ARCHIVE - 2008年02月

2008
02/29

安心感

私はなんて幸せなんだるう。
 明日には栗駒高原駅から新幹線で東京へ、そこから京浜東北線で神奈川大船観音の見える駅まで、叔母の一周忌です。私にはいつも遠くにいる叔母ということで、葬儀を昨年しましたがまだ実感がうすく、東京にいる気さえします。
 私に安心感は、良い仲間・親友・知人・先輩が沢山いる事と出会えた事と作って来た事です。
 そして、移り変わりはあるもののお得意さんが会社をずーとご贔屓してくれてる事です。
 そして、地元の同級生に独身者が沢山いることも、悲しいけど安心感です。
 また、従業員も入れ替わり・討論・くい違いはあるものの、わがままな自分の言う事につていきてくれてる事、本当にありがたい安心感に繋がっています。
 それと、馬鹿な息子の生活面のバックアップをしてくれる、老々介護の85歳になる両親が健在なこともその一つなのかと感じます。
 そして、なによりも身体を心配してくれる、歯科・内科・外科・薬剤師の先生がいつも近くにいてくれる事、きつい厳しい指導をしてくれてる事です。
 幸せですよね!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:27 】

2008
02/28

:健康

一か月ぶくの運動です。
 5年目ぐらいになるか週1回の運動もいまでは、一か月に一回まで自分と運動友達の多忙の為?になりました。毎週だときつさは感じないんですが、一か月もあけると辛い、太股が筋肉が悲鳴をあげています。
 運動の後は「お食事タンム」今夜は我が町一押しのすし屋さんFさんです。しゃりの大きさもねたとマッチしてそれにはたくさんの「しごと」がほどこされています。前のとうしも家庭の味、おふくろの味を好む私たちには嬉しい一品です。
 この日は私の主治医ST先生とも昨年いらいの同席してもらい「あけましておめでとうございます」の挨拶からの始まりでした!(笑い)開口一番、結果わるいよー。もうあきらめて親友は「インスリン」はじめた方がいいよ!先生もうなずくばかり、まだまだそのクスリには抵抗があり、周囲には健康の為ならなんでもしないと、といつも言ってる私ですが自分のこととなると、別!きっとここがネックになっているのでしょうね!自己管理・節制しないと、ちなみに結果は「250・12」でした。判る人しは「え!」という数字です。
 今週末に控えた神奈川への法要の準備も、仕事ともどもなんとか段取りできました。今日明日明後日の十時半までは、びっしり仕事の予定です。とにかくまちを離れたら安心ができます。
 きっうも戦いの日々です。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:33 】

2008
02/27

自然美

今日から5時30分配達開始。
 6時ともなると外はもう非常に明るく、始動を5時30分にしました。空を見上げると薄暗いブルーの空には光々とした月の輝き、毎日繰り替えされてる我が町の「自然美」です。私の仲間は夜型人間が多いから、朝のこの情景は見る事はないかな?
 町のフォトコンテストがありました。アリーナに出品作品が掲示されていましたが、我が町の見た事もない自然が作り出す一瞬の光景がその写真にありました。その写真は私が生まれた頃・前の自然・芸能・海・山・鳥の情景のままでした。町並みや景観が大きく変わっていくなかで、写真家が求めたものは自然のままの風景なのでしょう。募集内容がそうなのでしょうが。自分が見た事のない我が町発見に日曜でも出掛けてみませんか!
 ニュースで宮城県の死亡の原因の一位が「ガン」と報道されていました。早期発見で身内・親戚の何人かは命までガンにとられる事なく今も健在です。タイミングや運もあるとは思いますが、普段からのドックや精密検査等を受診することの必要性を実感します。
 今週末は神奈川に行きます。親の代役で「一周忌法要」です。厳しいやさしい叔母で会社経営・兄弟関係についてよくアドバイスや、時には強い口調で考え方の指導を受けた事いまでも鮮明に覚えています。父方・母方のおじ・おばを7人を送り出しましたが、全員をわたしは忘れたことはなく、これからも心と頭のなかで思い語り続けていきます。私の人生の師匠でもありますから(多くの事学びました)

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 06:52 】

2008
02/26

結婚

結婚生活って?
 情報誌への掲載依頼がぽつりぽつり、そのなかの依頼された中に「結婚生活の誌」を載せてもらえますか?との事、内容を聞いてみると、自分の結婚生活はこれでいいの。と訴えでした。社長との相談で家庭内のことだから掲載はダメと一言。情報誌は新聞と違うと甘く考えていました。
 私もこの年になるまで結婚感について、悩んだり・教えられたりといろいろありました。外では平然としていても、内面・内心は穏やかではなく「どろどろ」としていた現実。昔と今の結婚への考え方は大きく様変わりしています。そんか中でも「結婚」はバラ色に最初は皆が思ったはずです。別々の家庭から・男女の違いからトラブルは必ずあるはずです。お互いを理解し信頼しあい助け合いいたわり合えば、問題は起こらないのですが、自分本位がなれの中で増殖すると、「なんで?」が口論・暴力という形なって、お互いの信頼がなくなり、会話も遠のきただ家のなかでいるだけの「結婚家庭」世に言う「仮面夫婦」なのでしょうか。本当に悲惨ととか思えません。離婚した方が絶対正しい道だと思います。それを世間ていを気にし話もなしで生活し続けるのは夫婦生活の「地獄」で結婚の最悪の形です。
 私もそういう考えから「バツ一」になりました。経験者は多くを知って経験しているですね。私は自分の考えるままに決断して生きてきました。ひとりでも周りの仲間のおかげで楽しくいきられているのだとおもいます。(結婚で悩むより外にでて多くの友だちをつくり楽しい人生にしていきましょう)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:06 】

2008
02/25

海上法

連日報道されているイージス艦と漁船事故。
 昨日は我が町では「かき祭り」が志津川魚市場で、前日からの低気圧の荒れ模様のなか強風・寒さを吹き飛ばすような、多くの来場者が訪れおおいにカキの炭火焼きに舌鼓をうっていました。
 危険な漁師さんの海の仕事にも「ライフジャケットの義務」が四月から始まります。違反には6ヵ月の免許停止で、運転免許の停止は生活剥奪という厳しいものです。ジャケッテ無しの方が夏場などは仕事がしやすく、それよりも命の安全なのでしょう。 
 連日報道の衝突事故、赤・青の灯火の点灯・点滅と見張れの確認が原因で議論されています。私も2級船舶の資格ももっていて、気仙沼での大型船との遭遇の処置も経験してますので、少しはその状況がわかります。イージス艦「あたご」全長160メートル、漁船は20メートル?双方になれと油断があったようにおもいます。色の灯火は向きと状況を示し、大型船の見張りはそれで自船はどうするか、「海上法」できめられている。小さい船は大きい船との遭遇そしてこれぐらいの船の差なら、停船や回避処置をとる必要があったし、イージス艦の往来の激しい地区での自動操縦・見張り確認連絡の不徹底など、ミスが沢山重なったときに事故は起こります。生命第一・安全第一の「海の男」でも注意義務を守ることでこんな悲惨事故を未然に防ぐことができたと思います。
 船の板底一枚したは地獄といいます?危険な場所での仕事ゆえ、漁業従事者の漁価の少しの上乗せを地もと仲買さんにお願いしたい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:42 】

2008
02/24

ジャズ

ジャズバイオリニスト「寺井尚子」を知ってますか。
 このアーティストを知ることになったのは、ゴルフの先輩のSGさんからジャズを仙台のコンサートの誘いからでした。音楽は全般大好きなのですが、ジャズだけは、乗ることへの自分には不自然さがあります。その他にも「仙台上善寺ジャズフェスティバル」がありますが、誘いを受け2回ほど見にでかけました。でも楽しく「のりのり」までは達していません。
 そんなジャズとの係わりのなか、新生のジャズアーティストのCDを聞いてみてと、ジャズのCD聴取初体験!確かに今までにはない感覚でDVDだったのでその臨場感は直に伝わってきました。でもまだまだ入り込めませんでした。
 今週の深夜番組で「寺井尚子」が紹介ドキュメントでした。母からの英才教育そして本場のアメリカへと留学、帰国してからの地道なジャズのライブ活動により、少しづつジャズファンを増やしていきました。ジャズを知らない人々も寺井の新しいジャズのスタイルに魅了されていくようになりました。
 彼女の活動は小さなホールでの積極的なコンサートを開催、多くの人にジャズの楽しさを知ってもらう事に努力しています。そして彼女の理解者であった「兄」を若くして交通事故で亡くした事もその裏側にわあるような気がします。年に1度は墓前でひとりでバイオリンで聞かせる、老人ホームや障害者にも出向きミニコンサートを開く、決して利益主導ではない「寺井尚子」の活動にエールを贈りたい!
 昨今のニュースの中に「大人のひきこもり」が多くなっているとの報道がありました。なんで?現在25000人がいて30才から34才に多いという事でした。22才ぐらいから起こって病のピークが30代初めだそうです。サラリーマンの環境の変化が早く激しいのが原因とグローバルな時代の流れが作り出す「やまい」なのでしょう。
 適当・それなりに・自分本位・勝手・高収入・世間体・・・・気にしないで!なんとか人間生きられるようです。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:25 】

2008
02/23

スポ少

こども達のために。
 昨日、当町のスポーツ少年団の役員会がありました。団体の指導者の忙しい中の夜の会議ごくろうさまです。
 一つ気になった議事がありました。昨年の町としての初めての「結団式」に少年団・教室以外に保険等団体に未加入の団体(ソフトボール)が入っていたことに事務局への質問がありました。ブログという場での反論になりますが、町のこども達のスポーツをとうしての交流に未加入でも別に問題はないと思い、今後加入の方向にあれば良いとおもいました。
 引き続きの議論のなかで、もしもその場で怪我をしたらどうする?補助金の配分は?加入して直ぐに解散するという事はないのか?確かにそういう事になりかねないから、慎重さは必要という意味が飲み込めました。
 私が指導を引き受けたときは、隣り部落に指導者が居なくなる事への手助け的な考えからでした。補助金・保険などは頭に少しもなく、こども・親の手助けのみの指導者承諾でした。1.2年と継続していくうえで保険の必要性、補助金の存在を知り、こども達のために必要・用具の老朽化の整備で使った方がいい、との判断からで最初から補助金ありきではありませんでした。
 まず考えなければならないのは、「こども達がしたいスポーツの芽を摘むことなく、伸ばし可能性をみつけてやる事が周囲の大人の役目と思います」!
 わたしも中学の指導そして2つのスポ少に係わり、10年を過ぎ多くの事をこども達から学びました。そしてそのこども達がこんどはわたしの補佐・代役として少年団のあとを次いでくれるという報告を親からききました。(今までやってきた事が報われた瞬間でした)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:36 】

2008
02/22

血の気

又、周囲の人々に助けられました。
 3月へ新しく向かおうとしている、2月末いま納期におわれる昨今です。短時間・綱渡りで仕事をこなす中、知識・管理の甘さから重大なミスをおかしてしまいました。パソコン関係は温度・環境により出来上がるものか大きく変わる事を実感しました。ただ実感では済まなくお客さまの要望からかけ離れてしまうと、製品にはならない!こんな状況が昨日発生しました。
 納期と対応処理(ミス処置)の時間もなく、「血の気」が引いていく状態になりました。誰のせいでもなく管理者の知識技術管理能力の欠如ゆえの結果でした。
 迅速な精神誠意で結果と今後の相談をさせてもらいました。対応していただいた方々とは30年来のつながりで、会社の努力と頑張りに納期もない事で承諾いただきました。また周囲の人達(人間)に助けてもらいました。(ありがとうございますしか言えません)
 昨日は今ぶち当たっている障害への解決策に対応してくださる方々にお集まりいただき、その障害の打開に動きだすことができました。ボランティア的手助けと私は理解しております。
「ふみこの海」と同じように人間は誰かに支えられながら助けられながら生きているのですね。自分もたすけてあげられる人間になりたいと思います。まだ力もなく助けてもらうばかりですが!?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:18 】

2008
02/21

国際交流

町には外国人が多ーい。
 この間友人からのメールに地もとの「国際交流会」に行ってきましたとの報告がありました。志津川・歌津にも私の知人が「国際結婚」をして今家業・両親を安心させています。
 地元では企業が積極的な外国人労働者を中国研修員として採用しています。20年前はホテル・クラブで働く外国人しか見かけなかったのですが、今は小中企業が積極的に労働者として雇用しています。人手不足・経済競争に対処するための対策とは思いますが、これで会社も町経済もいいのかと考えさせられます。
 外国人雇用は採用ルートはなかなか大変と聞きますが、人件費が安く良く働いてくれると聞きます。経営者にとっては最高の戦力となっています。ただ不安に思うのは、地元の働き若手の雇用先が減少している事、企業としてコストダウンでの競争が成り立っている元は、安価な外国人労働力の元にあり、この経営体型のまま企業が継続していけるのか。私はそう思うのですが皆さんはどうでしょう。
 嫁として、労働者として我が町に来てくれてる世界の方々のお陰で、我が町の雇用・家庭の基礎となっています。「国際交流」を町民みなが温かい目・心で見守って行きましょう。
 実は私の始めは外国人の方に抵抗力があり、20年来の多くの場所での交流を通して免疫ができました。町民全員がすぐには交流は無理かもしれませんが「こんにちは」から始めてまどうですか!笑顔だけで充分です!

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:26 】

2008
02/20

パソコン

パソコンのすすめ!
 40歳の頃にパソコンの必要性にかられ、事務機会社のMMにお願いしてその当時の上級機種を購入しました。インターネット・メールなどを設定し使用できるまでは直ぐにできました。パソコンの機能に声による文字入力がありました。でも使う事はできぬまま機種も古くなってしまいました。
 あれから10年になりました。仕事の上での必需品となり現在はマックが2台ウインドーズが3台と設置しました。でもなかなか50歳でのパソコンの使いこなしは無理で、もっぱら従業員に頼っている状況です。
 パソコン用語もなかなか理解ができず悪銭苦闘しています。かたまる・フリーズ・タスク・アクセス・インストールなどこの辺は理解できるのですが。考えても名前さえ出てこない用語や使いかたが判らない事がいっぱいです。ブログを始め日課として取り組み、触ることでいろいろ知識を高めていってます。
 我が町の世帯数は約4700戸ですがその中の何件がパソコンを持ってて「インターネット」をしてるか知りたいです。町のイントラネット構想の必要性はあります。町民とネットで結ぶ、これからの高齢化社会には必ず不可欠のものです。簡単・安価・指導の三点のバックアップが必要補助としてこれから求められます。
 メール・ネットは全国・世界を一瞬のうちに結んでくれる。すばらしいパソコンの機能です、これからの子供たちに早いうちに触れさせる事が大事です。国際化の時代こどもたちは英語も覚えなくてはいけないし、大変な時代を生きぬいていかなければなりません。
 最後に子供の遊びに「カードゲーム」があります。子供交流には必要とされていますが、私は反対論者です。皆さんはどうですか?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:55 】

2008
02/19

多忙

夜中眠れない。
 今は午前2時となりの部屋からは森山直太郎の「さくら」がテレビから流れています。宮三女高で「さくら合唱」が生徒とレコーディングされたの放送されていました。三女高は宮城での全国合唱コンクールの常連で、レベルは全国の上位です。その合唱のCDに森山が感動し「合唱」したいと思い実現したそうです。一生懸命頑張った結果がこのような御褒美として返ってきたのだと思います。
 森山直太郎の学生時代の歌の歌詞に、毎日が寝る暇もないくらい追われる日々だけど、ひとつも辛くない、それは一人じゃないから!この言葉が私の今の状態かもしれない。
 いろんな出来事が自分の周りに起こります。15年前は仕事は私の肩に全てがあり、ひとり孤独の中で無理な仕事量をこなし、辛い寂しい侘びしい「環境」にありました。でも今は違います!スタッフ4人と一緒に働き、大変さを共有でき、「とつりじゃない!」ことが働くこと仕事することを楽しいものとしています。情報誌とて「ひとりだけじゃない!」新聞への折り込みの新聞社・店の断りで一作日の14号で折込中止の告知に、心配の電話をいただきこの言葉を実感しました。まだまだ継続して発行しなければと勇気をもらいました。
 ひとりじゃないんだよ!辛いとき「手を差し出す勇気」を皆さんも持ってもらいたい、きっと誰かがその手を握りかえしてくれます。人間まだまだすてたものじゃないですよ。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 02:36 】

2008
02/18

安定

仕事の体制に不安あり。
 新事業のみならず、仕事への欲や、従業員への安定した仕事の供給ゆえの受注が、一個の歯車のずれにより精神・周囲への影響大きくいま感じています。お得意先への迷惑・納期のミスは会社の命取りともいえ、それが事業所・行政の場合は会社の存続へも影響することを判ってはいたのですが、経営者の会社体制づくりに失敗があるのでしょう!
 今後への対策として、一人・二人の仕事からの離脱でも会社が「ぶれ」ない体制づくりか、消極的に自分ができる仕事のみで会社経営を考えるか、自分には二つの選択肢しか思いつかない!?
 仕事の今後の経営で社長との中で、社長の心配が自分の成長を遅らせている事を気づいてほしい。社長がいない事を前提で経営をしないと、いつまでも脱皮できない自分がはがゆく、じゃや「俺が死げばいい」みたいに話す、社長もどうかと思う、そんな会話が32.3日前ありました。言葉の少なさ故と反省しきりです。
 週初めの月曜、今週が大きい意味で、仕事をコントロールし安定納品・会社の今年を占う一周間と位置づけています。
 そんな中でも、ひとり・ふたりと予定外の欠員があります。これを調整してお得意さんに迷惑をかけない事を第一に仕事をしたい。来週の土・日は神奈川へ叔母の一周忌に父親の代理ででかけます。(行けるか不安はあり!)遺作集の完成させ叔母の残した記録を家族初め関わった人々に伝えたい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:28 】

2008
02/17

ふみこの海

なみだ・涙の上映会。
 16日土曜2時より町体育館で「ふみこの海」が上映されました。事前の試写会そして地元ライオンズクラブの推進活動により、多くの町民が集まりました。下は保育児から上は80歳過ぎの方々まで400名を越える集客をみました。
 内容は自分が感じるには、盲目の少女が幼少期を自分の背負った障害を、母の愛と回りの人々の支えで前向きに進む生き様と、出会った人の温かさ・又厳しさを知り生きていく、9歳の少女の友だちとの同じ境遇での支え合い・友情を、大切に感じ成長していくさまをリアルに新潟の自然の厳しさを同一視させ、昭和の時代背景を親子愛・人間愛で描き、その大切さをいまの子供たち、親たちに再認識させる映画と感じました。
 私の率いる剣道スポーツ少年団の「親子上映会」と称し13名と鑑賞しました。我が団は2.3.4年の低学年が主体で「ふみこの海」はちょっと難しかったかもしれません。でも親たちはなみだ・涙の上映会でした。
 テレビ報道をひとつ、日本ゴルフの父「中村寅吉」が92歳で老衰のためなくなりました。65歳でエイジシュート・158センチでカナダオープン(健在の世界マッチプレー)団体個人優勝と日本のゴルフの基礎をつくった人です。中村の言葉に「人をごまかすことは、自分をごまかすことだ。」「前に進めば、必ず帰ってくる。」この二つはゴルフに対する言葉ですが、人間の生き方にも通じているとわたしは感じます。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:37 】

2008
02/16

対話

昨日の多忙で精神パニックなりそう!
 従業員の2人の離脱により、この時期にとって体・頭もいたい。急遽のお客さんの製品納品要請、忘れてましたが五時半からの新聞配達・ブログ更新、その後の情報誌の印刷、そのクレーム処理、冊子の製本、東京の仕事のまとめの指示、2時からの講演かいには30分遅れの参加、10分前に退席、納品へ入谷へ原稿取りに、途中先輩が情報誌の件で心配の電話対応、帰ってから明日の指示を従業員に指示、東京への冊子の校正見本仕上げ発送、夕方に講演会の親睦会のお誘いの電話対応、夕方国民金融公庫への書類のFAX送信、これが私の午前5時から午後6時までの行動です。もちろん昼食はなしでした。
 6時の晩飯の1時間の父親との会話はいい勉強になりました。人間としてどう生きるべきか?どういう気持ちで人と接するか?どういうふうに歳を重ねていくべきか?いまの回りの人達の行動や言動に対する、親父・自分の考え方、対処方法や助言の仕方など、対人関係のあり方などを有意義な時間を過ごせた。「いつまでもあるとおもうな親と金」皆さんも是非じっくり親と話す時間を持ってください。若い頃は対人関係でよく悩んでいたのですが、先生がこんな身近にいるんですね。
 もう一つ昨日ありました、部屋でソファーに座った瞬間携帯音が、誘いの電話です何回が断っていたので、いかないとの思い出でかけ、「真鱈」の潮煮を御馳走になりました。10日の寒ダラ祭りの「鱈汁」も最高に美味しかったけど、初めての昆布と塩のみの「塩煮」は新鮮さが物をいい感動でした。
 私の行動力と体力は物凄いものを感じませんか?これが私のエネルギー源です。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:01 】

2008
02/15

人生色々

昨日は色々あって書く事がいっぱい!
 一作日の事故死した55歳の男性、同級生の旦那さんだそうです。多かれ少なかれ妹さん・働き先に関係して、本当ショッキンクな事故でした。今年に入り二人入谷地区で同級生の旦那なんがなくなりました。死因は病気によるものです。私達自身もこの年齢だといろんな変調が起こります、長生きしたいなら早期診察早期治療です。
 私のライフワークと位置づけた情報誌も昨日新聞店の「検疫」をうけ無事に17日最後となる新聞折込に辿り付けました。14回出せた事の安堵感と今後どんな形で「町の情報発信」していくか思案中です。
 年度末・学期末に我が社の最大のスタッフの、身内の不幸による戦力からの脱落、生きてると悪い事も重なるし何故か多忙な時期にそれが起こる、本当不思議です。そこは経営者の手腕が試されるときです。「何で自分だけに?」と考えたら経営者失格ですね。なるようにしかならないと考えたほうが楽だし、一生懸命に思案行動すれば解決します?!
 昨日最後の取材は知人が社長をしている会社への「町長訪問」でした、理解のある工事長さんの御協力により、良い仕事ができました。ありがとうございます。
 我が残されたスタッフの努力と取り組みに感謝です。
 朝の新聞配達、今日は5時半に出掛けました。信号は全部6時5分まで点滅信号で、つい油断すると「赤点滅」を一時停止を怠るときがあります。早朝は結構車が多いので油断は禁物です。
 昨日はバレンタインデーです。ぎりチョコが3個、期待はしてないけど幾つになっても嬉しいものですね。(でも糖尿の甘党の自分にはコントロールして食べないと毒ですが)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:04 】

2008
02/14

アメとムチ

米軍基地問題の岩国市のニュースでの言葉でした。
 全国の市町村で国の事業として敬遠されている、原子力処理・発電所、基地問題、焼却場・産廃問題の土地利用・提供に「交付金」が国から支払われます。よい例で宮城県の女川の原子力発電所に町が合併しなくても交付金でまちが成り立ち潤っています。行政の今の形は税源移譲により、自分の収入でやりくりしなさいが、基本になっている。行政はどうにか補助金・交付金を貰えるかを政策の一つとして考えています。
 住民の安全・自然環境の保護を「第一に!」考えて、決断する首長、そのを選挙で委ねる町民がいます。「アメとムチ」を悪意に使わず、住民主体で使ってほしいとおもいます。岩国市は米軍基地の誘致を市民が選択し、市長がかわりました。それが市民の本意かというと、生活をとるか安全をとるか?のどたらかで!生活の低迷そして格差による不安からの、やむおえない選択だったと思います。我が町もそういう選択の時期に、今がそうなのかもしれません。
 昨夜、本浜で交通事故がありました。55歳男性が運転中に「くも膜下出血」わ起こし、自販機に衝突死亡したそうです。一昨日の大雪で「大事故」は起こらなかったものの、この事故が発生しました。不意の病気ということが一番の原因でしょう。
 寒さ厳しき折柄自己をご自愛ください。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:46 】

2008
02/13

職安さんゴメン

気仙沼ハローワークさんからの紹介すみません。
 求人には男女も年齢も明記できない状況の中にいまあります。「求人均等法」によるものだとは思いますが、何回も紹介されても会社の要望にあわなければ、「申し訳ないですけど」みまいに断りをいれなければなりません。求職の方は思い切った決断をされて係り員に電話で企業に問い合わせる。「面接」まできたら断るのは本当申し訳ないです。
 会社は後継者問題に直面しています。20から30才ぐらいの「地元に骨を埋める」ぐらいの気持ちの優秀な人材を求めています。こんな小さな町会社、同じ年齢の仲間の職場もなく、給料も県下で低賃金で下から数えたほうが早い位に位置し、有望な人材はなかなかいないのは判ります。そんな中で親のために地元に残りたい、一生懸命さが感じとれる、やる気がみなぎってる、地元を活性化したいと考えてる「若い人材」いないでしょうか・?
 ばつイチの52歳の独身を助けてください。
 3代目の会社がもしかすると終わってしまうかもしれない岐路に、いまあるのかもしれません。私は今を一所懸命生き頑張り続けます。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 12:30 】

2008
02/12

なんで?

東京の都心でこんな事件?
 また無理心中が発生しました。昨日の午後4時30分都会のど真ん中での出来事です。血だられで人が倒れていたのを通行人が発見。「親父にやられた」と最後に話したとの報道がされました。強盗か事故か、あまりにも悲惨な現状だったそうです。
 日があけてからの報道では、五十代の男性社長の家族を道連れの「無理心中」でした、4年前からの会社不信で我慢に我慢を重ねた上での自分かってな結末でか。母親の介護と借金の取り立て、何の手段も尽きた故の悲劇です。
 母・妻は殺害、自分は遺書を残して自殺。その上に次男は殺害から難をのがれたものの、両手首をオノで切断、頭部陥没の重体だそうです。中2の将棋クラブで活躍していたそうです。
 最近「無理心中」が非常に多いです、世間の人々がおかしい?国も教育が関係しているし不況にメスを本腰でいれていない!これらもその一因です。この父親、残されたものが不憫で。
 あなたひとりで死になさい!あなたの考えでみなの全てを断ち切るのはやめなさい。
 あまりにも勝手すぎます。残された二人の男性の未来は?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 14:40 】

2008
02/11

救済

捨てる神あれば拾うかみあり!
 週末からの連休にかけていろいろな問題が降りかかってきました。トラブル山積です。どうしょうとあれこれ考え、一つひとつクリアしていくいつもの解決方法をとりました。その間にも自分にとって会社にとってしなければいけない行動と並行して事を行いました。
 その中での出会い・会話・出来事で凄く救われている自分を感じました!いろんな事をかたずける為に、出掛けること・人とあうことを「そんな精神状態じゃない!」と避けがちですが、けっしてそれが解決にはつながらない。そこにはなにかあるのです。最悪な状況のなかでも真面目にやってれば、多く悩まなくても解決策はストレスを貯めることなく見つかるのです。
 ただ問題・クレームに関しては、迅速な精神誠意からの相手を主体として解決方法でないといけない。工作や裏に何か、では絶対相手に自然と見抜かれていまい、二度と取り返しのつかない結果に終わる!25年の経験が物語っています(ちなみに私自身そんなことは?)
 誰かが(神)助けてくれます。それは普段から相手を思い行動する。自分本位だけではだめ、利益追求のみの考えでもいけない。誰かのためになにかする、それが知らず知らず自分に返ってくると、この歳(52才)になってやっとわかりました。
 昨日のアリーアにおける大会・講演会の会場に「南三陸フォトコンテスト」の写真が張り出されいました。南三陸町の春夏秋冬の風景がそのにはありました。この場面この風景この瞬間がカメラマンの一瞬のシャッターチャンスで、コンテストへ。すばらしい我が町の数々の風景に「心癒された時間」でした。こどもの頃(40年前)がまだまだ町には残っている事に嬉しくなりまだまだまちを全部知らない自分がわかりました。(発信・紹介に努力します)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:25 】

2008
02/10

今年2回目の本格的な雪、写真はその内にのせます。
 昨日の霙が朝6時雪シャベットとなり我が町を覆いました。今日は清水小の閉校式、さかなまち通りの「寒鱈まつり」、軽音楽会と行事が盛り沢山なのに、関係者の方々のご苦労を御察視いたします。くれぐれも事故の無いことお祈りいたします。
 昨日は生涯学習大会、さかなクンIN南三陸は大盛会でした。客席には親子連れが多くさすが「港町三陸町」、魚に対する興味は子供たちの深さは、他の地区とはまったく違うと私は感じ嬉しくなりました。この魚の名前は?のさかなクンの質問に「ハイ、ハイ、ハイ!!」と大勢のことも達の声にビックリして、会場の勢いもどんどん上がるばかりでした。まだまだ子供たちの輝き、南三陸町捨てたもんじゃないなー!と強く感じました。
 さかなクンのお世辞かもしれないけど、この町の海は綺麗で自然がいっぱいと絶賛、たくぞうカジカ博士もこの海の色はプランクトンが多いから、こんなにも「アオイ」んです。私自身も青さの訳をこの年になって初めて知りました。たしかに全世界場所によって海の色が違っていることで納得がいきました。我が町の紺碧の海の再確認です!
 会場のこども達がこれから大きくなり、町にのこり海と共に生き、町を離れこの海を全国の出会った友だちに紹介したら、「南三陸町」借金は多いけど、まだまだ!生涯学習はこども達も育てるけど町も新しく創っていける、未来の町民をつくって行く学習なんだと、大人も綺麗な気持ちをみならう必要がおりますね!?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:50 】

2008
02/09

春へ

朝焼けが早くキレイに。
 1月初めは6時だと真っ暗状態だったのが、今日の晴天の同時刻本当明るくなりました。大雄寺から水尻川の道路を河口におりて来る、志津川湾の水平線上の雲の上の太陽の光線が何とも言いようのない色合い(朱・紫・黄色のコントラストのグラデーション)で我が町を照らし出し、一日の始まりをつげます。それが毎日繰り替えされます。
 人生や社会と同じです。晴れても曇っても雨でも、太陽は同じように回っていまず。自分に障害や不幸や死が起こっても社会は何もなかったように流れ行き過ぎていく!だから人生は楽しいようで侘びしいのだとおもいます。
 私は行かされている今を、精一杯生きたい、周りに迷惑をかけないで思ったように生きたいのです。進むべき方向に壁があったら、遠回りしたり・飛び越えたりのいろいろな方策を、周りの人々のアドバイスをうけ、できれば思うように我が人生を送りたい。
 幸運にも両親のみの生活、子供もなく誰の為に生きていかなければならない。という縛りもない、両親はまだまだ健在、幸に笑って最後をおくってやりたいだけです。今考える自分の事を抜きにした、考えですけど。
 そういいつつ、この連休は行事がいっぱいあるから忙しくなりそう。飲み会も「ちらっと」と計画しています。ただ仕事の予定がなかなかたたないのが現状、おおきなトラブルが今後ないことを望みます。
 「さくら咲く」いろんな面でこの言葉が嬉しい季節に加速しています!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:07 】

2008
02/08

出会い

有意義な時間を昨日は過ごしました。
 町の今後を語れる方々が来社してくれたり、電話で町の動きをしる事ができました。ご意見・ご心配ありがとうごさいます。また、友人からのメールで「サクラ咲く」の報告が届き、この時期の出来事、おめでとうございます。
 年度末・我が社事情の大忙しの毎日です。9日は町の生涯学習の大きな大会・表彰式があり、引き続きテレビのお馴染みの「さかなクン」が来日、講演会がアリーナであります。10日の地元の清水小の「閉校式」が体育館で行われるなど、行事がめじろうしです。もう一つ、「寒鱈まつり」もおさかな通り商店街であり、取材に走り廻らなければなりません。
 こんなにも町のこどもの事を考え、ことを起こしたことで自慢することなく「良かった!」と笑顔で話してくれた。Sさんありがとうございました。自分への見返りももとめず。町民のために何かできればとの行動力みならわなくてはなりません!
 自分は会社のため、それは私利なのかもしれませんね?会社から離れないとボランティア・町民のためだなんて、書いたり・話したりしている自分が恥ずかしくなってきました。両方の中間をできればいいのかなと、昨日のお二人の会話の中から感じました。周りに助けられている自分が「声を大に人の為」なんて言えないんだと方向転換です。
 できる事から一歩づつ楽しみながら、するべき事をしていけば見ている周りが判断してくれることですね。城洋新聞の洋さんの情報を町民の方に伝える事を、自分スタイルで今後に発信出来ればと継続してやっていきます。ボランティアになってるかは皆さんに判断してもらう事とします。よい一日に!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:18 】

2008
02/07

一歩一歩

今後の我が道に大事件発生!
 新聞と情報誌は違うものと理解していたのですが、私の地域情報誌は新聞と同類と判断され、それによる配布の手段が絶たれるかもしれません?町民の方々への情報の発信、地元商店・企業の広告の場として計画・新聞折込として皆さんに伝えてきたのですが、自分の考えの甘さに根元があると反省しています。
 せっかく喜ばれ助かりますという要望に、なんとか継続できる方策を考えていきたいとおもいます。ご理解頂いてる多くの方に指導・協力をお願いしたいと思います。また広告掲載協力の方々には今までのご理解に感謝申しあげます。価格的に厳しい状況にはなりますが、よろしくおねがいします。
 まだまだ新聞社・新聞店さんのご指導、もとご理解頂き継続配布をお願いしたいとおもいます。今後は地域情報誌の整体・内容もご指導のもと変えていき、町民の皆さんに地元の情報を伝えたいと考えてます。
 2008年から自分のライフワークと位置づけ、今年がスタートしたのですが今年の方向を転換しなくてはいけなくなりました。また、我が道の模索を始めなくてはいけなくなりそうです!なにもしない方が楽なのですが、政府のいろいろな規制緩和が良いか悪いかはわからないけど、新事業にあたってはいろいろと障害もある事も感じました。逆に新しいことへの大きな力が働いているようにも感じます。ライブドアや金利のグレー部分を使う金融機関など、これにより株価の高騰もありましたIT事業の拡大も繋がったはずです。また銀行の貸し渋りにより中小企業の運転・事業資金に高利を納得しての融資も、現実どこも融資してくれない中で助かっている。との専門家の分析もあります。
 まあ、どうでもいいんですかね!(黙って見過ごせない性格は辛い)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:43 】

2008
02/06

天狗の鼻

大変な一日になりました。
 新事業がダメになりそうです!情報誌の発行に黄色信号が灯そうとしています。世間の壁は厚く大きく、そして冷たい!家業の事の知識不足なのでしょう。
 自社のホームページを「一新」しました。情報誌の発行に振り回され、2ヵ月ほど変更なしに前のままで掲載していました。今後は月に4回を目標に変えていきたいと思います。お楽しみに。志津川の自然・情報が満載です。
 この間は入谷出身の女性の方が「故郷の情報見て、涙がでました、ありがとうという電話をもらいました。かってではありますが在京の方々の名簿をお借りして「情報誌」を発想してました。入谷小学校の新築のカラーの写真に喜んでもらい、町の変化の驚き懐かしんでくれました。この事だけで、やっててよかった、もう少し続ける勇気と力をもらいました。
 情報誌も新聞の形がいろいろ規制にひっかかり、別の手段を考えなければなりません。簡単に新事業はできないですね。町民の方々の地元の身近な情報発信だったんだけど、やっぱり世間はボランティアには無関心ですね!
 ブログで友だちの大切さを書いたつもりがあまり奥底まで入りすぎ大変傷付けてしまいました。自分が「天狗に」知らず知らず「人を傷付けていました!」一番やってはいけない「ブログ」のルールをおかしてしまいました。
 本当ごめん。自戒の念でいっぱいです。仕事も自分も今日はもう一度見つめなおしてみます。(明日はどんな自分でいられるか、不安です!)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 18:00 】

2008
02/06

今がチャンス

町長企業視察。
 日本の食料自給率が37パーセントだそうです。それに比べアメリカ・オーストラリアは100パーセントを超え、ドイツ・フランスもかつては50~60パーセントが今は食料自給率の自国化を目指し90パーセントを超えるまでに改革しました。それに比べわが国はどうでしょう?!
数年も前から自給率のことが問題になり何の方策もとらず、37パーセントまでに落ち込み国家間の事件発生で外国からものが入ってこなくなったら都会は大混乱でしょうね!中国のギョウザに農薬問題、コープ・スーパーの売上が4割ダウンとの報道があります。当地方にはそんな影響はなく、ギョウザ食べなくても生活できますからね。
 企業視察は食料関係会社が3社、電気関連会社か2社のようです。我が町は自然環境では全国一と私は自負しています。夏は適度に暖かく、冬はそれほど寒くない。東北の太平洋側に位置し高速道路も近くまで通っています。漁業・農業のグランドも広く豊富な自然環境の中にあります。
 我が町の食料自給・消費状況を是非知りたくなりました。行政の長が地場の産業の視察だけではなく、小さいまだ「芽」のような食品会社に手助けをして、「食料自給率100パーセントの町」なんていう、全国発信はどうでしょう!観光だけに集中しての町のアピールはどの市町村も同じで、いろんな分野で発信していってほしいと感じます。
 昨夜の地域ニュースで「松島で温泉発掘」の報道がありました。松島初だそうです。その初発掘の初温泉に入ってたのが松島観光協会会長、とこかで見た顔と思ったら志津川在住の佐藤久一郎さんでした。
 まだまだ知らない事がいっぱいあります。昨日のブログまた書けませんでした。日記のつもりですが、仙台・クレーム処理・仕事と朝から晩まで・・・・・でした。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:30 】

2008
02/04

親友

高校卒業いてから初めての親友。
 最終学歴の後の生活といえば、私には家業しかなかったのが現実で、とにかく仕事とギャンブル(パチンコ)の18歳から25歳ぐらいまでの何の変化も無い、一年間の繰り返しの生活を8年間過ごしていました。
 そんな時に彼と出会いました。ギャンブル三昧からいろんな同級生の出会い・語らい・飲み会がそこにはありました。変化の無い生活からの脱出です。
 私の周りには強い人間がたくさんいます。私は、その若い当時の恩を返したい。いつでも話も飲み会もしたい。自分を主張を少し減らし、はなしを聞き話をきいてもらう「素直」の気持ちになったら!そんな長く生きられないんだから。
 ゴメン、自分勝手な文章でした。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 16:38 】

2008
02/03

協働?

昨日は町の子供達の行事が二つありました。
 我が町は協働?共動?を歌いこれからの町づくりを進めようとしています。しかしながら行政も町民も心掛けてはいるかもいれないけど、きれい事のようなきがします。
 予算の関係で「資金」が無いからと商店に競争倫理を働かせ、町民の学校・地区・行事事業にたいする、繋がりとか・事業所(行政)で人を使ってやっていまうとか、地元の商店に落とすよりてっとり早く予算があるから「設備」して、町商店への流れを止めている。派遣ゃパートで人件費を浮かせるかたわら、自分たちの給料は「5%」減らしますといいながらどこからか補てんするみたいな!公務員の国民を抜きに「自分本位」な考え方に頭にきます。
 私自身行政になんでも反対じゃなく!国民の目線で国興し町おこしをしてもらいたい。一部の人達の利害だけでなく。
 昨日地元に長年地域に根ざしてきた「荒砥小学校」の閉校式がありました。少子化・教育の少数学級での学力・児童知力向上交流の観点から、地域の学校統廃合が我が町に加速の一途をたどっています。来週は「清水小学校」です。全国的な流れなのでしょうがないのですが、この地区は全国的にも早く、その原因として町から人が流失している事がいちばんで、行政の手だてもない?しない?知恵がない?町民の努力が薄い?わたしを初め!ただ行政職員の結婚率は高い!生活の安定感によりゴールイン?(職場結婚も多い?)最後は羨ましい公務員への愚痴になってしまいました!
 閉校の記念誌は隣町の印刷社(格安に!)で作成されました。我が業種は数年後には後継者もなく2社の淘汰があるかもしれません???不思議とそうなっても町・町民は普通に生活できて行くのです。(今週の頑張ろうーと!)皆さんにとって良い週に。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:03 】

2008
02/02

メモ

記憶力の低下のため「メモ」書き置きをする癖を付けています。
 しばらく前のメモが見つかり、ブログの為の自分の情報として書き留めておこうと思います。「マメ知識」として皆さんにも知っていてもいいかな?ということです。
 弁当部門での「イクラの醤油漬け」の作り方を友だちのSFくんのレシピから。まずサケをさばきイクラをとりだす(包丁に気をつける)取り出したら卵袋からイクラを取り出す(少々袋が残っても大丈夫)その後ポールに入れ熱湯をかけ汚れと袋の残りを取ります。漬けるベースは濃い口醤油1みりん1にキレイになったイクラを入れ「30分」で食べられます。隠し味にお酒を少々、入れすぎは禁物でほんの少々です。自噴手作りの「イクラ」が食べられます。11月末の浜値のメスのサケは2千円から3千円でした。
 次は芸能人の「島田神助」の言葉に自分生き方将来は就職は「どこに行くか判らないヤツに進む道はない!」なるぼど。
 19年の倒産件数「1万件を超える」建設業・小売り・れいさい企業などが主体。
 今年のことば「偽」いつわり、食品偽装・厚生省・・・・・・
 「ワーキンクプア」働いても働いても生活のマイナスがら脱出できない。それがいまでは高級取りである「医科・歯科医師」までおよんでいる。
 学校教育など子供教育の指導について、「指導者の愛情」ななく、そこ子の事を考えず怒りのままに叱ることが多くなってきている。それが精神的に追い込みきずつけ、人間としてのプライドをなくさせる。
 いろいろ書きました。どう思います。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:49 】

2008
02/01

起動

6時なのに車の往来がもの凄く多い!
 私の朝仕事(新聞配達)あります。先月の早朝の車の動きはまったくという程なく、走行には支障がなかったのですが。ここ1週間の車の急増には驚きました。この原因は私が思うに年度末で建設業の動きがでてきたのではかんじます。今年に始まった朝仕事の町の動きで建設業(工務店・型枠等)の現場が仙台周辺のため、地元は5・6時に乗用車に乗合い現場へ向かう車・トラックを多く見かけます。
 今我が町の建設業界はピーク時の3分の1に公共事業がなくなり、大工さんの工務店の仕事も2分の1以下まで落ち込み、町周辺には年度末にもかかわらず仕事がないのが現状です。行政・町民の地元購買意識の拡大、建設業界も多角・特殊技術の構築を考えないといけない時代になりました。理想は入札競争による受注もありますが、自治体にお願いされる体制だと強くなれるのですが。行政の仕事は自治体自体が苦しいから業者の方にしわ寄せがきている様に感じます。地元商店は自由競争原理の中で苦しんでることを知らないのかなー!どうです役場職員の方々!?
 新聞配達もやっと一か月が終わりました。後残り2ヵ月の叔母から引き継いだ責務を全うするだけです。(8時まで布団に入っていられるタイムリミットは60日です)

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 09:16 】


TOP