FC2ブログ

ARCHIVE - 2008年06月

2008
06/28

考える

ここ1.2年色々と考える時間・機会がおおくなりました。
 今の社会情勢・家業の社会変化・年齢による立場など、いろんな事をしたり・考えないと、社会や経営の今後にプラスに、維持にならない!自分も会社も「淘汰」の危機感を解消できない状況に、個人経営者の現実があります。「一匹狼的」な人生から、人との交流で小さいながらも「自分スタイル」の今後の生き方を毎日模索しているのが今です!
 「半世紀」を生きぬいてきました、男子の平均寿命は79歳?ぐらいかなとは思いますが、目も耳も脳も使わないと、どんどん衰えていく一方です。身体とて50年使い続けたので、ガタも所々にでいきています。毎日の「ブログ書き込み」「週2回の運動」「会社での経営」と、まだまだ頭を使わざるおえない状況が「健康な身体」を維持しているのだと思います。体・心のゆとりと癒しも怠っていません。
 子供の事故・自殺が報道がまだ多く、先生含め学校ま体制は私は信頼しています。しかし、事件の発生については、学校側の校長・教頭・教諭の対応が、管理する立場の人間として、もっと責任を感じてほしい!こども達の体・心は1分1秒で変化しています。それを精一杯こころを行き届かせて居る中で、事故が起きたら分析し状況を包み隠さず、伝えるのがその立場の義務です。「正直に!」との指導をこども達に教えているように。起こってしまった事への「処理」が今はおかしい時代です。上部の教育機関、こどもは日本の宝です、真っ正面から向き合って下さい。
 来月からガソリンがまた上がり180円になるとの現実、地方にとっては「暫定税率の件」は地元の農産・海産の物流の足として欠かすことのできない「高速道路網の整備」なのでしょうが、高齢者医療・地域医療の充実に「一般財源化」として使った方がいいと感じます。ガソリンが高くかり自動車の使用を極力避けて、生活する方向へ地方の国民は移行いているように思います。地方分権を国は推し進めているのだから、地域にあった一般財源化したお金は「地域に沿った使用」を考えた方が有効のように思いますが、国会議員の先生どうでしょう!ゼネコンや族議員や国土交通省の官僚の為だけに税金「血税」が動いてはいませんか?
 子供・高齢者を第一に考え、大きい企業は自分でなんとかしてください。中小企業は努力して頑張りましょう。「権力者への税金の還流」は絶対ゆるしてはいけない!
 今日は頭の回転がいいから、貯まってたものを全て吐き出しました。何しようかなー今日は?
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:56 】


TOP