FC2ブログ

ARCHIVE - 2008年12月

2008
12/14


今年の言葉に「変」が選ばれました。
 恒例となった清水寺館長の選んだ、今年の一文字は「変」でした!納得できる文字です。米国大統領が初の黒人オバマに、日本では総理が3人も変わり、政策のぶらつき進行も遅いという、この金融危機への対応も他人事のように感じる。まさに変人である。それを押し出した現在の与党も変である。
 米国「ビック3」に対し上院は、救済の政府からの資金の提供に「ノー」を突きつけた。これにより関連企業も含め300万人が失業するという。私自身もいいの?と思ったが、そもそも一企業にとてつもない政府が資金を支援する事はおかしい。現在の経営者の先を見通す力、経営者の怠慢に対し米国民の血税を使うことが正しいのか?バックの労働組合の圧力が掛かったように聞く。
 「ビック3」の将来へのビジョンがあるのかと言うと、政府の資金は企業の整理に使われるという、どうせつぶれるのなら経済支援は無駄である。これにより米国経済は大混乱になるという、でもこの国はこうした変遷・変革の繰り返しで名実ともに大国となったのです。世の慣わし!
 写真は一足早い、南町の「クリスマス」です。通りののイルミと店の明かりが眩しい、元気いっぱいの地区である。自分ひとりの利己に走らず、地区で盛り上げ商店の生き残りを図っている。今一番町に必要な「結団」です。自己を消して「奉仕」の気持ちをみんなが持ったら、志津川は立ち直れるはずです。奇抜大胆な発想で「変」の良い方向に、「変革」です。
 確かに、人間も経済も総て変な事件・社会経済だった!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:41 】


TOP