FC2ブログ

ARCHIVE - 2008年01月

2008
01/13

我が町

今日は最高気温2度のなか我が町の恒例行事(私に関わる)がありました。冬型の気圧配置西高東低の中「剣道の寒稽古」が下は小学校から上は高校せいまで、体育館かんに120名が集まりました。自分が主宰している少年団は先生(私)の都合で不参加でした?午前中ですが非常に寒い中での稽古です。でもこの時期が一番大切と開会の挨拶で講師の先生が話されてたとうり、大会本番の6月のスポ少・七月の中総体にこの寒さの稽古を頑張った「剣士」に結果が出てきます!
 また大阪で救急患者のたらい回しがありました。何で大阪だけなんでしょうね?やっぱり救急医療体制が整ってないからなのでしょうけど。行政はこんな報道が続いてる中なにか方策を講じないないのでしょうか。70歳の男性が胸の痛みを訴え30病院に断られ、結局最初の方にお願いいた病院に搬送され亡くなったそうです。大阪では一年間で10病院以上に断られた事例が123件あったそうです。今月の府知事選がありますが、そのような問題そして借金が5兆円あるそうです。いったいどんな政策で新しい知事はそれを解決していくのでしょうね?!
 今日の朝我が町の今が旬の「牡蠣(カキ)」のNHKの全国放送がありました。その中で生産出荷をされている遠藤さんの話に感動しました。美味しい牡蠣は「山の恵みと作り手のこだわり」が必要。水源の森での植林、我が湾には5本の川が流れ込んでいて、山からの多くの栄養分を海にもたらしている。もう一つは牡蠣を育てる環境を良くしてやる。普通は縄で吊す時に30~40個ぐらいが一塊りで、それに「手間ひまと愛情」で固まりを8個ぐらいに縄で手をかり牡蠣をのびのびと育てる。そう言う作り手の「どうすればいい牡蠣がてきるか?」わ普段から考え、思考錯誤することで他にはない「大きくてプリッとした牡蠣」が生産でき「ブランド」として他にはないものができ、付加価値をつける事で高値で取り引きされるのです。
 何でも、いつも同じ事をしていては周りにおいていかれます。町民の生き残りもそう言った「アイデア」が必要とされる時代です!!  (頭は生きてる内に使いましょう、行動も!)
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 15:35 】


TOP