FC2ブログ

ARCHIVE - 2007年12月

2007
12/09

ゆとりと現実

 昨日はブログを休んでしまった。とにかく別の事をやると計画して、やる事が多くなったせいです!
 行動としては「クラシックコンサート」の取材で写真撮影に総合体育館へ、よそう以上の観客に主催者も周りのボランチィアの人達も嬉しいと話してくれました。
 夕方からは恒例の「独身会」の忘年会を今年は戸倉の民宿を会場に心の癒しを求め、一年間のストレスの解消と、年末年始の乗り切るエネルギーを蓄えるべく、若い仲間を招き楽しい一夜を過ごしました?!私は呑むのを控えたせいか絶好調の朝を迎え、若者2人は二日酔いとの事でした。
 今日も取材と営業と仕事の段取りに、帰ってから一日費やしました。それにしても我が町には12月年末を控え行事がいっぱい!アリーナは二日続け満員御礼状態でした。
 また今日はテレビで以外な現実を耳にしました。親友の「本当大変なんだぞ!」と話してた現実をしりました。東京・神奈川の開業歯科医の厳しい状況を!この業種には「ワーキンクプア」「自己破産」と言う言葉は存在しないと恒日頃から思ってました。
 毎年歯科医は2千人づつ増えていて、現在6万8千人の歯科医がいるその数字は全国のコンビニ数が4万5千件を上回る数字には驚きでした。今年半年で東京で437件が廃業しているそうです。五人に一人は年収が800万円、開業経営の厳しさがそこにはあります。もう一つの原因は、国厚生省の保健点数制度にあるそうです。保健点数が50年代から変わっていない?卵などと同じ!価格の低さからきていて、国の財政難から「医療費の抑制」に向かっているそうです。あと保健点数のレセプトの「指導医療官」の存在もあるそうです。神奈川の医療官の理不尽な保健点数の審査で疑いをかけられ、「自殺した開業医」もあつたそうです。理不尽な審査で処罰は(5年間の保健医療停止)そこまで歯科医を追い込むのだそうです!!
 やっぱり国もおかしくなってきていますね。人間も?!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 17:20 】


TOP