FC2ブログ

ARCHIVE - 2008年03月

2008
03/09

出発と現実

朝からの今日のニュースに驚き。
 今朝も五時の起床でした。金曜からの新しい配達地の林からの、湾からの日の出は最高に綺麗で二つの中学校の卒業式を祝うかのような輝きをいていました!
 その反面世の中は不幸な事件・出来事を朝一番のニュースが埋め尽くしていました。
 母がこども二人を刺殺。育児ノイロウゼなのでしょうか?火事により3人が死亡、火の安全確認を怠ったから?フィリピンの妻のところへ里帰りの日本人の旦那さんが銃により射殺、治安が不安?山スキーの二人がなだれに飲み込まれ死亡、気象・山の怖さの判断ミス?またまた集団自殺、冬の閉鎖された道で6人が練炭自殺。誰が呼びかけ、理由は?夫婦二人の家庭に男性が突然押し入り刃物で二人を死傷させる。物取り、外国人の犯行?関東の高校の高校の校長57歳が教え子20歳を「脅迫」。殺すことは簡単だよとメールで送信。理解に苦しむ学校トップの行動?こんなにも朝から許せない事件が続いて報道される日も珍しい。今は政治・経済・スポーツ(サッカー・モークル)など報道されるものが沢山あるのに、朝からのこの現実は今後の日本を暗示しているかのようで、子供たちの未来が大変だよと言い聞かせているようです。
 もう一つ気になったニュースは、39歳の教員だった人の突然原因不明の難病で、発症してからなんと4年で死に至った報道がありました。彼は発症してから毎日「ブログ」に日々を綴り、それを「車イスのパパの絵日記」として出版しました。こども10歳の男の子はパパの絵日記からしっかりと父親の存在・頑張りを受け止めていて、奥さんもいいパパで良い夫だったと気丈に話す姿に、悔いなく送り出せたんだなーと確信できました。
 一度しか無い人生です、しっかりと生きて生きましょう!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:12 】


TOP