FC2ブログ

ARCHIVE - 2008年09月

2008
09/21

中総体

中総体新人戦が始まりました。
 気仙沼・本吉地区の新人戦、全部の学校がひとつでも多くの勝利を求めて頑張った成果の確認でです。スポーツはやるからには勝負に勝つ事が第一の目標です。持っている力を地域から県レベルへと、押し上げてやるのが、顧問の先生の役割です。最近の教育方法には「ガッカリ!」させられています。なれ合いで生徒の機嫌取りでの練習・規律の無い時間での練習、いったいなに?今まで指導してきた歴代の先生との協力態勢は何処へやら、自分の受け止めかたが違ったのか悩みます。
 教育業界の日本国じゅうでの教育の衰退と、先生のモラルの欠如・指導の低下などが叫ばれていますが、たしかに家庭での子供たちの取り巻く環境は、厳しく移り変わってはきています。それを助け補うのが学校・校長・教頭・先生方そして両親、家庭が一番とは思っていますが。
 「我が町」でも母子家庭の数が増え続けていると、この10年ぐらい感じます。こども達だけが疲れ病んでいる結果が、不登校・引きこもり・暴力に繋がっています。それを最初に受け止めているのが先生たちなのでしょう!だからこそ子供達の状況を把握して対応し、強く育てなければいけない、それをしなくていけない時代が、「中学生」だと思い、こけをおろそかにすると、高校・大人に結果が表れます。だから大事な時なのです。もっと優秀な先生をひっぱって来て欲しい。教育委員会・町に要望します。
 こども達の将来は「我が町」将来です。もっと真剣に子供ちたの事をかんがえて!自分の感情は2の次です、そこで大切は「話合う事」です。わからないかなー先生!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:54 】


TOP