FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年04月

2009
04/23

自我自讃


写真は何処の何かわかりますか?
 私の思いでの中では、朝の遊びには欠かす事のできない「柳の木」です。前志津川小学校にドンと鎮座していた木であり、長い間子供達を守り見つめていた木です。しばらくぶりで見たら根本がこんなに細かったか?と感じました。子供の頃が懐かしい「純粋」そのものだった頃が。
 昨日「観光協会」の法人化説明会と総会がありました。参加申し込みを事務局へ、当日高野会館へ漁協の佐々木代表から声を掛けられ、「お宅の新聞無料なの?」大丈夫と。嬉しくもあり悲しい感がした。受付にいくと「どうぞ!」会場のイスには報道関係の席があり、報道席に座ってもいいですか?と聞く「会員なんで一般席に」との答にはガッカリした。情報新聞を無料で町に配り1年6ヶ月を迎えるが、行政の奉仕活動に関しての、理解の無さ!認知の附則!支援の無さ!職員の対応の悪さ!を現実に実感させられた。マイタウン誌も5年を迎え気仙沼地方の32000枚の三陸新聞の記事にも掲載されても無関心!地方自治体はこうした町民の社会奉仕活動を支援し、町民の町への愛着を深める啓蒙を告知する義務もあると思うがどうだろう!日本も県も財政難の中で、この二つの取り組みとてあと何年もつか?「人づくり町づくりの支援資金を使っては?」町からの声がけが一回ぐらいあっても。
 非営利の資金が今年も町から募集されている。そんな中で政府の雇用支援緊急資金・雇用促進資金が「観光協会法人化資金」に流用される。町民全部に潤うか?については疑問だか、「観光立町」を目指す行政の方針としては、現在の国の緊急政策の資金はチャンスでもある。
 今日の本題は「楽天」のマー君につきるのだか、この分野の行政批判になると厚くなる。自分の甘えも現実の弱さから出る物と、笑ってほしい。開幕3連続完投勝利、10ぶりの快挙だという。岩隈の成績を超え安定感は、将来の日本のエースにふさわしい。早大の齋藤祐紀との甲子園対決から3年、プロ対大学の交流試合が11月にあるが、昨夜の快投は安定感の高まりを感じ、齋藤には甲子園では敗れてはいるものの、WBCの経験と2年間の試練により育成され、絶頂に達してきた。またの試合が楽しみとなる「中6日のローテーション」だよ。
 今日も経営不振との戦いです。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:35 】


TOP