FC2ブログ

ARCHIVE - 2008年08月

2008
08/27


  第29回気仙沼・本吉地方スポーツ少年団
        種目別大会(剣道の部)
 戸倉小学校 5年 阿部穂菜美 
 小学校低学年の部優勝(戸倉剣道スポーツ少年団)
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:00 】

2008
08/27

サーチャージ

この言葉皆さんも知っていると思いますが、今はなんでもそう!
 始まりは国外の飛行機の運賃への、燃料高騰による燃料代の上乗せを「サーチャージ料」として設けられたのが最初です。その後の高騰が続きサーチジの値上げが頻繁に行われ、利用者も当たり前の感覚になり、遠くへの海外旅行を控えるようになりました。
 昨日議員の方と話す機会があり、「我が町」特有の漁民・農民への「燃料の補助」はできないのですか?と聞いたところ、「一部分への補助は不平等につながる」との答えでした。そんな物かかなーと思ってましたが。まえまえからの動きが、たしかに報道はすくなかったが、運送トラック業の人達のダイダイ的なデモ活動が東京であり報道されてました。魚・野菜を運び食卓に届けるには「私達が必要なのです!」と燃料のサーチャージ料を求めていました。
 石油の高騰は総てに影響があります。これは業種全部に必要になるものと感じ始めました!平等に上乗せできる環境をつくる必要性があると、やはり「政府」が動き方策を提案しないとダメですね。
 「我が町」の水産業に異変?今年は「わかめ」が例年の2.5倍という高値で取り引きされまいた。理由に上げられるのは、中国産の食の不安、ワカメの品不足、生産量の減少・・・などがあります。漁民は安価のため辞めたたひとが多い中、地道の「三陸産わかめ養殖」を進めてきた人が、海からの恩恵をうけました。漁業は別の意味で「水物」なのですね。私の地区でも作業場・自宅の改築・リホームのお宅があるのはそのせいかな?半面、年間契約の会社は高い原材料ワカメに頭をいためています。基本的に安全安心の食材料には経費が係っています。少々の食費への増は我慢しなくてはいけないのかもしれません。便乗値上げは絶対許せない!理由のたしかな生活経営のための最低限の値上げには理解を国民がしていかないいけない時代なのかも!?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:27 】


TOP