FC2ブログ

ARCHIVE - 2008年05月

2008
05/25

蕎麦

伊里前小の運動会は晴れてよかった!
 日曜の今日は朝から雨模様。毎年この時期の小中の運動会は雨にたたられ、順延順延が続いて学校関係者の頭を痛めさせていますが。今年は予定通り5校とも無事に開催となりました。どこにも子供たちの笑顔がいっぱい有り、ご両親の見守る眼差しがそこにはありました。
 潮干狩りも今年最後になりつつあります。今まではなかった地区での開口の形をとっている事を知りました。伊里前・寄木・泊浜など、浜の管理自然を守っている方々への、自然の恵みのように感じます。昔は海のアサリ・ふのり・まつも・つぶは海岸には豊富にあり、こどもの「磯狩り・磯遊び」は自給の食糧・おやつの調達の場所として、磯場で自然とふれあい・体力基礎の強化の場だったような気がします。今は親が学校がそういう時間を作ってあげないと、なかなかそのような所に行かなくなり、また行けない環境にあるのかもしれません。
 現在「ウツ病」の患者が10年前の2倍、77万人に達しています。それが20代30代の働き盛りの人がウツ病を発症していて、働けない・家族を養えないなど、様々な状況に追い込まれています。治療は十分な休みとクスリ等の治療で改善されます。また、自分の症状をコントロールしていく必要があるそうです。それには家族の理解協力と、自分の今の状況を早期に発見し医師に相談する勇気を持つ事だと思います。
 こどもの頃から自然と親しみ、運動を通して話せる友を作り、心穏やかな状況を自分が周りがさせる環境づくりが大事だと思います。ウツ病は「心」の病気じゃなく「頭」の病気なんだそうです。やはり早期診断と治療ですね。(自分も色々有りすぎ考え過ぎて「頭」の病に侵されてかも知れない?)
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:3 | TB:× | 10:35 】


TOP