンコールの2回と「仙台のお客さまから元気をもらった」と観客の喝采は止まなかった。楽しい一時をありがとう、そして彼女の楽しみ笑顔の演奏に元気力をもらいました。
 今日の誕生日は町にとっても「大災害」があった日です。遠い南アメリカのチリでの地震により、三陸沿岸にハワイ・太平洋を越えて「大津波」が、「我が町」を襲い町中は船・材木・家なとなどにより津波の猛威で埋めつくされました。多くの死者をだしました。そこからの復興が町民の活力の凄さを感じます。当時を知らない「志津川中学校生徒」が、全員で訓練に参加し悲惨な出来事を風化させない事が、町を引き継ぐ子供の残ることを願いたい。
 「天につばすれば、自分にふりかかる」。韓国「ノ・ムヒョク」が崖から落ちて死んだ。妻のの不正資金疑惑があった為という。6億円、政治には金は付き物なのか?「誰も怨んじゃいけない」とパソコンに遺書らしき物があったという。天は国民・市民・町民だということを感じる。
 上善寺をぶらり、国分町での食事、泉コスモで温泉三昧・・・楽しかった!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:46 】

2009
05/23

永年勤続


昨日は「南三陸商工会総会」に総代として参加してきた。
 商工・工業部会合わせて100名の総代がいるが、参加者は29名であった。地域の人口の減少・商業圏の近隣に大都市に大型店の進出・後継者問題などにより、会員の19名の減少となった。その半面、新たに新聞社が2店・養殖業3店・建築関係2店など10名の会員増加となった。
 私の同級生も多数参加していた。ニュー泊崎荘に勤務のSFくんがいた、なんと「永年勤続20年」の表彰でした。ホテル観洋などを経てからの現在の勤務地です。卒業当時は東京で「板前修業」をして志津川に帰郷しました。よく会う友人ですが、泊崎荘20年も経つのですね!確かに結婚して2人の子供にも恵まれ大きく成長もしているしね。おめでとうございます。
 監事として歌津のOKくんもいました。「監査の報告書」の報告をスムースに読み上げ、当たり前ですね。AKくんも長年商工会の総代をしていて、前は監事?にいたかなー。おとうさまを介護しながら本当大変だと思います。みな同じですね、親が年老いて息子が地域で奉仕するのは。
 今回役員の改選がありましたが、新しく三一会GCの会員のMYさんが理事として役員に名を連ねました。伊里前の小学校のPTA会長さんや、宮城県下地元企業の経営者の勉強会の団体所属など、仕事を含め多忙な日々を過ごしています。無理せずガンバレよ!
 町での行われている各総会が「なれ合い」のように感じるのは、私が初心者なのでしょう。こうした形がスムースに円満に会を進行する為の、「根回し」の上に成り立っているのでしょう。強い者に反骨精神が変に強い自分には、会員の資格が無いのかも知れません。
 ふと余生を考えます、周りはまだまだと言いますが、こうした人達から早く離別したいのが、「今思う現実」です。私のような考えの会員さんが頑張っているいる姿に、もう少し努力してみます。少しづつ知人が増えているのもありますから!
 今日は忙しい、SJ顧問のお供で仙台でのコンサートとコロナで温泉です。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:19 】

2009
05/22

元気


先週の土曜日の町内の「運動会風景」を社員が取材・撮影をしてくれた。
 昨日は志津川小で家族が我が子を応援している姿?の写真。今日は伊里前小学校の歌津湾を望む高台の豪華な校舎、そして子供達の元気な姿を捉えていた。次の日の風雨でのまつりには影響があったものの、子供達の願いが届き練習の成果を家族の前で発表できた。1年生にとっては初めての「運動会」ドキドキ・ハラハラ、こうして子供達は大きくなる!レイア大丈夫だったかなー?
 いよいよ「新型ウイルス」北上してきた。今埼玉です!朝FAXを見ると3枚の県組合の方から、対策や今後についてのマニアルのようなものが届いていた。蔓延期を想定して政府・県は普通患者として病院での診察の方向に向いている。経済活動の混乱への対処も睨みまがら!従業員から聞くところによると、「マスク売り切れ・不足」が町内でも見うけられる。また同級生の病院経営者でも「マスクの入手困難」との話も聞く、そんな過敏にならなくても、私自身は早めに感染し「タミフル・リレンザ」を処方してもらい、体に免疫を造って置きたい、めずらいもの好きの体、感染は時間のもんだい?
 中央大学の教授殺害は教え子だったという。28歳の男性?指導への在り方・誠意が相手には「自分一人はいじめられている」との思い込みから?指導者はなとかしてやりたい気持ちが、確かに過剰にでるが「想うが故の熱意」が裏目にでるケースが多々ある。自分でも「空回り」を感じる時がある。この男性は卒業後5社も転々し、現在アルバイトだという。ある会社は「もうこなくてもいい!」ともいわれた。こうした若者が現在増加傾向と感じる。家族・両親の環境ゃ指導に問題の第一点がある?
 志津川法人会の総会に出かけた。脱会は3社、やはり「後継者問題」である。景気の低迷から20年ぶりに平均給与が「556万円」まで下がった。2月以降に原油も高騰を続けている。
 んー!益々生活が低所得者を苦しめる、後継者・・・ 私も予備群です。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:23 】

2009
05/21

第1回


観光協会法人化に向けて地固めが進む!
 南三陸町歌津地区での特産品で観光の新たな発信でした。「第1回しろうおまつり」の開催は、歌津伊里前商店街をメイン会場にして行われました(写真)。田束ツツジ祭りと同時に開催され集客の拡大や、まつりを2つ開催する事によっての、シナジー効果を計ったものと思います。しかし、先週末までの好天がウソのように、雨と風の一日となりました。テントの設営や急遽の会場の変更など、事務局を悩ませての「第1回」のスタートとなりました。町おこしに歌津町民・商工会・行政そして「南三陸観光協会」の今後の展開を、町民でバックアップしていきましょう。写真の「しろうおすくい」にも子供たちの挑戦の姿がみえます。この雨の中の行動こそが「町の活性化」の始まりです。
 ついに「新型ウイルス」が関東で患者発症しました。アメリカへの学校の交流事業として渡米、それもウイルス発生真っ只中に、校長は感染のリスクより生徒のプラスを考えという。しかし「渡米は誤りと謝罪」した。
 今後は北上してくるが、修学旅行の中止による経済への打撃が深刻となっている。観光立県の沖縄でウイルス発生で70校1万2千人のキャンセンがあったという。今年の予想として2517校43万人の減少となり、300億の経済のマイナスとなる予想が出された。この修学旅行の場所変更が気になる。夕方ホテル観洋前を通と平日にもかかわらず、いつもよく多くの車が駐車場を埋めつくしていた。「新型スイルス」の影響で、まだ安全な宮城・東北への「観光ルート」の変更か?
 町のある団体が東京に「研修旅行」に出かけるという。ウイルスの拡散に・・・・。でも早かれ遅かれ日本中への蔓延に最終的になると思われる。専門家は「過敏に恐れるものではない」というが、弱毒でも「鳥ウイルス」との交わりによる「ウイルス変異」が、心配されている。
 来月10日「中日との交流戦」にイーグルス応援にKスタ行が決まった。果たしてその時のウイルスは何処まで北上しているのだろう?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:43 】

2009
05/20

疑問


「新型インフレエンザ」の日本の対応に疑問?
 WHO・欧米でのマスク不用論が出ている中での、日本人のマスクの過剰な使用がテレビで放映されている。マスクが薬局で飛ぶように売れている。今神戸市は「まんえん期」だという、イベント・学校の休校で社会生活自体が成り立たない状態となっている。そんな中で県・市を境にした自治体の対応がまちまちとなっている。数キロしか離れていない学校では普通登校となっている事の不思議を感じる。国・厚生省の国民への指示がまちまちなのに、危機管理の指導が徹底していない?休校の学生はカラオケに行列しているし、処置になんの効果も望めない。介護施設の受け入れの中止の話は、独居老人・介護家庭への不安の拡大となっている。地域経済の影響は計り知れない、全国の5290校の59万・100万とも言われる、「修学旅行」の関西圏おもに奈良・京都への中止が次々に発表されている。又しても世界不況に続く国内の景気の落ち込みとなる。「風評被害」が加速している、国の確実情報提供・基準明確化が求められる。
 漢字検定「久保田親子」ついには委任で逮捕へ!グループ会社へ架空の発注1億5千万を5年間に私服としていた。財団法人といいながら「親子で私物化」していた。海外への逃亡を図っていたという!何処まで腐った親子なのだろう。「子は親の背中を見て育つ」という、73歳・45歳の生きて来た意味が何もない。清水寺の「今年の漢字」の立案など漢字の素晴らしさ・意味深さを、国民に教えてくれたのに、終末がこれでは、「変」「怒」である。
 国会議員のボーナス20%カット、国家公務員10%カットなど、半数以上の企業が夏のボーナスをカットしているなか当たり前の行動である。「我が町」はどうするのか?パホーマンスの40%カット!なんかカッコイイと思うけど。
 愛知知事の初議会初心演説、ヤジに「日本語でしゃべれ!」。名古屋弁を全国に発信している河村知事、ヤジのあなたこそが「愛県心」がないのか。なさけないそんなヤジの顔が見たい。
 歌津の10月の町長選の「ミスターX」って誰なんだろう?歌津人らしいけど。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:26 】

2009
05/19

フェイズ6


もう季節インフルエンザと同じ対応でも?
 近畿圏は大流行のパンデミック状況にもうなっています。3000校が休校、修学旅行中学生のディズニーへの駅集合が、集まった駅で中止など予想以上の混乱が続いている。子育て主婦の幼稚園の休園により会社を一週間も休まなくてはいけない、会社としても期日納品等の弊害により、不況下での事業体形の混乱は2重苦となっている。このままだと社会が崩壊までしてしまう。スペイン風邪の世界の大流行状態の今日本は直面している。自主防衛をしないと、1.充分な睡眠1.水分をこまめにとる1.湿度を50~60に1.栄養をとる等、家庭でも対応はできます。
 ブログ「太郎の陸奥日記」にふるさと納税制度の1年間の成果が載っていた。1位栗原市で1268万、これには内陸地震の見舞いも含まれている。2位は登米市575万、そして3位に南三陸町の518万円と続く、追記に町は町出身者に3000通の案内書を送付、町長名入りで振り込み用紙を同封して「町を応援して」とお願いした。出だしの遅れで1件もなしが、七ケ宿・大河原・大和・美里だという。それはそれとして、資金捻出は地元の企業誘致・企業存続拡大のもっと推進したほうがと思うのですが、他町村の収支はどうだったのか知りたい。
 「プリウス2」が発売となった!8万台の注文があり今たのむと5ヶ月待ちだという、リッター38㎞の低燃費、ソウラーパネルも搭載しエコの時代の総てを備えた、自然に優しい「エコカー」です。車会社の救世主としてトヨタが復活をかけて、新たな出発をみせた。石巻イオンの壁のソーラー(写真)
 名古屋知事は改革へとスタートした。全国の借金財政からの脱出に、先ずは知事報酬から手をつけた。2579万を800万にダウンの公約どうり、支給を拒否。名古屋城の本丸再建への血税投入の意見の2分を自分が中に入り「本音バトルトーク」をするという。自分に不利・無知な領分にまで挑戦する。決して「パホーマンス」ではない!県民一人一人に耳を傾けるのが「首長」です。
 あまりにも今は問題が多すぎます。昨日は大収穫の多忙な日、記念すべき日でした。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:32 】

2009
05/18

自主防災


昨夜は地域の集まりは班長として参加しました。
 25日に控えた「チリ地震津波避難訓練」の消防署との打ち合わせでした。婦人防火クラブを中心とした、20名近くが集まりました。歳は平均55歳ぐらいにはなる。地域も高齢化となり、地域の参加にも若者の出席の少なく、町の活性化が薄れていつている。消防署の地区の担当は「佐々木さん」30歳ぐらいかな?なんとカネ万という漁業会社「成田丸」を何隻も抱え、おじいさんは「町議会議員議長」でそのお孫さんにあたるという。そうするとお父さんは「ミニストップ」になる。判らないものである。
 仲間が帰って来たとの報を受けた、KMくんで今の在郷同級生は忘れているかも?気仙沼にいた頃は教員で、事情で京都の仏門にそして今度の帰郷、波瀾万丈の人生だったに違いない。昨年逝去したEYとは親友だった、彼が「我が町」に呼び寄せたのかもしれない?近い内に合おうぜ。
 写真は八幡橋の老朽化耐震補強だと思いますが、公共事業が陰を潜めているものの、公共の建造物の耐震補強にはまだまだ建設費が掛かりそうです。チリ津波から今年で49年になります。それを記憶にとどめている隣組のお姉さんに聞くと、家・船・家畜・人が大波と共に内陸に「ドーッと」だそうです。思い出しても恐ろしいと話す。今年は自主防災で「家族間で確認・一早く逃げる!」です。
 ある刑務所で「DJのボランティア」をしている住職の話を聞いた。20年間無償で64歳?になる。受刑者に音楽を聴かせ、マイクから話かける。一番多いのは「母への思い」で、貧しい頃の記憶でそれを解決しないと前に進めないと話す受刑者。ボランティアには色々あるが「人の心」を開かせるには時間がかかる、人により長い短いはあるが、ボランティアは小さな事の積み重ねが必要と再確認!
 高齢化に加速がかかる「我が町」。ご老人に町の出来事を伝えて1年半になる、経営にはならなかったが「一つのボランティア」と位置づけようとおもう。
 今週も会社の改革処理が大変、決算の書類も・・・。まず一つから

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:13 】

2009
05/17

寄木


歌津の寄木浜を見下ろす坂に鎮座する名前の書かれていない神社発見。
 今日は「第一回しろうおまつり」だったはずが、あいにくに雨になってしまった。テレでも仙台駅の「デッキ」で観光課?商工青年部?が、いろうおを食べに来て下さいと、大宣伝したはずなのに、寄木の石ずくりの神社のごりやくは何処に、初めて開催に試練を与えた?政への警鐘?町民が喜び平等に恩恵を受けられる、行政の対応がもっと必要では?
 「人から人」がの言葉が、報道でよく出ます。一つは「新型インフルエンザ」です。神戸市で3人日本初の感染が報道され、また5人が加わった。総て高校生である、渡航の事実はなく国内での「人から人」である。今日の朝も大阪府の栃木市で9人の高校生への感染が、厚生省から発表された。不思議なことに総てが「高校生」で、世界でも若者間での感染が続いている。空港での水際の進入の防御は0.005%には驚く、国内進入は時間の問題だった!神戸市では公立校の7日間の休校とし、人の集まるイベント中止、修学旅行・運動大会の中止となった。大きな経済効果のダウンが、日本経済に更なる閉塞感を抱かせる。過敏過ぎる反応はどうか?とも思うが「弱毒性」という事もあり、普通のインフルエンザの致死率と言われている。個人の防御予防体制をとり、今を凌ぐしか方法は無いように感じる。「我が町」への到達まで31には中総体来月には陸上大会がある。日本中の感染も時間の問題と思う。世界で現在8500人が感染と言われているが、実質は10万とも言われている。
 「人から人」の二つ目は、民主党の党首が、小沢から鳩山に昨日民主党の議員選挙で決まった。クリーンな人間なら岡田だと思うが、将来の日本の総理大臣となるには、カリスマ性や強固な態度・統率力に欠ける。鳩山とて同じだがその後ろに付く大きな権力をみる。政治とは一般国民の自分には大嫌いな「ドロドロ」感を見る。何処の地方自治にもあるのだろうが、権力者の思惑・根回しでしか「うまく回らないこうした政治」に嫌気を日々感じ続けている。
 でも昨日の運動会は天気が持ちこたえた。神様はこども達を見つめていたんだ!「きっと?」

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:58 】

2009
05/16


先日小泉のパーキングからの田束山と田植えの光景です。
 農業人口は農協職員の話によると、減ることはあつても増えることはないという。所得の低下と労働の厳しなどが、世間では言われている。土に親しむ・・・経営で生計をたてる訳だから、今流行りの趣味で農業とは違う厳しさがそこにはある。写真の田んぼの青々とした雑草は「遊休農地」なのでしょう。でも先祖より引き継いだ農地を是非活用して欲しい。農業への国の助成も問題となっている。
 昨夜は世話になった若いスタッフと飲む事ができた。一人は自分の「夢」に向い退社する方向の若者です。若い社員の育成にまだ無知な私です。「本音」を聞きたかった、自分の将来を考えた上での決断に「旅立ちの会」となった。もう一人はまだ自分の「道」を見つけられないでいた。親は君の前に必ず亡くなる、その前に自分の環境の整備は必要で、「時間を大切に!」と自分が若い頃の経験からこの話となった。私のつたない話から何かを得られたらと、二人の今後を見つめて行きたい。
 田中前さんでしばらくぶりの「お好み焼き」美味かった!そして奥様手作りの本場の「焼き餃子」がまた絶品で、ついついビのール量も増えてしまった。
 「飲酒運転撲滅!」。子供3人が亡くなった福岡?の事故、親子5人の車に市職員の飲酒車が追突、弾みで家族の車は橋から川へ、5歳にも満たない子供3人が死亡した。両親の悲しみは計り知れない大惨事で成長の途中子供の終わりです。一審では7年6ヶ月、そして今回の判決は「危険運転致死罪」の適応になり20年の刑となった。友人に迎えにきてもらいペットボトルをがぶ飲みし、証拠隠滅をはかる悪質な事件である。「裁判員制度」が今月21日から始まるが、国民は同じ判決か?
 また広島の小学校教師の理不尽な犯罪に驚く。昨年5月30歳代の男性が同校の児童への「わいせつ罪」で捕まり、その6月に47歳の教師が「児童買春」で今月に捕まった。5月の事件発生のさなか行動、考えられない「若い女性と関係を持ちたかった」が理由である。立場・時期・周囲を考えれば、まして教師ありえない!モラル・自己抑制の欠如の人間が教師はない。
 今日は南三陸町の4小学校の運動会、出かけてみませいか。くもり空ですが・・・

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:26 】

2009
05/15

友愛


昨日の夕方5時10分の志津川湾の風景です。
 解ると言われそうですが、目で見たこの日の海は最近にになく光輝いて、毎日見ている私が感動して携帯のシャッターを切りました。やはり現実にはほど遠い!
 午後から強風と小雨、空は黒々に、その後の黒雲の隙間からの太陽が、志津川湾の島々・海面・浮きを「スポットライトのように、照らし出したから「素晴らしい自然美」生まれた。ホテル観洋の西側が白々と輝き出され、黒崎パーキングからは湾の「浮き」がこんなに白かった?と思うぐらい海面に映しだされ、島々の新緑が黄緑色を浮だされていた。自然が偶然作り出した「我が町」町民への、頑張りへの御褒美です。
 民主221人で鳩山81岡田50で残りの90を争う、そこには「友愛」はあるの?国民との友愛のもとにとは思いますが、「小沢院政」とか言ってる政治の裏側、庶民には解りません。開かれた政治はできないと私は考えています。小宮山議員が言っていた「地元の支持者の意見を聞いてから」の言い分が当然と思い、16日に議員投票と急ぐ意味を理解しかねる。やはり裏で「壊し屋」が糸を引いている。国民はやはり不在なのか?と思う。権力は人を変えてしまう。
 昨日突然の電話「無理しすなよ!」である。昨年の自殺者は32249人で11年連続3万人を超えた。トップは50代(俺の歳)、30代増えた(従業員の歳)。非正規雇用廃止や就職失敗がその原因としてあげられた。15000人が「うつ病」により自殺に至った。
 仙台市人事院で0.2%の職員報酬を下げた、これにより7億6千万が支出減となった。0.2でこの額という事は、報酬が高額である事を示す。南三陸町も議会で提案されるが、「地方公務員は国の人事院の指示による」との答弁、南三陸町人事院あればなー!聞くところによると「政務調査費」も無いと聞く、町の発展の勉強視察・情報収集の活動をしている議員さんには、どんどん出してやってもいいように私は思う。なんの発言もしない方々よりは?
 鴻池の「国会議員JRフリーパス」には、5000億の国民の血税って事初めて知りました。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:34 】

2009
05/14

花原


外に出れば心の癒しの風景に出会えます。
 昨日とある場所で携帯のカメラに納めた映像です。なんの花かと聞くと「島にんじん」?と返ってきましたが、名称より可憐な小さな花びらが片寄せあって、一緒に咲いている姿に感動しました。
 元東京地検特捜部長テレビでおなじみの「河上弁護士」が歌手の「千葉紘子」と結婚していた!のニュースに驚いた。河上76歳と千葉60歳の高齢結婚と16歳差です。人間は年齢ではないと思うし、愛する情熱を持ち続ける、私はこのことを少し忘れていました。その半面で麻生総理の側近の「鴻池官房副長官」の不倫・JR無料パス個人使用、などのスキャンダル、政治・経済の混乱の中での副長官辞職。「天地神明に誓い何もない」が体調をくずし入院という、いつもの手段で逃げまくり、鴻池ははっきり物言う政治家で好感をもてたのだが、立場をわきまえた人間でないと!私は今は癒しの不倫はありで、今後の高齢での結婚も可能です。誰かいい人を!こないだ結婚相談会社「ツバァイ」から、リーダーによる強引な勧誘が私に、最後はキレて「うるさい!」をガチャンと切ってしまった。
 新型ウイルスが40カ国65人死亡。停留処置が「弱毒性」で10日から7日間に、致死率が現在0.4%で1957年のアジア風邪の200万人死亡と同じ率になるという。4千万人のスペイン風邪にはほど遠いが、これから感染や秋から冬のウイルス活動の再復活での、人から人へのウイルスの変化に国は注意をはらってもらいたい。6月にはワクチンの製造に至るというが、過剰な行政の対応はいかがと思う。集団活動の自粛や思い出づくりの「修学旅行中止」など、どうになならないものか?今週末は「我が町」でも小学校の一斉運動会開催です。健康な人々は大丈夫です。勇姿を見に!
 マーくん5連勝!連続完投は逃したものの「あっぱれ」。スマップ草なぎが29日から復帰する。良いことだって沢山ある。
 自民党学生部で小泉は語った。変人でも字を読めなくても総理になれる。と、「向上心を持つことでチャンスが生まれる」という事だそうです。やはり「普通人」では総理にはなれない?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:03 】

2009
05/13

潮騒


あ・・・・・・8割打ち込んだ「ブログ」が消えた、二度打ちは辛い今までに無い現象であった!
 今年の「潮騒まつり」は社員に写真取材をまかせ、私は「保呂羽山探索」に向かった!今年は3日間晴天に恵まれ、昨年を超える来場者のようだった。出店からホタテ・いか・各社つまみを購入、温かい新緑の春の青空の下での「ビール」はさぞかし最高だったでしょう。戸倉小の「ヨサコイ」そして「女川法印神楽」など一日目から、内容は豊富です。私は「保呂羽神社」から祭りの晴天と成功を祈願し、それが実ったのかなーと、自画自賛しています。
 今年度は世界不況により、倒産も大幅に増加の一途の中で、業績を伸ばした企業が紹介されていた。「日本マクドナルド」と「ツタヤ」である。後者はパソコンによるビデオレンタルの新戦略があたった。配達返却を宅急便で行う方法である。今年は連休も高速1000円と言うことで高速の大渋滞で、人々が外出した半面、「みごもり消費」が「ツタヤ」を業績売上増益にしたという。マグドは相変わらず「価格破壊」というチェーン店が大企業の強みの「薄利多売」の営業戦略である。景気の上向きに繋がるのか?商戦現状は今「ダンピング」による適正価格無視の、経営体形となっていて、日本経済はまだまだ低迷を続けていくと思う。
 昨日は我が必需品の「メガネ」が壊れた!5時に形状記憶合金フレーム使用のため、処方してもらった佐沼の眼下まで出かけた、五時閉店で6時前につき修理を完了、今日の仕事に間に合った。蕎麦の三浦屋で晩ご飯「天ぷらうどう・ミニ親子丼」に大満足、終え外にでたらゴルフで一緒したことがある「渡邊のり」さんが不信な顔でこっちを見ていた。
 今日のブログは疲れとストレスを感じた、「いつもの満足感は何処へやら」・・・・

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:17 】

2009
05/12

信じる


ゴールデンウィークでの収穫のひとつが保呂羽山登頂です。
 ハイブリツト車「ホンダ・インサイト」が4月月間の販売台数でトップとなった。200万を切る価格・エコカー減税・購入者補助金などにより、10481台が売れた!「プリウス」も新型を販売エコカーの販売合戦と国の販売促進政策、での雇用の促進対策が国民経済にプラスとなる事を願うだけです。インサイトは普通車で4位、1位は「スズキ・ワゴンR」だそうです。
 私の「マツダ・ビアンテ」も低燃費車で5☆です。実はこの普通車で保呂羽の頂上まで行ける。多少危険は伴うものの、2000CCであるのに力は強い、4駆動車だからもある。40年前なら遠足の小学生の山としては定番だったが、今の遠足は「モンスターペアレント」を考慮してか、安全が確保出来ない場所は避けているように感じる。子供の体力の低下はそんなところにあると思う。昨夜の剣道でも、腰が痛い・子供には腰痛など無かった、持久力も低下・休んでいいですか(自分への甘え)、など大人になった時の「この子」たちが気にかかる。今週末は「マツダ」春の行楽フェアです。色々な車あります見に行きませんか!
 民主の小沢党首が辞任した。絶えていたのにあまりにも突然の辞任である。明日には自民麻生首相との党首討論と、世間ではどうなるか楽しみもあったのに、西松の迂回献金での疑惑による、党内の「不信」が最大の辞任理由だという。政界再編を今後に控え、自民は危機感をいだき民主は党の結束に奔走している。一回は民主へとの話もあるが、国民の判断に委ねられる。岡田・・?
 名古屋の河村市長、「なごや弁復活」「市民税10%減税」などを、公約にして市民と共に歩もうとしている。町民不在・パホーマンスでは?  正義と不信さてどちらが・・・?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:25 】

2009
05/11

雄志


私の同級生の鈴木事務局長の頑張りに大拍手!
 彼は仲間作り・思い出作りを大切にしています。誰もが敬遠しがちな「人との繋がりの機会」を演出してくれます。今でこそ低迷している「朝野球」の黄金時代を築いてきた「アストロ球団」の35周年記念試合を企画した。取材依頼を受け出かけたが予定時に集合ならず、30分遅れての試合開始も人数が足りないと、事務局鈴木は頭を抱えていた。その理由が解った!
 参加メンバーのそうそうたる顔ぶれである。町の商工・漁業・総ての業種にメンバーが一線で活躍、多忙な中でのこの企画は、結構大変で時間を作ったのでしょう。孫?子供?で親子による混合チームでの対戦。しかし相互の対戦は本気モード、勢い余ってのフルスイング・背中をとおる豪速球など、昔に返ってのほのぼのとして戦いに、参加メンバーからは笑いが絶えなかった。35年もなりスポーツを通しての仲間関係の持続は凄く、また楽しいものです。
 我がゴルフクラブの春季コンペ決定!6月7日宮城CCでプレー費は1万円です。私たちの会もかれこれ23年目?を迎えます。当時のプレー費は2万円位でしたが、今考えると高額プレー良く出来たと振り返ります。そういう世間の景気だったのでしょう。仲間のみんな「アストロ」に負けず参加して!
 日曜版の「三陸新聞」に町長選挙まで、後5ヶ月選挙の行方を報道していた。城洋新聞さんの情報で選挙を把握できた頃が懐かしい。前回と同じ顔ぶれに歌津から一人立ちそうだがその内容のようです。「無競争」は町の活性化にも繋がらないし、現体制への刺激としても是非選挙になってほしい。
 昨日も南三陸の旬の取り立ての味に舌鼓である。折立松原の「潮干狩り」の開口が土日ありました。初日250人昨日は300名が浜辺に集まりました。ゴルフ仲間の奥さんからアサリをお裾分け、私は竹の子のお返し、こんな関係イイでしょう!これが「三一会」なのです。仲間づくりは大変努力と勇気がいりますが、その繋がりは長く強い「絆」を生みます。若者よ「引っ込みじあん解消」、どんどん仲間探しをしてほしい今からでも!
 5時からなにしてんだが、叫んでんだが?!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:40 】

2009
05/10

海の恵み


石巻の帰り戸倉地区の「潮干狩り」を見に行った。
 「安近短」が一番。200名の人が波打ち際にぎっしり、春の旬を家族で探しにきていた。大人1500円?が、家族で出かけ食材を求め楽しみながら、一時を過ごすそこは「我が町」、放流ながら自然のままでの環境で育った「あさり」はさぞかし最高だろう!自分の力で家族を力を合わせ、少しだろうが小さかろうが、きっと美味しいはずです。8年前?にゴミの焼却場の問題があったが自然を環境を守った事では正解だつたが?町の雇用や発展未来を考えると、?である。ゴルフ場問題もあったが、観光立町を推進している「我が町」、維持管理法を考えると、これも将来を見据えた開発として、「種まき」と考えれば、今に繋がるのだが今となっては遅い。町民の決断、指示、一票で動くのが行政。
 志津川湾の海の幸です(写真)。釣り上げた時間にしたら1時間ぐらいでした。ポイントさえ当たれば大量で、2時出船で3時間の自然と触れ合う海での時間、5時30分には釣り談議とビールで仲間との語り合い、最高の時間であった。
 商品開発・新たな地場産品発掘が今もとめられる。メカブが良い例で20年前は漁港に捨てられていた物が、今はワカメより高い付加価値となり、漁民の収入源となっている。テレビの秋田の「じゅんさい」をやっていた。更なる商品開発により「化粧品化」への実現に繋がった。行政に地場商品開発・新製品発掘など、眠っている捨てられている物の研究機関の設置は、観光で町おこしを図っているのなら、もっと他所にないぐらいの人材・設備・資金の投入は欠かせない。中途半端は無駄に繋がる。私の2年間の経験が物語っている。
 今日も「我が町」旬探しに出かけます。何に出会えるか楽しみ、歌津地区の中学運動会、お天気で良かった今日が「ゴールデンウィーク」最後と言える、町民の皆さん頑張って外へ!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:04 】

2009
05/09


多忙な昨日の行動でした。10時ブログ更新「すみません!」
 10時30分からの志津川小学校「くろしお見守り隊結団式」に参加(写真)してきました。児童468名の見守り隊58名で、その内18名が児童の前で一人一人紹介された。私の地区が丁度表面で順番がひとりづつ近寄る、いつまでたってもこの緊張感で「ドキドキ」は私の場合変わらない。地区名前を呼ばれると以外とスムースに「ペラペラ?」。人前はいつまで経っても私はダメです。
 午後からは従業員を取材で付かせ、見守り隊と低学年児童との下校を写真におさめた。こないだもウジエの前で「児童が自転車に乗った方が早いですよ」と声を掛けられ連れ去られそうになったという。低学年の純情であどけない純な気持ちに付け入る、こうした大人の存在がいて、普段からの児童との会話・声がけを「逆手」にとっての悪行である。警察署生活安全課菊地課長からのこども達への注意に真剣に聞き入っていた。「助けてー!!」の声だし練習には驚かされた。子供の最悪のケースが都心から地方に移り変わっている。まさか我が町でなんて、はなくなった備えは防御になる。「町民の宝」の小中高生は町民みなが見守り隊になり、悪行から守りましょう。
 石巻での総会講演は大変為になりました。全国の業界の会長は実に活弁であり、1時間30分を何も見ずに内容の濃い、不況の現実からの脱却は「夢と情熱」だという。なんて事のない理由なのだが納得してしまう。100年の事業を続けてきた事の素晴らしさ、業界は500年にもなる事、半面自動車産業は80年にしかならないという。今の仕事に誇りをもって欲しい。  んー
 ホテルは石巻の駅前クランドホテルで、返りの石巻のシャッター通りの現実は物凄く、アーケード街の両方に1割ぐらいの商店しか残っていなく、昔遊びにいっていた頃の賑わいの陰か何処にもない。
我が町とて五日町・十日町に栄えた頃の面影はどんどん消えていっている。
 人の心も町も年々廃れていってしまうのだろうか、10年.20年後が怖い!私は一線から撤退?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:39 】

2009
05/08

山の幸

竹の子
昨日更新のブログの「我が町に住みませんか?」の問い合わせがきた。
 こんなに早速の「どうすれば?」のコメントがブログに入っていた。お答えいたします、物件内容等は資金が落ちてる決定後に、団体でドメイを取り取得後「HP」を作成し、物件を「かめも不動産」のお力により、ウエーブ上で公開いたします。だいたいの予想ですが、初期の簡単な物を6月末を予定しいてますが、それは総てが障害なく進んだ上での事となります。行政も積極的な協力により、必ずや町の活性化に繋がるものと確信しての、「サンライズクラブ」の提案です。
 オーストリオのハミルトン島は話をしましたが、世界遺産の「クレートバリアリーフ」のサンゴ礁の海底は大小の色とりどりの魚が、ダイビングする人の気配も感じないくらい群がり、海の色の「蒼さ」は自分の目で見ないとその素晴らしさは理解出来ません。今回のハミルトン島の企画には、1億2千万円応募にかかったそうです。世界に発信された「経済効果」はその80倍といいます。22カ国から3万5千人もの応募にも驚く。
 「海の森」では志津川湾の海、「我が町の自然」とて負けていません。海底・海藻・魚介・人間・・・の自然と人情(これは色々)など、是非触れに体験に来て欲しい。現在も農村体験・中学生の民泊・キャンプ場などの、南三陸の自然を体験する企画に、各所から多くの人々が来町体感している。
 写真の山菜は私が収穫した物の一部ですが、山は人様のものでかってに入山は許されないが、山を知り海を知ると以外と、その風土と解け合いその辺が「まあまあ」と、ご近所付き合いができ「どうぞ!」持っていけなんてことになる。自然もいいが人情に触れることが以外と最高である。
 竹の子・わらび・コシアブラ・わさびの葉が写真である。買ったとしたら2千円以上になるが、これはほんの一部である。こないだ役場の同級生から旦那が作ったという、わさびの茎を試食した。「からー」。やっぱり作りかたの違いで味がまるでちがう。これも実体験すると面白い、わらびは茹ですぎに注意です。自然との戯れ実に面白い!
 今日は「くろしお見守り隊結団式」と「印刷組合石巻移動総会1泊」と仕事ができない。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:06 】

2009
05/07

楽園


町の活性化を図っている団体が新たな試みをしようとしている。
 サンライズクラブである。佐藤町議員を中心にかもめ不動産経営の西條勗が代表を務め企画している。「我が町」が誕生し4年間で、1007人18戸の減少が町で続いている。新たな工場の立地もなく既存の事業所の規模拡大により、雇用の場を維持しているのが現状で、町内の商店は廃業・閉店に追い込まれている。私とて「予備軍」と言わざるおえない?そんな中で漁業は順調に上下はあるものの推移している。だが農業の不振が目立つ、農地の荒廃・後継者附則・所得低下など、引き継ぐ者が農業から離れサラリーマンとして働き、専業農家が無くなりつつあり、農地・農家の空きを多く目にするようになった。
 そんな「我が町」の救済策として、若者・団塊世代の第2の人生・田舎暮らしをしてみたい等の人達に「南三陸町に住んでみませんか!」と、HPで移住案内や相談、移住体験モニターツアーの実施など、移住先に候補に名を連ね、一次産業の振興・地域経済の向上・観光・地域の活性化に繋がる、事業の展開を計画立案し、町の補助事業に手を挙げている。
 他の地区でもこうした募集をしている。高野山で村づくりと題して、毎月15万位で町から住居を提供され、老人と会話したり・町づくりの手伝い・活動をしてくれる人を募集している。大きい話しでは、外国の南の島で1年間1000万円の報酬で3億の住居で住み、HPを一日一回更新すればよい!の募集には世界各国から大勢の応募があり、日本の女性は落ち英国男性が決まった。まさに「天国の楽園」での生活である。
 個人差はあるが自然の海・山の恵まれた「我が町」は、私が一番に進める日本の楽園です。是非一度見て・来て・体験して下さい、環境は整っています?お手伝いも引き受けます。朝の予告テレビタイトルに「自然力ー海と土と人と」があったが、今「我が町」のアピールするのが、これだ!直感した。
 連休も終わり仕事に向かう、新たな気持ちがどうしても涌かない、倦怠感?

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:39 】

2009
05/06

記録

G (18)
連休3目の昨日は三一会GC事務局長からのCDに楽しい思い出が蘇った!
 我がゴルフ会(写真)は結成されてから20数年を迎え、68回目を経過した。メンバーの出入りはあるが、地元同級生のゴルフ愛好家は会員に変わらず在籍している。10名の同級生に10名を超える友達の6パーティー24名で、年2回のコンペを楽しんでいる。当初は正月・お盆を加え4回、プライベートを含め、年間同伴メンバーは違えども8回位を、遠征もあり各所を上手とは言い難い仲間と、全国を飛び回りゴルフを楽しんだ。不思議な事に仲間と言うのは失礼ですが、10歳上の方が6人もメンバーいます。又女性の会員が7名が在籍していた、不思議と美女が揃ってしまった?
 伝説となった沖縄遠征、WY君の「ティーショット何回振った事件」?CDには総てが記録されていた。空振り10回11回目はOB、13回目も空振り14回目はシャンクと。ロングコースをティーショットですでに14打と言うことになる。1ホール終えるとトリプルと皆と変わらないスコア?飛行機と南国の気分で「頭がボーと?」。またいつもの反省会の場となった「さとみさん」での、部屋での「パット大会」では又大盛り上がり、タフな仲間たちである。
 会員の若かりし頃の顔と肉声がしっかりと記録されている。まだまだ若く逝去された会員には、佐利商店専務・志津川電子社長の無邪気に振る舞う2人があった。現在50代60代の「23年前」の姿が記録されていた。「何か?」の折にはこのCDはきっと思い出として、家族親戚の前に曝される事でしょう。SK事務局長のプレーを投げ出しての取材撮影には本当に頭が下がります。忘れてはいけない、さとみ店主「孝志さん」も思い出をたくさん作ってくれました。
 とにかく皆若いそして「うるさい」、個性を一人一人がもった「我が仲間達」です。
 ブログを通してですが、5月末か6月初めを「69回春季コンペ」どうでしょう?連絡を楽しみに。
 今日は何をしようかなー?最後のこの日を楽しみたい人「連絡下さい」。では・・・・ 

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:05 】

2009
05/05

子供減


日本の子供数が28年間連続の減少という話に驚く!
 子供の比率が世界最低の国になってしまった。現在は13.4で、50年前?は35.4だった。22も下がった事になる。最高は17.9沖縄・最低は11.5の秋田で、東京は平均より上回った異変という結果となった。国の力がどんどん低下している事に、国民・家庭が本気で考えないといけない状況にある。政府・自治体の「金ばらまき・人任せ」では解決できないし、格差対する無神経の中では、弱者の現実にはたてないだろう?
 自分の周りにも「独身会」なるものがある。40歳・50歳でも平気で独身をしている。「婚活」無しで誰が来てくれるだろう。こうした予備軍が「我が町」には大変多い、少子化の原因がここにあり今後も続く、自己努力・家庭努力と危機感をもって、周囲があたり「幸せの原点」がここにあると思うが?
 写真は平成14年5月2日の「佐藤工務店」社長夫婦殺人事件の家です。あれから7年が経つ迷宮入りしてしまうのか?社長さんとは仲間を介して面識がある。誰にでも気軽に話かけ、温厚・太っ腹の優しい社長さんで、家族同席の中に快く入らせ歓談させてくれた。以後は社長の不幸はあったものの建設業の不況の中順調な推移をしていると聞く、犯人の「良心の呵責」での自首が望ましいが、犯人を追い詰める意味でも、啓蒙の必要性を強く感じる。
 昨日の三一会釣り倶楽部の結果に、先輩から「こなんに釣ったよ!」とA3でFAXで2枚送られてきた。46㎝アイナメ・45㎝カレイと15匹の大物と、30㎝以下12匹と、手作り釣り竿と腕の良さを豪語しているようです。漁師さんの撒き餌の成果なのだろうが、それにしても凄い!場所は黒崎パーキング前だと思うが、近場にも魚影は今年は多い感じがする。
 「新型インフルエンザ」の発生は21カ国1300人で死者は27人と、4日現在の数値である。名前から「豚」が消えた、風評被害によるものだがエジプトの暴動が物語る。海外旅行・旅行者との接触しおかしいと思ったら、最寄りの「保健所に連絡」。潜伏期間は1週間と言われている。先ずは電話である!「車の中で電話して対応を仰ぐ」などの話も聞く。通常のインフルエンザでも年1~3万人の人が亡くなっているという。アジア風邪の57年で200万人が亡くなった、世界の状況もあるが侮れない。
 子供の日、人口増の活動をしようかなー?仲間集めて結婚の大切さを説きに、飲み会でも!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:17 】

2009
05/04

自然美


昨日の釣果確認と魚の下処理に午前費やす。
 ずっしりと重いレジ袋であったが、数は14匹と思っていた数より大分少ない。今の時期に三時間での釣果としては大量だろう!そうすると私の数は、ダブルで連れた2匹とアイナメ30㎝を入れて2匹最後の流して釣れた36㎝のカレイ、その他カレイ3匹の合計8匹で、友達2人から6匹で丁度の数となった。リリースも入れて四人で27匹の3時間の、今年一回目の三一会釣り倶楽部の釣りでした。
 船の廻りの着いていた「カモメ」、まとわりついていた時がお祭り騒ぎとなり、追い払ったら祭りの終わりと不思議に感じる。大黒さまの化身かもしれなかった?どっしりと構えているのが椿島(青島)でブナノキの北限の群生として、天然記念物となっている。今では無許可で島に上がる事は出来ない。うしろが翁倉山でイヌワシの繁殖地として県天然記念物となっている。海・山・島の3つが写真に納まった貴重?な写真です。
 ゆうまぐれの志津川湾は幻想的で、浮きの列の向こうにはホテル観洋の白亜の館が、林から黒崎への景観には、気仙沼線の列車が警笛をならしトンネルへ、海沿いの国道を救急車がサイレンを鳴らし目的地へ、赤の赤色灯が見え隠れする。海からの「我が町」も最高です。
 紹介したい「我が町」の風景がパソコンには沢山入っている。皆に早く見せたい気持ちでいっぱいである。きょうは2回も更新してしまった!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 14:21 】

2009
05/04

竹林


ただの竹林ですがなんか癒しを感じました。
 3日「憲法記念日」、朝から昨日収穫した山菜の下ごしらえ、竹のはは皮をむきゆであげ・ワラビは煮て冷水へ7把もあり2軒に、こしあぶらは煮て押したし、問題はわさびの花と葉の処理、竹林のお母様からの指導を受け、熱い湯に短時間つけ一揆に冷水へ、程良い辛味が最高のおしたしができました。自然の恵みを無駄にすることなく、食卓にのぼりそうです。わらびの処理中に電話が入ったので、少し煮すぎでしまった。実に楽しい!
 午後は2時に林漁港からの出船です。荒島・竹島・椿島の新緑、周囲の山々の斑に針葉樹と雑木林の新緑の濃淡が綺麗だった。これも春先の「我が町」の贈り物である。まだ肌寒い海上で目的とする「カレイ」は、神割崎と泊崎の先を結ぶラインに多く集まっているらしい?ボウズを覚悟の洋上同級会である。いざ釣り開始、直ぐの小さな引きが、間もなく全員にも当たりが、30分経たない内に全員5枚を釣り上げた!船上は大騒ぎである。1時間もすると20匹以上の釣果になった。春の珍事!結局何度か異動したが、ここが一番4人で35匹以上は引き上げた。
 帰っての「釣り談議」が又楽しい。手乗りカメモ・大物が地球に・船上の大忙し・最後に大物・・・など釣りの時間同様に会話が弾んだ。
 癒しの竹林・山菜の宝庫・大いなる海の幸・そして仲間。最高の連休初日と言った感じです。町中の国道はさすが他県ナンバーが多く、少しの切れ間に数珠なりに車の列です。この観光客が通りすぎる事無く、「我が町」の良さに気づき同様に自然を楽しんでもらえればと思う。
 楽天の5連勝で首位まっしぐらの今、日本の「ロックの神様」がガンに倒れ、58歳で逝ってしまった。生きる事を楽しみ、自分の人生を全うできるよう生活でき、終われたら最高です。こんな自分の人生を今は歩んでいます。
 今日は何をしようかなー

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:29 】

2009
05/03

保呂羽山


保呂羽山の中腹にある「正鵠の森」です。人の気配と集客?
 新緑の黄緑色の葉に太陽が透き通って見え、池と保呂羽山のわき水と周囲の木々と杉が「正鵠の森」の入口、そして保呂羽神社までの参道1.2㎞のスタート地点です。
 本当は保呂羽山山頂からの下界「我が町」を見せたかった!しかしこの地は聖地「不抜の森」でした。杉の大木で神社は守られ、信仰の者しか寄せ付けない雰囲気を感じました。
 私が今から40年前の遠足の風景を思い出しながらの、保呂羽山への登頂を考えていたのだが、昔の記憶を辿る登山は出だしから違っていた。山を尾根づたいに登った遠足、牧草地と池と小川が何処にも無かった。山頂には色々な道路ができ、車で山頂に登れることも最近知った。40年の月日で確かに神社までの杉の木は伸びただろうが、こんなにも記憶と現実が違うのだろうか?小学校の頃は神社に着きそこで思い思いの遊んだ、神社裏のの雑木林に入ると、アケビのツルが密集していて、それを捲るとアケビが数珠なりぶら下がって記憶、幼少に見た夢だったのか?と思うくらい現状は変わっていた。正鵠の森入口から1.2㎞急な坂道の参道であった。山菜採りの女性に道を尋ねると、「こないだ4人乗りの車が道路から外れ救急車が来たよ、きつけらい!」。軽自動車か4駆でしか登れないとも話された。
 いざ保呂羽神社へ、入口直ぐは急傾斜・急カーブの連続「怖い」気持ちが頭を過ぎった。ここまで来たら登るしかなかった。10分の悪戦苦闘の末、尾根道に入ると景色を見る余裕さえできた。4駆動車チョット大きめの我が車、エンジンはフル回転になり、高温とエンジンの焼けこげる匂いに、山頂でもか帰れない・怖い気持ちにもなった。人を寄せ付けない神の宿る神聖な場所は、この方が良いと感じた。田束山の山頂からのツツジ群生・太平洋の眺望は観光に最適な場所、保呂羽山は保呂毛の地区民がこれ以上の開発は許さない。これを守り続けてきた工藤上山八幡神宮の宮司さんも同じ考えのように思う。
 観光開発・自然環境の両立は、しっかりとした境目をしていかないと、町民・子供達の夢の世界を崩壊させてしまう。神社前の広場木のイスに座り昼食、山桜・ピンクの花、黄色・紫ととりどり数々の花に囲まれ、また新緑がすがすがしさを与え、春を満喫させてくれた。
 午後は「我が町」の海の恵みと自然を満喫してきます。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:05 】


TOP