FC2ブログ

ARCHIVE - 2008年08月

2008
08/12

黄金郷

皆さんは「黄金郷」を知っていますか?
 これはJA志津川独自により育成品種改良されは「大輪菊」のブラントの名称です。この菊を作るまでには長い歩がありました。
 私の同級生のJA南三陸職員の阿部司くんは、勉強のためヨーロッパ(オランダ?)に花の研究のため出向いたとの話を聞いたのがもう20年以上前の事になります。もう1人これに係わった人間がいます。前々組合長の及川隆くん、彼は私より2つ下の剣道部の後輩です。数千万もの資金を掛けて大型ビニールハウスでの菊栽培の基礎を作った人間と噂でききましたが、農協ではやりての経営者でったみたいで、この実績を踏まえ組合長まで上り詰め、将来は町をしょって経つ、議員・町長という「器」のかれでした。
 そんなかれが「脳梗塞」で倒れ、現在は長男が父の意を継いで「菊栽培」に励み、毎年のように優良ギクで表彰されています。40前後の突然の死から「健康」を意識始めたのも彼によるものです。
 誰にでも分け隔てのない行動力と、町の将来を考えていた彼、惜しい人間が町から若くして他界しているように思います。(私も含め悪者は長生きするのかなー?)
 今日は5時からの「農協盆市」で感じたことです。またお墓に行った折、佐周酒店の跡地の事務所に真新しい「南三陸新聞社」の看板をみつけました。カネキさんの土地に前教育長さんの代表を務め町副議長さんの参加で、町内有力経営者たちが名を連ね(山内・佐藤・・・・・)町の噂では、「町長さんの機関紙?」との話をききますがどうでしょう?
 町は日々変動しています。「しお彩」さんの行列には毎回驚かされます。景気低迷のおり17日の日曜お昼、店の前には10人以上の行列、何故か「行政の関係者」のみなさん、ここから町の発展のヒントを探ってはどうでしょう!
 昨日役場観光課へ、そこには多くの観光パンフレットが!印刷屋の私には不思議過ぎました。こんなに印刷物があるのに我が社には一つの関わりも、影も姿もない!これが今の町の現実なのですね。自分さえ良ければ!?
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:32 】


TOP