FC2ブログ

ARCHIVE - 2009年02月

2009
02/14

風刺


今年はこの景色はもう無いと思い、ST君に送ります。
 サラリーマン川柳がテレビで、度々紹介されている。こんな時こそ「笑い」が必要です。
「円上げないで ドル下げないで 株上げて」 切実な気持ちが。
「妻が書く ギリチョコリストに 俺の名が」 寂しい。
「コスト下げ やる気もいっしょに 下げている」 人間の当たり前の気持ち。
「職安で 知ってる顔見た 上司だ」 今の厳しい現実。
 笑い飛ばせるのは、まだ余裕のある人達で、家庭をしょって立つ本人は日々生活に追われています。でも世情を言葉でこんな風に風刺できる人達を、羨ましく尊敬します。
 期待していた「気仙沼東陵」は春高バレーで東北に敗れる。本番となると自力の差と経験に負けた。生徒の現実の厳しさを学んだと、私は楽天思考です。
 大阪府橋本知事は今までの政府の地方自治体への、係わりと資金の交付・負担金に「意義」をぶつけている。道路・港湾・鉄道・ダムなどの国の事業には、高額な資金が係り地元はその資金の3分の1を負担しなければならない。今度「意義」を唱えたのが、新潟県知事で、新潟の新幹線の線路整備に当初の負担金が、今の諸事情により200億の負担金の増額の請求が、詳しい説明もなく伝えられたと言う。今どこの都道府県も資金不足により、知事・職員の給料カットなど厳しい遣り繰りをしている中で、この大きな負担金の増は無理で起こるのも当たり前です。国と地方の考えの差と、状況が一変している現実を「机上の計算」のみで対応しているとしか思えない!
 いい情報が入りました。自動車業界の不振で、解雇せざる終えない現状に、「救済の手」が臨時の町職員に2名採用16日に交付されるという。迅速な行政の対応に拍手!迂った心なので、国の雇用対策資金のよるのも?町のパフォーマンス?町の財政に負担が無い?などついつい今の行政には疑惑がフツフツと沸き上がる。
 私にも「住民税の督促が先月末にきた。2月28日まで納付が無ければ「しかるべき処置をとる!」財政難での行政の「脅し」とまでとる。厳しい状況の中で、4名の雇用をしている。勿論給料はあるようでない。税務課さん「10円」の電話で話すれば済むのでは?80円の郵送費は、借金苦の自治体で動かと。「小さいことからコツコツと!」。20億の町の給料支給の10%カットで2億が浮くんだけどなー。色々考えていまう毎日です。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:06 】


TOP