FC2ブログ

ARCHIVE - 2008年03月

2008
03/07

経営者

経営者の品格と知識。
 経営者として、社長である父に会社から引いてもらい5年目になります。自分の考え方というが仕事のしかたは、失敗して学ぶ的な考え方で仕事をしてきました。でも今は失敗は取り返しがきなかい状況下にまります。綱渡り経営が今の状況かな?余裕が無いのが現実です。若い頃のマスや失敗は責任も少なく金額も少ない、だから「若い内の失敗は経験」なのですね。
 東京の石原都知事の「新東京銀行」が今厳しい情況下にあると報道されています。「無担保無保証で中小企業への融資」を中心に考えたのは良いのですが、経営首脳陣の審査の甘さと、一般銀行の不況脱出による貸出競争がその審査の甘さを倍増させた結果、86億回収不能・貸し付け600件の破綻(1300件貸付の内)、今後も1100件132億の回収不能による400億もの都よりの出金が都議会で今問題になっています。この負担も都民の税金から支出されます。経営首脳陣の責任はどこにいったのでしょう?資金があるから出来るし、甘い経営者・責任放棄?是非再建して都民の血税を返してもらったらどうでしょう!
 このニュースのバックの映像には、印刷業の製本風景(本の作成)が流されていました。破綻の業者は印刷社ですみたいな報道でした。でも業界の現実です。毎年全国で5~10パーセントが倒産廃業しています。
 生き残る道を各業界は考えて経営にあたらないと!今を乗り越えただけでは、これからもずーと厳しい状況はクローバルな世界的流れには逆らえません。自社独自の生き方を模索しないと、今会社経営万全は時代の流れに埋没しないよう、私は頑張ります?????  !
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 06:29 】


TOP