ARCHIVE - 2009年03月

2009
03/31

魔が差す


南三陸町は「春うらら・・・」である。
 我が町の大河八幡川は今大賑わいをみせている。近年中橋から上流に向けて川底を掘り下げている工事を目にする。過去にはこんな工事は余り行われず、自然のままの八幡川がそこにあった気がします。こないだの川に掛けられた浮きも、工事により下流に変な物の流れるのを防ぐネットのような気がします。
 近年八幡川は「異常気象」により、川水が増え洪水寸前や堤防の老朽化、また「鮭の遡上」など、八幡川を常々環境改善を図っています。そんな中で(写真)ののどかな「あさりかき」の風景、なんとも言えない「春のうららです」。通信自動開閉水門もお色直しを終え綺麗になりました。その前が上流からの砂のため浅瀬になり、アサリの絶好の住処になつたのでしょう、大潮の時には多くの人が毎日のように、アサリを浚っています。ちなみに昨夜の「親睦飲み会」ではあさりのバター焼きとビールが最高でした。春の潮風を食べにいきませんか!
 近頃の私の行動・思考・生活は、「魔が差している!」という気がしてなりません?昨夜の行動・囲碁の購入・従業員の対応、ちょっと変ですね。「早春譜」がピッタリの季節ですが、少し寒い。
 今日の朝のニュースには驚きました。経済評論家・小泉改革の財務担当・東洋大学教授の高橋洋一教授が温泉で盗み?政治の討論会には欠かせない人材で、発言も現代を捉えていて判りやすい話で、私も好きな解説者のひとりでした。理由に「高給品を持っている人はどんな人なんだろう」と言っている。罪は温泉で高給腕時計と財布を盗んだ。大学有名教授たちが時々事件となる。痴漢・使い込み・横領などなど、ばれる事件がおもである。やっぱり「魔が差したのでは?」。
 もやもやを払拭するには、仲間との呑む親睦会話がいい!でも昨夜は飲み過ぎ「ビール5.5杯」は。でもブログ入力で頭はスッキリしました。今日は25歳の新人が初出社だ!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:29 】

2009
03/30

限界

剣道2
県下の豆剣士が一同に会しての今年最初の大会でした。
 指導者のしての限界を感じさせられた大会となりました。4・5年とは言えけっこうやれると自信がありましたが、ことごとく期待を裏切られる結果に、今後の指導者としての存続まで責任感を感じている。4戦して2勝12敗なんて考えられない。剣道の姿勢も最悪、緊張感の中でも「礼儀・態度」を厳しく指導したつもりなのだか、多くの県大会出場を出した自信が今はない。
 田尻の帰りは桃生ICから登米ICの米谷回りの時間を計測、35分と横山経由と時間の差が無かった事にガッカリした。中途半端な位置に「IC」と思った。桃生から登米まで10分、先頭車がのんびりだったので隊列での走行、一車線ではしょうがない!
 生活にも乱れを感じる「時間の大切さ」を、子供・従業員に力説しながらの、現生活のダラダラ感を何とかしないといけない。ここ1週間ぐらい仕事の減少を実感している。不景気から会社衰退への予感そして始まりなのだろうか?
 千葉県知事に「俺は男だ!」の自分達の時代の森田健作が2回目の挑戦で知事となった。また「市長リコール」が成立した。公約に病院存続を訴えたものの、私立病院の35人から12人の医師体制での、市民の命は守れないとの理由だ。何処の自治体もかかえている問題で、政府が一番に取り組まなければいけない課題である。市民の3分の1の2万人が、市長のリコールに賛成した。「住民投票」の力です。住民の町政への参加は欠かせなく、もっと積極的に町を考えましょう。
 アメリカの富豪が33億円をだして「宇宙ステーション」に乗った!「夢」は一瞬であるが叶えたい気持ちはわかるが、私には理解出来ない行動としか写らない、視野が考えが狭い!
 花粉症に耐えきれず2年前の目薬を、以外と楽になった。今日の行動は・・・?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:24 】

2009
03/29

適正価格?

寿司
最近福島勤務の兄貴に海産物を送った、価格に更なる疑問?
 新たなる挑戦を考えている、認知症回避のため?「囲碁」に挑戦し町カルチャーに参加しようと思っている。実を言うと「将棋同好会」を目指してはいたものの、仲間が集まらず既存の「囲碁」に挑戦しようと思う。まったくの未知領域である。
 佐沼へ初心者向けの囲碁の本を買いに出かけた。地元には「文泉堂」さんしか本屋さんがなく、地元での買い物を断念し出かけた。昨日会社の従業員がチラシを一枚見える所に置いていたので、ふと見ると「かっぱ寿司」のチラシ、3時ごろだったけどもう半分の席が埋まっていた。春休みで家族連れが多くいた。そこで主題に、町内でのホタテ一枚は150円、大型のホタテ寿司は1個105円、2個でも105円、大きくて旨い!流通・産地の問題なのだろうが、これで商売になるから不思議、「薄利多売」が成立するのだろう。地元でも漁港にホタテ専門業者が元気がいい、大量買いによる格安買取、大都市への販売ルート確立が成せる技なのでしょう。生産者で出来るのには限界があるのか?どの業種でもそうだが、今は適正価格がないのが現実、安ければの風潮を政府が回避しないと、弱者の更なる企業倒産につながる。
 5月危機が叫ばれ銀行の業績維持で、貸しはがし・貸し渋りが増え、今後の更なる倒産が考えられる。地域での賃金格差が出ていた。都市圏の全産業の賃金は44万で、地方では29万でしかない。生活環境の違いがここにはある。これを是非公務員賃金に反映させ、町財政を地域にあった形で、借金の無い健全財政に戻すのはどうだろう。この格差が地方の公務員の蓄財になっていて格差社会の幅を益々増やしている。
 「1000円の高速運賃」に国民は踊らされている!5000億円の割安の負担は、国民の血税で穴埋めされる現実を!「道路特定財源」からです。ETC利用者が得をして、全国民から取るのです。地域の不況打開策とはいいますが、「思いつき政治」のような気がする。
 長期中期ビジョンの描くのが政府と思うがどうでしょう。私も小さな会社ですが「描いています!」。
 そろそろ少年剣士の引率で田尻まででかけます。 
 

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:55 】

2009
03/28

課長

戸倉スポ少
昨夜は29日田尻で開催の剣道大会の最後の練習日でした。
 町役場の異動が発表になり、同級生が「課長昇進」したそうです。それを「凄い!」と驚く仲間の声に、年功序列によるもので、特段何も感じない私が変なのか?と思いました。
 大卒はもう一人同等のポストにいますが、後一人は外部に出向しています。高卒?で役場への就職は4人います。今度の同級生はその一人です。自分達の時代の地方公務員の就職者の多さに、皆さんは驚く事とは思いますが、当時の「我が町」平和な時代だったとつくづく感じます。
 高校野球選抜大会で「利府高校」が10対4で初出場初勝利を飾った。チームワークによる一回戦突破は今後の楽しみとなる。新鮮さが好感色を生み応援したい気持ちになるでしょう。
 深夜の朝まで生テレビで小沢民主党党首の秘書の起訴による、小沢氏の処遇について討論がされた。5時近くの指示率が開始当時の指示と大きく変わっていた。このままの体制に賛成が60%となり、反対は30%にまで、国を変える意味での小沢氏の力が必要が、政治献金の実態より、今後の日本を考える上で必要と、国民が番組を視聴しての結果でした。自民与党を一度解体し民主による新体制に希望を国民が抱いているのだろう。小沢氏の変わる統率力ある人材がいないのが現実である。
 この不況・政治不安のなかで、「本当に大事な物が隠れて見えない」国民が、見つけるチャンスになる!「ささやかな日々掛け替えのない物があり」「生まれてきてくれて、生んでくれてありがとう」と、真の幸せの意味を見つけられるかも。朝の連続ドラマの一節ですが。来週からは「つばさ」?4月だね。
 この町「我が町」どうなるの?町の観光の拠点となっている「南三陸ホテル観洋」は昨夜駐車場は満杯で、今日からの「高速ETC走行1000円」で益々の、観光客の流入への拍車となる。定額交付金とのマッチングで、国民・町民に平等の幸せが来ることを願うばかりです。
 今日は何処へ行こうか・・・・・・?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:54 】

2009
03/27

異動


小学校の卒業式で先生方の仕事も年度の終わりを迎えた。
 25日に学校の異動が発令され、入谷中の先生方も地域に散っていった。志小の佐藤達朗校長も教員最後の授業をおこなったそうである。「皆さんの宝物は?」との問いに、子供達は「家族・友達・古里・地球・お金・・・」など現実的な物もあるが、総てが心の大切さを表す、物より優しい気持ちが優先する、「宝物」に子供の成長を感じるとPTA佐藤会長もおっしゃっていた。(写真は校舎と体育館の地下通路を撮ろうと思ってシャッターを切った時に、来賓退場に続き佐藤校長の胸を張った後ろ姿が納まっていました。長い間の教員生活最後の卒業式を終えた、凛とした安堵感を背中に感じました)
 また今回の移動で、歌津中の「山田剣道部顧問」の転勤に驚きました。歌津中での数々の栄冠を獲得してきた指導者の異動は生徒にはショックでしょう。剣道部での下積みを経て、地域の剣道指導者と共に子供達の剣道の上達に寄与してきた功績は計り知れない。ご苦労さまでした。
 入谷中の先生方とて、統合校への異動を希望しても難しく、1.2年の志中での学校生活がより良い物となの事を願うばかりでしょう。
 志中剣道部の顧問として宮教から、教員勤務となり部の指導と教員との二つの遣り繰りは大変だった事と思います。「子供との触れあいを大切にした優しい指導者でした」。私としては「物足りなさを感じた2年となりました」。地域との共動の中で生徒の素質を引き出す「厳しさ」が足りない気がした。でも女性であるが故の母性の本能なのでしょう。今後も頑張ってください。
 数々の先生方との出会いを通して、人との交流は「心の繋がり」をモットーとしています。宮城県一円に散らばっても「子供の教育への情熱」は、教員でなくても私は同じです。是非何処かでお会いしたら「声を掛けて下さい!」。教育談議でも!
 終末は「マイタウン誌」でお楽しみ下さい。購読者の皆さんは多かれ少なかれ、現在の不況の影響を受けておられると思います。今は頑張るしかなく、時が解決してくれる?私もですが。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:23 】

2009
03/26

廃業


驚く情報だった、判ってはいたが現実を突きつけられると唖然とした。
 「我が町」志津川地区の代々続いたいた?「酒店」の4店舗が3月で廃業する情報をきいた。入谷・西戸・大森・本浜にある酒店だそうです。入谷地区以外は私にとっても馴染みの店で、大好きなビールをよく仕入に出かけてました。酒の自由化・後継者・販売不振などが上げられますが、お酒を飲む人が少なくなった事も事実ですが、人口の減少も大きい理由になります。時代・社会の流れだけで片づけられない現実に、「我が町」の未来に不安感が増してきます。行政の対策は無いのでしょうか!
 写真展の納会では参加した個人個人が、お酒・食べ物を持ち寄ってのささやかな会でしたが、テーブルに列んだ物は全て地元で調達した物です。それも町内の商店より買い求めた物、自分の家の食材での、豪華ディナーと私は感じました。これを仕切られた杉田さんは、こうした会を幾度となくやられていると話を聴きました。最大の御馳走は皆さんの話であり、みんなが寄り合う事が実に楽しい!と私に、同感です。人を呼ぶことが少なくなっている現代、こうした場を進んで作る事こそ、人間同士の交流・コミニュケーションにより、身の回りの問題解決の良案が生まれる。心の癒しも!
 五日町「夢プラザ」で引き続き、子供たちの書の展示が開催されている。いきいきとした「我が町」のこども達の作品を見て欲しいと、「廻館教室」の佐々木さんは話している。
 入谷中学校の生徒が歌い続けた「手紙」のアンジェラ・アキが、離島の中学生の卒業生と「手紙」を歌った事がNHKの番組で流れた。「ひとつしかないこの胸が、何度もばらばらに割れて」という歌詞がある。中学生の心はこの時期が大きな変化を遂げる。挫折・疑問・壁が立ちはだかる、大人への一歩で、この過程を乗り越え、身体も心も強く形成される。ここを余計な手助けが子供をダメにしてしまう事が現代はよくある。遠くから子供を見守り成長させる事が、大人の階段と思う。
 こん週やっと「マイタウン誌」23号の発行が出来る。在京の町内出身のランダムではあるが60歳前後の50名の方々へ今回も発送する。古里を思い出してくれれば嬉しい。
 今後も自分のできる事から、ひとつひとつ歩んで行こうと思う。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:50 】

2009
03/25

あきらめない!


昨日はWBCにつきます。
 自営業の特権で開始1回目から日韓戦を見た、楽天岩隈が先発して何とか2点に抑え、接戦ゲームで1点リードまま投球制限の100球で、日本の「エース」ダルビッシュに9回をまかせた。
 しかし、韓国も必死に食らいつき2.3塁からタイムリーを打ち、土壇場で同点となりました。途中途中でのテレビ観戦で「リード」されないままでの9回裏の同点、この時点で私は「負け!」を覚悟しました。九回2死1.2塁でダルのピッチングも今一で、後攻めで追いついた方に分があったようにおもえました。
 負けゲームを見る事の虚しさ・落胆に自分は耐えられない性格で、安心しての楽勝試合に大満足するタイプである事確認しました。辛い状況でも見て応援する、辛さから逃れるのは楽で、スポ少の子供剣士には現実を見なさいと忠告していた、自分が実に恥ずかしい。最後まで見とどけるのが真のファンなのに、私は「なんちゃってファン」ですね。
 ダルは何とか9回を抑え、10回延長へホークス川内・ダイリーグ岩村のヒットでつなぎ、2アウトでイチローです。2ストライクから8球まで粘ってのセンター前のクリーンヒット!前半の13打席ビットなしが残り3試合で結果を出す。全員野球の「侍ジャパン」とは言うが、何かをしてくれる「才能」を兼ね備えている。これを「生」で見なかった自分の「ふがいない!」事。野球ファン失格?かな。ダルの最後のストライク三振のガッツポーズは、最後まで諦めず勝ち取った「本当の喜び」のポーズでした。
 経済効果は506億で延長戦で550億に達したといいます。それに控え、「政府・町」ときたら?
 登米ICの取材の従業員を派遣、6.9キロで6分前後の区間。小森に志津川IC出来たらやはりこちらが近い事が判明しました。現在は急いでもも25分は係る津山ICです。高速時代が「我が町」に!
 もう一方の「イチロー」は第一秘書の逮捕?で「涙の謝罪」。でも悪い事はしていないの一点張りです。民主の党首も麻生首相も「スキャンダル暴露合戦」で、国民不在で選挙だけの物みたいな感覚みたい。政治家・官僚・自治体・頭首は「国民の代表」で国に奉公する事を忘れないで!
 昨夜は寝過ぎてしまった。ビール呑むと眠くなる癖がついてしまった。
 

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:36 】

2009
03/24

弱者いじめ


昨夜は戸倉の小学生対象の剣道練習の「スポ少」でした。
 「我等が母校」の志津川小学校の正面玄関です。校章がドーンと正面に掲げられ、屋上には三本の旗がたなびき「卒業式」の立て看板、基本的には昔と同じ、変わらない事も一番いいかも。
 弱者とは・・・子供・老人と私は位置づけています。昨夜父兄に町生涯学習課からの連絡に唖然としました。スポーツ少年団の使用場所から「使用料」を取るというのです。2時間600円で、1時間増すごとに追加料まで取るという。「未来の町を背負う」児童教育に金取ってどうする!
 行政の番人の「町会議員」も数の論理で、これを通し実行に移してる。こんな行政でいいのと「することやることに疑問?」ばかりの「我が町」の地方自治の現実です。
 国は定額給付金・児童手当など国民側とも言える「一時的な政策」で人気を得ようとしているが。南三陸町は町づくりと言いつつ、逆行していると感じるのは私だけなのでしょうか?
 私の知人・友人も過激発言・熱くなりすぎというけど、「本当にこのままでいいの?」と思っているのかなー!まあ金持ちがやつている事ですから、私のような者はそう思う、妬みなのでしょう。
 AEDの力が発揮された!東京マラソンでデブタレの松村さん心筋梗塞「心室細動」で心肺停止に。自転車の医療スタッフが1分以内に駆け付け、AED処置にて現在回復に向かっている。1秒の違いで、生・死・障害と身体への負担が変わる。この3つの違いは半端なものではない。
 日本の人口1億2769万人と発表になった。女性が初めて減少したという。老人と子供のバランスがどんどん崩れ、日本国がどんな推移となっていくか、不安ばかりが気がかりである。会社も私も終末期に差し掛かっているという、認識の中でガムシャラに生活している。
 地下の下落での資産デフレ、自動車産業の見直しによる「東京モーターショー」の大幅縮小。スーパー先月売上18年ぶりの1兆円下回り、1800万所得家庭が公務員住宅を格安入居、などなりふりかまわないモラル低下と価格破壊。その陰で公共事業の価格に政治献金上乗せ受注など、なにを信じていいのか判らない。成田でのフェデックス機の大炎上と初の死亡者、今後を暗示している。
 今日の頭の体操の終了時間30分となりました。                  不安不安

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:31 】

2009
03/23

個人

雪山
昨日雨の中で登米ICが開通となったと言う。
 土曜日にメガネの破損の修理に隣町に、澄み切った青空と冷え切った空気のせいで、岩手奥羽山脈の雪山がくっきりと見えた。(写真)北上川沿いから浅水に降り少し走ると、登米ICに通じる道路も信号とともに開通された。高速道時代が「我が町」にも近づいてる実感です。
 昨夜はカルチャーの写真展の納会に誘われました。昨年1月に「一丸レフ」を購入、新聞に良い映像をと考えたのですが、機能とメカに弱くなかなか満足のいく写真がまだ撮れない。3週に渡り2人づつ6人の方の写真展示には、今年で2回目という事もあり多くの町民の方が訪れたそうです。きっと「我が町」再発見!何気ない町の姿に感激された事でしょう。
 また、多くの協力者が集まっての会は、有意義な時間となりました。利害も裏もない方々との多種に渡る会話は、普通に生活していては得られないものでした。「我が町」の良さに引き寄せられた方々も多く、自分が感じ取れない「志津川はいい!」の話に嬉しくなりました。
 写真には個性と生活が滲み出ている。自分が知らず知らずに本能の赴くままにシヤッターを「切る」16枚の写真のストリーがあり、写真の裏にあるものを感じとる。私には理解は叶わないものでした。ただそういう目で見るとまたおもしろい。写真と題名の持つ意味を自分なりに模索するのまた楽しい。
 何もすることのない日曜は実に退屈過ぎ!「ゴロゴロ」の一日で終わりそうだった貴重な休日を無駄に暮らしそうでした。これは自分の甘えが出てきている証拠です。
  今日は、スポ少とタウン誌の制作です。昨日の三一会事務局長のブログにおじゃましてみました。生活感たっぷりでした。でもブログでお互いの生活を伝えたら、会わなく話さなくても、いい繋がりになってしまう事が怖い?!
 私には若年性認知症を疑わせる症状がでている?なんて思う、日々の素晴らしい出来事を、記憶にとどめる為の手段が、日記としての「ブログ」と位置づけています。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:27 】

2009
03/22

釣石祈願


落ちそうで落ちない貴石で有名になった神社の名前が「釣石神社」です。
 石巻地域の受験生が合格祈願に訪れる場所として、テレビで度々報道されています。そのせいか今年の正月は多くの来場になったそうです。さすが「絵馬」には石巻市の受験生が祈願に心を込め書かれていました。石も然る物ながら神社も歴史を感じさせ、ワラ?葦?で作られた大しめ縄が急な石段に掲げられ、それを登ると大河「北上川」を一望できる。整地された草原には座るのに丁度いい石、桜の木立が沢山あり、「お花見」時期は素晴らしい絶景となることでしょう。
 十三浜は石巻と平成の合併により市となりました。総合庁舎も建てられましたが、旧庁舎の建物の色スレートは県?の有形模型文化財になったと、2.3日前にテレビで報道されていました。また北上川河川敷きの葦原は茅葺きの材料として全国から需要があり、昔ながらの風景の中に生活感が溢れた町に「古里」を強く感じました。30分で石巻の大都市の商店街がある。静かな落ちついた生活には最適な町と感じました。神割崎だけじゃないんですね!
 明治17年に立てられた「吉田茂邸」が全焼した。麻生首相の叔父にあたり、「バカヤロウ解散」で有名な元総理です。3万平方㍍の敷地に一千平方㍍の建物で吉田茂の養父が立てたという。家系の支持のために養子だったのか?といつの世も後継ぎ問題があるのかなー?感じた。神奈川県では古い建物が文化財登録されている。ここの所こうした建物の火災が続いている。放火?の疑いが濃いと言う。麻生政治への不満の捌け口だとしても許せない悪行である。
 政府の政策も将来に繋がるものでなく、一時的な政策と言っているが、そんな政策で良いのだろうか?中小企業の倒産が9月から2月で6746社に及ぶという。アメリカへの外需依存を見直せ!との警鐘であり、成長と破綻で経済は成り立つという。こうした意味では経営者も今の時代・現状にあった経営を見直す、良い意味での機会なのかも知れない。
 止まる事のない経済、身の丈のあった安定した成長が会社としては存続する。社員の家庭の状況の安定まで責任があるという。社員と経営者の関係を密にしての成長が望ましい。私も同じ考えだが難しい。
 人を羨んだり・妬ましく思うこと、「もっともっと!」欲が身を縮め、破滅の道を近づける。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:07 】

2009
03/21

彼岸


昨日はお彼岸の中日となり、大雄寺からの車の多い事に納得。
 大雄寺で経営の「あさひ幼稚園」の卒園式の途中に、向かって駅左の新興住宅(写真)が新築の途中の3階建て?が目にとまった。この住宅地は今流行りのモダンなたたずまいの家が多い。計画によると警察前からの45号線が真っ直ぐに駅に達するという。随分前から町の話題とはなっているが、この地域の変化をあまり感じていないのは私だけかも?
 水尻川の交差点はこないだ測量をしていたので、来年度の着工は間違いない、同級生の県の建設関係者も話している。この場所は町の大型イベント時には、最大では観洋にまで続く大渋滞となる。前々から改善をもとめられている場所です。5年10年と言わず1年の間に町は様変わりする。みんなで一緒に町づくりに参加しましょう。私たちの「我が町」ですから!
 今日の朝はここ2.3日の暖かさとは事なり、久々寒さを感じた。そのせいか青空の下弦の月の綺麗なこと、「携帯!」・・・こんなときには忘れてしまっている。昨日はスポ少でしばらくぶりで防具を着用、40肩が痛く「はかま」が上手く付けられない、困った事痛感した!さすが運動した後は喉が渇く、またビールの美味しい事、結果朝5時30分起床が15分前に、なんとか部下との配達を済ませた。
 年度初めは移動の月日であり、次年度の人の変化により仕事にも影響があり、多少不安に感じる時期でもある。こんな経験は社長から経理を任され、パソコン処理を自分が始めて10年になる。この間仙台の64年の50名近く従業員をかかえた会社が廃業した。これが今の不景気の現実で、一番の理由は「後継者問題」だそうである。後継者のためなら設備投資・新開拓・経営改善・新業種への参入を考えるが、後継ぎがいないとなると、そのエネルギーも半減する。今さら借金してもなー!?と将来の会社としての経営ビジョンも考えられなくなってしまう。先日も将来性の高い機会が今なら格安に買え、本当は良い話なのに乗れない理由はそこである、しかし限られた地域の仕事を価格競争でかったとしても将来はなく、政府の「ダンピング防止法」の健全価格への推進が不可欠です。「独占禁止」ではどうにもならないのが、現状です。
 何もしなくても仕事が普通にできたら、なんと楽な事か!でも打ち勝ち達成感も又最高である!

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:06 】

2009
03/20

志小卒業式


昨日は「我が町」一斉に5校の小学校の卒業式となりました。
 小学校の卒業式に立ち会える事は、自分の卒業以来初めての体験でした。静寂の中で卒業の時を迎えた100名に近い児童、こんな厳粛ムードとは知らなかった!保護者は自分よりはるかに若く、母親の目には沢山の涙が溢れていた。
 写真は卒業生全員での6年間を振り返り、感謝の言葉が全員参加、一人ひとり区分けされ発表された。昨年の清水・荒砥の統合により新生志津川小学校となった事への思い出が脳裏に残った。2校での5年間の生活、校歌と共に振り返る。父母は元より感慨深い「我が子」の発表であった。
 私の仲間・知人には「独身者」が大変多い、時代の流れとは言え独身貴族はもう古く、苦労ばかりかも知れないが、一生で家庭を作り子供に恵まれ、こうした節目を体験し感動をもらう、我が子があって初めて体験できる幸せとおもうがどうでしょう。両親の為に結婚・意見考えも合わない夫婦・生活が辛い等々の障害は子供の誕生とともに緩和され、「我が子」からいっぱいの幸せをもらえます。私も子供が欲しいと再度感じた瞬間でした。
 地下鉄サリン事件から14年目が今日だそうです。まだまだ後遺症で苦しんでいる人の映像が非常にショッキングでした。それに世界初めての科学兵器による事件に、日本は何もしていない事実に驚きました。負担は家族に負おい掛かり、14年間も家族での介護は大変だったでは図り知れない苦悩だったはずです。それに対し国や自治体は何の手助けもしてくれなかったと話す。これが日本の福祉の実態たのです。官僚の天下りによる「特別法人」に金が流れる構造は理解に苦しむし、その人間たちには疚しいという気持ちがないのか。国会議員は今は良いように使われている。与野党の攻防はもう沢山です。公務員改革を一番に挙げる事が、日本の飛躍に一番繋がると思います。
 現在は身近な人達での「老人共同生活を模索」をしています。年老いた両親を一人で見るのは大変で、そうした人達の集まりを作り、手分けして介護をしたら家族の労働・資金の軽減になるのではと考えています。そんな中での群馬のNPO法人の老人施設の火災により5人死亡・2人不明は、老人介護の管理の厳しさを痛感しました。こんな所にこそ税金を使うべきと考えますがどうでしょう。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:55 】

2009
03/19

涙雨


17日に子供達の小さな出発に立ち会いました。
 私立の「平成学園あさひ幼稚園」の保育証書の伝達風景です。お釈迦様の前に大雄寺の方丈様が立ち。園児一人ひとりに授与する、子供たちのしっかりとした態度に驚く、今どきのこども達はこんな場面でも緊張はしないのか?と。それを見つめる母親の目からは涙、「すすり鳴きの声」ハンカチが目に付いた、父親はビデオの撮影のこどもの記録に余念がない。
 わたしはくろしおグランド前にあった「志津川保育所」だったが、卒園式の記憶はない。うるさく・落ち着きが無く・緊張感いっぱいで、固まっていたに違いない。教育の違いに大差がある。
 賞状伝達がなされ壇上より下がり、母親の感謝の気持ちを込めて「おかあさんありがとう」と、今もらつた証書を母に次々とわたす、小さな姿に目が「うるっ」としてしまった。良い卒園式を体験できました。この仕事は町民に情報伝達が主旨ですが、自分はもっとよい経験をさせてもらっている。ひとり者が決して味わうことのない場に立ち会える。自分はこういう事をしたい夢に破れたが、「生きている」って本当に嬉しいもあり楽しい事を体験できる。
 大上坊・松井田・清水ちくの守り神の大木の伐採が成されたが、このたび伐採した木を使い「お札」をつくり神木の感謝する事になったと言う。精霊への供養となるでしょう。
 保育所事情が判らない、会社への面接にきた女性の話だと、何か志津川保育所では入所が出来ないという。伊里前保育所に入る事になりました。と2人ともそんな話をしていました。そこまでして仕事をしないといけない家庭事情と、少子化なのに受け入れが徹底されていない現実に、行政の矛盾な体制を感じる。
 昨夜の飲み会でも「給付金」の話が話題となったが、貧富の差に関係なくお金が貰えるなら貰いたいのが人間と知った。政策として良いか悪いかは別として。
 紀香・陣内「離婚!」すれ違いの生活の週末は、こんな結果をもたらす。何処かで昔感じた離婚理由です。やっぱり抱きしめ合わないと!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:43 】

2009
03/18

名所

横浜
神奈川での友人との歓楽街探索での「いせざき町?」の名所だそうです。
 夜中の都会の町並みに緊張と動揺で、シャメに指が入ってしまった。これも又写真の良いところと最近感じる。そう言えば「我が町」には、自然名所は沢山あるが大型の「待ち合わせ的」な建造物がない。昔・現在・未来の3つを町の観光シンボルでの、観光客を呼びこむ方策を考えてはどうだろう!町並みが歯が欠けるようになくなる現状を、「しょうがない!」と考えると町の発展はない。南三陸に来たら志津川に・歌津に寄ろうという気持ちにさせる、物の何か他所にない建造物が必要な気がする。
 朝のニュースで「石巻に銀鮭初水揚げ!」との放送があった。2.5トンの水揚げで大きい物で1.5キロだという。3月18日この時期の養殖銀鮭とはしらなかった。かつては「我が町」が銀鮭発祥の地として、全国に名を轟かせた。今は女川が日本一?と聞く。遠藤水産が銀鮭養殖を確立。地元漁民も挙って養殖を始めた、品質や漁価・採算の面で継続が難しくなり、多くが負債を抱え止めていった。確立当事者も逝去され「銀鮭養殖」で潤った一時代の歴史が幕を閉じた。現在は県で推し進める「伊達銀」のブランド化により、地元でも養殖者が復活している。日々研鑽を積み製品の質を高め、独自性を維持して新しい取り組みを行う事が、今後末永く事業として成り立つことになる。どの業種も同じです。
 ETCが政府の景気の上昇を図る政策として、高速道路利用料の一律1000円に向け、ETCの助成金5000円を出したところ、24万人が購入し品不足になっているという。バイクの車載のETCは一社での製造のため、生産が追いつかないという。車の販売不振により地元のETCの下請け生産工場は派遣解雇などの厳しい現状を回避できるのだろうか?
 昨日の社員面接を行った、世の中狭いのか?口コミなのか人材はいる!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:51 】

2009
03/17

小森


今月22日三陸道「登米IC」を見に行ってきた。
 登米地区にとっては観光の発展に繋がる高速道路となる。しかし白壁の町登米からは5~8分ぐらい離れた場所が降り口になるのでしょう。町はずれの田圃の原に高く一本に続く高速道、便利には便利なのでしょうけど、昔ながらの自然が消えていくのは寂しく、また公共事業の建設なのに地元に還元されないのが不思議である。
 民主党首への企業献金の「西松建設」とて、ダム工事の関連の道路の建築のみで、ダムの工事はこの分野にたけてる建設会社が当たるという。特殊工事取得の会社は将来性がある。普通の仕事での競争では益々ダンピングが続く!私事だが来年からは県の仕事は全て自由競争となり、県外からも参入してくる。コンピューター入札となるのかなー?自社みたいな小さな会社は淘汰の対象となるのでしょう。地元の企業を生かす行政の対応に期待したいが、無理でしょう!
 「我が町」にも数年後には、三陸道が開通す。ICは小森地区となる予定だが、町民が全て利用できる立地ではない。登米ICの開通とて「我が町」には遠回りとなる。全ての便利で近くなるのは町民全部が喜ぶわけではなく、行政が金欠で道路建築のよりお金が落ちる事への期待なのだろう。
 米谷に行くにはトンネル「ずいどう」を通る。これは両町の間を大変近いものとし、海の幸の流通に利用され、商売の生活道として大きな役割を果たした時代があった。
 建設費と利用者の相互の利益計算に成り立ち建設されているのか?高速道建築は地域の夢という!簡保の宿・グリーンピアなど多くの施設が大赤字でも、携わった政府人間には何の損害も処分もない!やはり公務員はいいなーと、常日頃思う。
 私はこの町が好きで頑張っているが、最近日に日に嫌になってきている。疎外感さえ感じる、「お友達内閣」の政府に町がどんどん似ていくからです。

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:27 】

2009
03/16

大不安!


「我が町」のお寺は個性揃いの素晴らしさを感じます。
 昨日は戸倉地区の「圓通山慈眼寺」を見に行きました。2月末は戸倉地区の死亡者が多数ありました、個人を供養する宗派は「我が町」ではほとんどが「曹洞宗」です。私の菩提寺も大雄寺で、葬儀は厳粛に同じお経を唱えますが、方丈様の声は独特のものをいつも感じます。それにしても神社を訪れる事が大変多くなってきました。
 昨日の「サンデープロジェクト」の特集「介護」は今後の現実として、強く不安とショックを受けました。紹介された現状が自分と似ていたせいです。年老いた両親を抱えている事・一人である事・自分にも病がある事など、両親の体調しだいで心配な状況に陥るのは眼に見えています。認知の進行や老々介護の崩壊が今後必ずおとずれた時の対応を未だ出来ていない。この事にいまから不安を抱いている。会社の自分の人生も終結を迎える。介護保障も国の制度では解決されず、町での町民の高齢化進行に対する策も、当たり前の普通の対策しか講じようとしかしない、生活困窮の家庭が増加してからでは、遅い現実に「町独自介護政策」を立てられないものか。
 町も職員も高給に救われ、議員さんは家計に不安の少ない方が主なので、厳しい現実が判りづらいのだと思う。誰でもが現状を訴えそれを救ってくれる行政作りを、町民皆で作って行きましょう。
 朝のニュースで60歳の妻を庭に埋めようとした夫が逮捕された。こう事が今後現れるても不思議ではありません。
 また番組で「地方にとって公共工事は社会保障的なもの」という発言になるほどと思った。三陸道の建築も資格をもつ大手ゼネコンが当たっている。地方の建設業者に工事より50%の建設費がおりるような、制度改正を作れば地方が潤う。「地元の区間は地元に工事下請け発注を!」。公共事業の削減から地方が疲弊しはじめた現実を肌で感じる。
 「花粉症」にはレンコンが良いそうです。魚ゃヨーグルトは前から言われていますが!今年は未だ楽。WBCキューバ戦7時35分現在6対0かな、テレビの下が見えない?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:39 】

2009
03/15

入中魂


入中生のシンボル的「アンジェラ・アキ」の手紙18の君へ?の歌がこれで生徒全員での合唱が最後となる。この歌を胸に「志津川中」に1.2年は向かう。新たな入中魂を発揮し、入谷地区で培った英知と根性を知らしめて貰いたい!幸運を期待したい。
 280名近い「閉校式」の開催にあたり、清水小に引き続き「涙雨」となりました。並大抵の雨ではなく夜半からの暴風雨と重なり、参加者は大変だろうの予想は嬉しいはずれとなりました。、開始前には、見守ってきた八幡様のお陰か?小康状態に地区民にとっては「天からの涙雨」、中学校の閉校が厳かに開催されました。
 各々の思いが去来する閉校、地区民・PTA・卒業生には涙は無かった気がする。新たな子供たちの「旅立ち」を祝う会のように感じたのは私だけだろうか?4時から行われた「入谷中学校62年の思い出を語る会」開催には、多くの地区民・学校関係者が集まり、最後の記念写真の撮影から始まった。思い出を胸に会場に集合したものの、少しの遅れで全員での集合写真に入れなく、受付で大残念がっていたのが印象に残った。
 不思議と前日までの好天が嘘のように雨になる、また雨のこうした記念式典もまた情緒がある。荒砥は晴天の中だったのが記憶にある。藤浜・林際・清水・荒砥と地区にあった学校の、時代の流れによる廃校は地区民にとって悲しい他何物でもない!
 入谷中校歌の作詩は、私の恩師の工藤先生(志高)のお父さん(工藤祐雄先生)で、2代目の校長先生だったという。決して旅立った3433人の卒業生は忘れる事はなく、同級会・同窓会・節目の集まりで、歌い継がれて行くことでしょう。私も志小・志中・志高の校歌は今でも歌えますから!
 登米市の三陸道インターチェンジ見に行ってきました。あと一週間で開通?できるのかなー。水田の真ん中を高速道が走る光景に、開発は善いことなのだろうが、一抹の淋しさを感じた!

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:03 】

2009
03/14

光の帯


三陸道が22日に登米地区に到達する、期待と不安の光の帯が「我が町」まで続く!
 今日は南三陸町立入谷中学校の「閉校式」が開催されます。長い歴史の帯が今日でおわるのです。これで4校の閉校となり、古く分校は2校の統合が行われました。「少数精鋭」とは言ったもので、財政難からの閉校?子供たちのより良い教育の為?とか言ってますが、地域の伝統・特異性・交流を考えると、私はある程度の人数までは、その地で伸び伸びと地域学習・ご老人との交流など、計算などの型に填らない道徳学習ができるように思います。マニアルどうりの対応の意味を今の若者は本当に理解しているのでしょうか疑問です。型に填められたなかに個性をだす事で、人はその人個人に好意ゃ感情を持てるのです。上辺だけの対応では心は通じない!常日頃従業員に話すのは、「コミニュケーションしなさい!」です。これにより人間関係の蟠りが消えたり、ミスの解消になったり、迅速な仕事ができます。こうした普段の会話は、小さい時からの人との会話や地域の交流で生まれるのです。地区運動会・イベントが年々減っていく事を残念に思います。入中魂を見てきます。
 「地産地消」とは唱えながらの石巻でのホワイトデーのお返し矛盾していますよね!?ただ「喜んでもらえる物」と考えると、地元の購入は今一つです?金額・商品・ユニークさ、などイベントずきと笑顔が見たい一心で、多忙の折に仕事終わりに隣町にでかけました。「地産地消」は忘れていません!
 福岡では「桜の開花」が13日も早く発表されました。全国的にも今年は早いといいます。これも世界異常気象の表れでしょう。「我が町」も昨夜から大荒れの天候で、10時からの式には是非落ちついてほしい、午後からは晴れマークが出てるので、良い方向になればと思う。
 私も今は社会情勢の流れから、ピリピリ感が傲慢さに変わっているのが判る。男性には厳しいく、連発のミスには「叱咤激励」の意味を込め、つい強い口調と生活習慣の指導にまで入っていく、顧問の先輩こんな今の自分に指導とお叱りの一言お願いします。

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:28 】

2009
03/13

草木塔

草木塔
昨日は隣町でいろいろありました。
 歌津字館浜の「津龍院」のお寺に「草木塔」が立てられてありました。携帯写真にパチリ、先日ぐらいに神社の鎮守がという話をしましたが、館のお寺でも大きな切り株を沢山見かけました。「草木塔」
はこうした伐採した木の性への供養という事を前に聞きました。田中医院さんの庭にもこの碑が建ててあります。神仏は自然との関わりが大きく、災いを人間に与える事を私は信じ「合掌」を常に心掛けています。「ありがとう」の気持ちを常に持ち、自分ひとりで生きているのではない自覚しています。
 昨日は歌津で義理の叔父運転の車が追突されました。叔母と二人が被害者に、偶然にも知人KKさんの繋がりの人でした。たいしたケガはなかったものの、むち打ちや打撲は後ででます精密検査を。
 また歌津寄木にも廻り、お客さんの所で磯の香りいっぱいの、「カラツブ」「しうり貝」を御馳走になりました。浜の春の幸が解禁となののがそこまで来ています。八幡川水門裏ではアサリ掘りの人々が思い思いの道具で、春の味を追いかけています。ここは開口がなく自由なんですね。
 「浜崎あゆみみたいな娘がほしいなー!」と思うくらいのオジサンファンです。生みの親でもある小室等の裁判で、エイベックス音楽会社社長が6億5千万円を貸し付け、詐欺をした相手に返したという。二人で音楽会のトップ会社に登り詰め、友情からの行為という。これにより彼が贅沢の環境から脱して新しい音楽の創作は難しい?実刑回避の願いだか、被害者との溝は深いという。贅沢からの嘘が友情により立ち直れるか興味がある。
 まったく政治は金まみれである。ゼネコンから毎年2億円の政治献金、迂回のダミーとして下請け会社を利用していると言う。「我が町」でもあるのか?だいぶ前にゴルフ場事件も建設会社が絡んでいたはず。町の為は権利をえたら後は自分のため!こうした人格の選択は町民の責任です。将来を担う子供たちの「ため」に南三陸町に尽くしたいと思います。残り少ない人生、金ばかり追いかけては?
 いろいろありました。最後はホワイトデーが気がかりです。

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:21 】

2009
03/12

写真
多くの知人の個性ある作品に感激。
 五日町の「夢プラザ」に於いて、写真カルチャーの生徒さんたちの一年間の作品発表展示会が開催されている。一人ひとりの目線・角度から「我が町」を見つめている。何気ない風景やクローズアップされた、小さな物まで新鮮に写るから不思議である。町再発見に出掛けて見て下さい。
 昨日は主治医に定期的な薬を貰いに行きました。同級生の薬剤師さんの「花粉症」に悪戦苦闘している姿・言葉には驚く。お医者さんは「花粉症ぐらい簡単に!」と思っていましたが?私は今の所まだ軽いので今年は楽かなと思っています。採血は「不摂生中」ですので、落ちついたらお願いします。
 昨夜は夢に「遠藤善行」が出てきました。ガンで若くして亡くなった同級生の笑顔に会えました。いつもの仲間が旅行先で、楽しく輪を描き語らっていました。今は各々の思惑の中で、そんな時代が懐かしく思い出されます。そんな時が又くる事を願うばかりです。
 自由競争による生き残りの社会環境に、人情の欠片もない時代・世界から逃避したい感情に駆られます。正規料金とは材料・人件費・福利厚生・今後の資金積立・設備資金と、あやゆる価格の上に成り立っている。自社努力が「価格破壊」だなんて言う愚かな人間はこの現実に最後は泣く!開発・特許・ブランド化で日々の改革があれば納得がいくが、ダンピング受注に拍車をかける、現代社会に問題を感じる。それを擁護する「やから」に弱者の気持ちは伝わらない!
 昨夜は突然の栃木の那須からの義叔父を迎え、楽しい話と家族想いを大いに聞けて嬉しかった。4代目なかったら養子を、兄弟での金の話は見苦しい、何も無くても皆でなら楽しい、など父親を立てての話に大満足の宴会でした。
 金賢姫が田口八重子の長男と会った。「私がお母さんになります」と。感動的な話である。だが北の支持とは言いながら「115名」の飛行機の爆破の本人である事には変わりなく。事件の解明は必要だが、人前にこうして現れる事に被害者家族はどう思うだろう?公に出てはいけない気がする。
 私だけが感じる事柄なのかも知れません。今夜はお返し?の買い物行かないと!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:20 】

2009
03/11

流失

八幡川
八幡川に何かが設置されていた?
 町内の解雇・販売不振・経営不振など各種企業に及んでいる。久々再開した知人も会社が経営不況により解雇されたとの話を聞いた。不況活性化・援助資金として国から配分された資金が、生活困窮・貧窮している町民のために使われているかが、疑問に思われる節もあり、適正且つ有効に運用されるよう、議会の監視をお願いしたいぬ!(与党多勢の機能にも疑いを持つ?)
 自然の異常が続いているのか?八幡川に写真のような物が設置された。高潮・流木の防御?近い内に調べておきます。最近は救急車の音をよく聞く、高齢化が進み多くがその体調急変の搬送とおもう。私の部落も我が家を含め80歳前後のご老人の、繰り返し救急車のお世話になっている。今の「我が町」の現実がそこにある。更地の増加に父も過去の姿からの異変に驚く。
 清水・細浦の森林伐採の急速な変化に驚いている。時代の流れだけとは言い切れない。旧清水小裏の神社の鎮守が伐採された情報は前に述べたが、地区の信徒が最近「大けが」をしたと聞く、鎮守の伐採のせいか?神のみぞ知るである。また細浦地区のアサリの漁場に砂の流入は大丈夫なのか伐採の影響を懸念する。
 定額給付金の支給を今年度内の支給を「我が町」は行う。町の景気の回復に繋がるだろうか?早期よりいかに地元に還元されるか、案を練る必要を自分は思う。現在の隣接の市の大型店への町民消費の流失・町外の地元の大型店への消費といい、地元の商店の活性化にはほど遠い。そんな中で商工会の地元商店での買い物に、抽選で商品券が当たる企画、どこまで地元消費を引き付けるか?是非「地店地消」を願いたい。
 「3月危機」を危惧している今、月末の企業の動向が心配で、人間の心のケア・気持ちをしっかり持ち・各種制度活用など、行政も含め周囲の助言が大切です。
 自社の雇用も「解雇者救済」をしようと思います。

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 05:29 】

2009
03/10

進化

神奈川
「たいやき」は100年になるという、進化続けているのは人間の知恵。
 3年続けて神奈川の大船観音さま前の駅前のホテルに宿泊。3年間大きな事故とケガ・病気もしなかったのは、この御利益のお陰か?
 同行していただいた叔父からこんな話しを聞きました。「中国の人達が寺の観音様に手を合わせに来た」との事です。就労で志津川に来てて、悪い夢を見たので心配で願いに来ました。とのことでした。「我が町」ではなかなかそんな信心深い人はいないと住職である叔父も話していました。そして彼女たちにとっては多額の布施を包んでくれたそうです。お返しに全員に御守りの観音像のミニチュワを手渡したそうです。いい話でしょう。会社は有名な「カネキ」さんで社長が連れてきました。こうしたトップの下での海外での就労環境はきっと良好でしょう。
 いまどきの新人は時間で直ぐ帰る気ばかりと感じる。時間近くにソワソワ!会社での交流は良好な関係を作るには欠かせないものなのに、努力も積極性も欠ける感じがする。必要に駆られ急な求人には「やる気」の人間の雇用は難しい。自動車会社の不況で失業の人使ってとお願いされたが、一時雇用は将来を見据えた雇用なので断ったが、人間的には明るくやる気があるが、私の年齢制限に!
 昨日は従業員が信じがたい「いたずら?」に合いました。車のガラスが数代割られたという。警察ざたになった事で休んでもらいましたが、事が起こると休み連鎖になり、「壽結婚」を理由に退職してもらった。技術6ヶ月の修得に係った経費・時間はなんなのか。自分の生活設計の停滞には自分自身に腹が立つ、見る目がない自分の責任である。社員育成の余裕はないが「未だいる?」。
 人との出逢いの喜びを日々感じている。SMさん昨日はSTどうも。YTさんしばらく応援よろしく。・・・まだまだありました。人間交流の結果は長く付き合わないと判らないないのです。さあ今日も種まきをしないと、明るい「我が町」、そして自分未来のために!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:29 】

2009
03/09

移動


くりこま高原駅までの道「農道水没?」、のどかです。
 そんな地方からのプチ脱出、なにもかも忘れ一時を過ごしてきたものの、吸収した現実にショックがある。「世界同時不況」は何処へやら、週末の新幹線乗り場は1時間おきに、100%を超える国民が東北・大阪・新潟に向かう。都内の電車も全て満員で、人の移動によるJRの新幹線整備の経費は、巨額の資金投入も早期の回収は理解できる。
 この活気は人口の多さが成せる、地方分権や省庁の地方移転などは、難しい話ではないのか?生活の格差はある意味で「日本の均衡」を作りだしているのかも、その大きな市場に山・海の産品を町を上げ進出した方が、都市と対等に付き合える手段に感じる。
 構内には「ホームレス」が1本の通路を、左右に占領していた。地上での活気と地下道の社会から見放された人間の姿に、世の中の厳しさを見た。
 今回は最後?と関東への用事と思っていたが、無理のようである。もう一人の義理の叔父に私がそうなった時も、来てもらわないとこまると。話された。神奈川から唯一仕事依頼されている会社を訪れ、三陸土産を渡せすのがもう一つの用事である。
 今日から新人が試験採用で出社する。新たなる戦力になるか?が不安だ。とりあえず新たな戦略の構図として育成できればと思案している。楽しく人生が送れれば良し!と。
 「我が町」への奉仕の気持ちを胸に、もっと・もっと頑張ります。夢に向かい第一歩を踏み初めました。先ずは会社の安定経営から!今日もやるぞー!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:20 】

2009
03/08

法要


神奈川県に父の代役で3回忌法要出掛けてきました。
 真宗高田派梅花山「成就寺」において行われた叔母の供養にでかけました。49日法要・一周忌・3回忌と3年続けての鎌倉市です。一周忌は供養に手を合せに来ているのではなく、手を合わせる皆と合う機会を頂いている。三回忌は悲しみ苦しみからの心がやっと落ちつくのが2年にあたる。7回・13回・・・・の法要は、階段を登るごとく共に合掌し皆と顔を合わせ、健康に生きられる喜びをともに感じるのが回忌法要だと話してくれた。、故人の供養と共に周りが合い元気でいられる事への感謝です。
 地域格差を実感を友達が教えてくれました。横浜まで「楽しい所」へ連れていってとお願い。10時30分ホテルから4駅まで、都会を知らない自分、友達に言わせると「この時間は高い?」の意味を目で確認できました。国分町・ススキノ等からは少しプラス程度に、でも3倍以上の価格の差に、恐れをなし逃げ帰ったのが事実です。東京圏の地価・人口の量・生活スタイルの違いが、地域価格の違いとなり現れている事がを、肌で目で感じとった悲しい・寂しい、世間知らずの「小さな自分」を知りました。
 横浜市で200万人です。仙台の100万都市?スケールの違いがそこにありました。「我が親友」の東京はスケールが違うの意味はこれですね!
 川崎の親友は歴史家で雄弁で、議論に5戦5敗で疲れ切り、ヤケカラオケの後ホテルで再戦、無視して二人眠ったのが3時を回っていたのが記憶にありました。地下道の驚きの光景については又後日にします。新幹線から神奈川のビール付けの2日間、もう休みます。
 春先の一時の夢物語です?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 21:02 】

2009
03/07

変わらない


今から34年前と正面は一つも変わっていない「母校志高」です。
 どうしたらいいか思案に苦しむ!人を育てる事の出来ない人間なのか?自分は自問自答してしまう。今日も4時で起床してお昼から神奈川平塚に向かう。2日休む事で仕事を午前中にかたづけるという、強行日程である。
 5時30分の配達開始に従業員が来ない?「約束を守れない」悲しい現実がありました。6回の配達に3回遅刻・寝坊する、この行動をおかしいとは思いませんか。30歳超えた人間が自分の社会生活を守る習慣を身についていないこと、今どきの子はおかしい?
 昨夜から「戸倉剣道」が始まりました。前日今日の過密生活は厳しく、帰りはケンズさんで夜食をちょっと、ビールで爆睡と思いきや興奮してか、何回も目がさめ10時から4時と寝不足。色々は情報を手に入れました。9年前に剣道を教えていた子が結婚して子供ができましたと、小学5.6年がもうそんな年に、「出来ちゃった婚」です。と!えっと、自分がここ3ヶ月でこのスタイルの「結婚話」を少なくても5件あった事に驚く、現代っ子では片付けられない自分です。
 自分は親の為の理由も結婚にはありましたが、「それで失敗」とは考えないようにしています。自分が決断は自分の責任だからです。ただ両親・家族に祝福されて結婚できる努力を当人はするべきと。古い考えですかね?「気持ちイイから」「まあいいや」的行動の結果だとしたら、大変な結婚生活が待ってます。「我が町」の母子家庭は多いといいます。そうならないように!
 朝の配達に縁石にぶつけ「パンク」しました。イライラがこんな事になるとは、まだまだ未熟ですね!さて仕事しないと、今夜は予定が詰まっていて夜眠れないかも?月曜には仕事山積で、まあやるしかないよね>

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:06 】

2009
03/06

解職請求書?


前回の三陸道の走行写真に5拍手も頂き嬉しさで再度掲載。
 「生きる事は暗闇を迷う事だけどそれは光のある場所へ辿り着くための道」。ドラマ一節の言葉です。全ての事に通じる名言と感じました。
 高1が又自殺しました。7人のクラスメイトの名前を残して「学校はいじめはない!」という。
 若年性アルツハイマーの恐怖、色んな事を忘れてしまう、友も家族も過去全部、現実になったら?
 我が社に「佐藤美和」の名で、「解職請求代表者証明書」が届いた。選挙管理委員会委員長の公印付きである。ここまで行動に移せる「パワー・エネルギー」はどこからくるのだろう。「子供たちの未来」を心配してのこと?でも町民は又かと思うだろう、「なんで?」考える勇気を持とう。
 「東北の公共事業には小沢さんは無視できない」。らいし!10年で3億の企業献金に西松建設、その下請け企業にまで年間1000万円の献金が義務ずけされていたと言う。東北のダム・空港など150億を受注したという。その中に「企業献金」も含まれるのか?
 地球異変が続く、鳥取の日本海側で積雪による、梨の木・森林の倒木が起こっている。標高にもよるが重い雪質の性だと言う。3億1千万円の被害になる。自然に人間は勝てない!
 理不尽な事件の連鎖に注意したい!姫路城に100個の落書き。中学生が玄関で突然刺される。定額給付金詐欺が発生。1月に自殺者が2600人に及ぶ。月統計は出して居ないが今後の警鐘!
 国・企業のトップの「信頼減・モラル低下」が気になる。政治献金問題、アメリカの巨額報酬。公的資金を受けいて33億の年間報酬には驚く、流石米国合衆国規模が違う!でもおかしい「サブプライム」の低所得層の貧困と悲劇をどう?きっと何も感じていないだろう。
 「我が町」は違う所を発揮してほしい。早期支給がパフォーマンスでない事を願う!
 

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:44 】

2009
03/05

PC議会

こくちょう
2日目の議会をネツトで聞きました。
 冗談を含んだ「議員と町長」のやり取り、そんな議会に「それでいいのかなー?」と感じました。全部とは言いませんが、町会事業所の危機感という現実を判っておられるのか。議場の中の「年間所得」を聞けば町民は納得するでしょう!
 さて内容は、福祉の里から新井田に抜けるアクセス道路には興味深々で、町内をぐるりと回る時間の短縮はありがたい。だが行政サイドは子供達の安全確保と、PTAの大反対があると答え、推進は否定的で現実には町には、そんな資金がないと言う事とおもう。小学校から新井田の「細い・暗い・急な坂道」はもっと危険と感じるのは、私だけでしょうか?商工・PTAの出身のトップと職員のトップが思考する、楽しての保身とつい色メガネで見てしまいます。
 定額給付金の南三陸町の対応は迅速で、年度内支給になるとテレビ報道、県内は富谷・七ヶ宿・七ヶ浜の4つで、他は4月に入ってからです。青森西目屋・北海道西オコッペは今日から支給となります。我が家も52000円の支給を喜んで受けます。
 千葉県の「生活支援センター」の活動をテレビで紹介してました。多重債務・自殺願望・息子のDV・息子のひきこもり・税金が払えない・子供がネットで大量の買い物請求が親へなど、多種多難な問題に市の生活支援担当者が親身になり動いている姿に感動した。ある家庭への密着では、母子家庭で母親がパーキンソン病で仕事が出来なくなり、軽い障害の息子は会社が不況により解雇、妹も障害者で、山からフキを取ってきて庭に植えで、食をつないできたという。「生活保護」の制度も知らず給付も受けなかったという。現代では信じがたい家庭の存在に驚く。町民の隅々までの行政は目を見張る責任がある。頭低姿勢での行政サービスを進めてほしい。職員の自分の事のような対応に拍手。
 昨夜もジムで同級生とあったが、各々身体・家庭での問題を背負い生活している。あと何年こうして自由に動けて物がいえるのだろう・・・・・  

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:54 】

2009
03/04

交流

写真展
昨夜はオープニングセレモニーに参加した。
 人との出逢いの素晴らしさを実感し、従業員の家に篭もってばかりの彼も引っ張り出し、勉強と称し多くの人達との「輪」を体験させた。実を言うと自分が一番有意義な時を過ごしたと思う。「人に強要してはいけない」「個性は自分だけが持ってるかけがえのないものなんだから」。と叱られた。人は変わっていくもので、自分にない物を吸収しながら生きていくべき!の考えなんだけど、言葉不足・説明下手の、悲しい自分の性格・知性である。でも楽しい会でした、是非納会も!写真展へどうぞ。
 こくちょうが飛来してますとの情報が2件、初めは友達からでしが珍しくないよと、次の日も今朝も津谷川に2羽の黒鳥とテレビで放映していました。オーストラリアから渡ってくるという。珍鳥なのかー?
 民主小沢党首の金庫番第一秘書が「逮捕!」政界に激震である。西松建設から手の込んだ政治資金流れだった。2つの政治団体から西松社員を絡めての献金で、個人献金だけど会社から別名目で社員に還流させていた。金丸議員の流れがあり二男が西松社長?の娘と結婚し、側近だった小沢党首との関係と根は深い。腐れ縁である。あーー、これで政界どうなるのか?自民にもその繋がりがあるので沈黙している。検察は第一秘書を事情聴取中で「自殺」の可能性を考えた行動という。
 なんか暗い話ばかりですが、給付金が「西目屋村?」で今月9日より支給される。1595人に2546万円の額になるという。町でもその支給の準備に入り「入札」が自社にもあったが、特製品なので時間が間に合わず棄権する結果となった。行政も急遽の段取りにキュウキュウしている。
 50の男やもめは料理が上手になる。AKくんの「ペペロンチーノ」大好評でした。
 「時効」の必要性が最近問題になっている。殺人にかんしては15年から25年に4年前に変更となったが、時効が殺人者には必要ない気がしてならない。当事者なら誰しもが感じる。
 我が社の若きホープ、昨夜の会で何か得たかなー?私はSYさんに呼び出され2次会で帰りは、駅から自転車で10時30分でした。「ふー」 もう東京モードに切り替え、山積みの仕事処理やるぞー!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:39 】

2009
03/03

今日から議会


志中からの志津川町内半分の絶景である(写真)
 荒島と海は志高からの眺めが最高で、町の学校の立地場所は「我が古里」を一望できる。小中高と段階を追って風景が大きく変わる、素晴らしい「我が町」の学校からの風景で、教育現場環境は?
 議会の「一般質問」の情報を得ました。今回は21名中?10名の議員の質問があります。出身地区の為の内容は無く、町全体に関する質問が大半で、その中でも、「新たなイベントを」「滞在型農園整備」「志津川小学校線」「障害者自立支援に遊休農地の活用を」など、興味をそそる質問が目について、是非実現に向け執行部との、活発な結果のでる議論を行ってほしい。行政財政に流されるか?
 「おくりびと」はキャリア育成だという。人生の転機がある、希望と失望から偶然と行動、先ず働いてみよう、環境がそだてる。こうした職への出会いと技術の習得と向上を重ね、独自の専門職・伝統職人が誕生していく、その一つの経過がこの映画にはあると言う。アカデミー効果で25週で一位記録。
 岡山県の総社市は「三菱自動車」の企業城下町なのだそうです。三菱自動車の購入者に10万円の補助金を市が出す。別は形での「地産地消」です。でも市民の公平性を欠く声も、確かに。
 「飯島愛お別れ会」で友達が彼女を自分の係わりのなかで、エピソードを紹介した。その大部分で「媚びない」「人を格付けしない」「人は平等」「一生懸命」に生き享年36歳である。自分スタイルを貫いたが、結果ひとり寂しく誰にも見取られず、あまりにも悲しすぎる。小泉首相時代の初めての食事会で「ジュンちゃん」は芸能界の彼女のキャラクターが成せる技で、実社会ではありえない。夢の世界。
 自分に苦境が3つ重なると「平常心」では居られない事を、昨夜発見した。3つになる前に解決しないと爆発する。自分の行動は「無口と失望」の世界にはいる、今もまだ夢うつつだ?!

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:36 】

2009
03/02

卒業


昨日の志高の卒業に引き続き、7日には「志中」の卒業です。
 志高ではPTA会長とSRさんを見かけました。中学校までが三一会の仲間の子供の卒業を控えている事と思います。希望と夢に向かい突き進む姿を、志中の登校坂の空に向かう「名も無き花の芽」に感じました。多くの苦しみや挫折にぶつかり、何度となく克服し成長していく、つまずいたら友をたよると良い、その為の普段からの人との交流の大切さを今から、実践した方がよい!
 昨夜も三一会GCのメンバー3人と「焼香」に出掛けた。実にこういう事が多くなった、85歳という偶然にも父親と同級生である。今まで多くの方々に助けられ、成長できた「お返し」の気持ち行動と自分には位置ずけている。昨夜も「みみふたぎ」の儀式で、今週は3回も飲んでしまった。
 「おもてなしの極意」を知る!さりげなく・でしゃばらない・10手前を読み・事に動く。との事でした。人との対し方全てに通じることです。
 身体障害などの福祉の郵便制度の悪用で、5億?もの詐欺事件に多くの大手家電会社の「ダイレクトメール」に利用されていた。120円が8円で郵送できた。大企業がこの低価格を不思議と思わないで発注する。競争主義と安ければ何でもイイ主義がこんな所に現れている。
 シンガポールの「マーライオン」に落雷、何処に何が起こるか解らない警鐘です。注意!3月に非正規社員が5人失業へ。給付されていない政府地域活性化の「給付金」に早くも詐欺団の魔の手が。GMの遅きに失した「電気自動車開発」、存続をかけスタート。今日のニュースから。
 事業所管理委託制度にもの申す。歌津の「平成の森」も民間の管理下となる。地元では無理という。他の管理も仙台らしいが、ここもそうなるのかなー?何名が従事から抜け、いくらの町の資金の支出が減るのか、報告して貰いたい。昨夜も「行政批判し過ぎじゃない!」と指摘されたが、疑問が多い。地方自治体の公務員は、「町の為に何ができるか。」「発展の為に何をするのかる。」職員各々が考えを胸に刻み職に当たってほしい。高給のみの私心なら早めの退職を希望する。
 また言ってしまいました!病気かなー?3月年度末3日から議会が始まる・・・・

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:34 】


TOP