FC2ブログ

ARCHIVE - 2008年12月

2008
12/29


イラクからの撤退で一つの戦争が終息の方向なのに。
 ミサイル攻撃によりパレスチラ・ガザ地区で287人が死亡した。イスラエルによる一度の攻撃によるもので、オバマに変わる事による、理由があるという。やはり戦争は無くならないのか?
 町内での歳末大売り出しによる「千円札つかみどり」の幸運を掴んだ人が、2人もでた。今年の後半は不況・不幸な現実が町内にも襲いかかり、その中での小さな幸運である。「地産地消」が今後の町政を支える基礎となり、全国に発信していく形づくりをしないといけないと感じる。
 昨日お客さんとの話のなかで、50代の袖浜地区の人が、旧市場で「自殺」をしているのが見つかったという。こんな近くにいて気づかなかった!現在の今の不況のせいなのだろうか、家庭の環境・病気によるものなのだろうか?同世代の「自殺」は現状厳しさに同感するところが多分にある。介護・独身・仕事・・・・かなり内に秘めたストレス悩みで、普通では考えられない行動に走る事、他人ごとではない。
 報道で、大手製造業16社の社内保留額が「33兆6千億円」ある。そんな状況にもかかわらず「8万5千人」が10~3月の間に仕事を失うという!この本当の事実は保留額のなかには、土地・建物・機会・・・・あらゆる物が入っている。それがあるから8万以上の人を切るのか、という発言は無理がある。世界危機が終息した時、基盤を維持し又新たな雇用への、足がかりの余力がないと、同等の人間の雇用先は生まれないと思う。
 解雇された人達の財布には、お金が「27円」「85円」しかないと、報道されている。なんで今後を考え貯金とか、万が一の場合を想定し、給料の使いわけをしなかったのか、不思議である。
 仕事がみつからないから、派遣とか・非正規の期間労働者となった、自分の行動・考えを悔い改める事が第一で、政府もその支援策を先に講じない、「怠慢」が現在の状況を生んだと思う。大会社ばかり責めるのではなく、今なにをしなくてはならないか?である。
 29日きょうで仕事は終わりです。無事で年末年始を楽しみましょう!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:30 】


TOP