ARCHIVE - 2007年12月

2007
12/31

年越し

ブログを始めて3ヵ月半になります。
 今日で今年も終わります。3月から企画した三陸弁当は新聞社の社長の急逝によって自分の生き方を考えさせられ、それは8月終わりの事でした。それと同時ごろ叔父の仙台での孤独死!75才の義叔母の将来のために、携わっていた新聞販売業に終止符を打たせ、3ヵ月の間だけその代行業をおこなう事、新事業のきっかけとなりました。
 ブログは自分の反省と従業員に冷静に考え想いを書く事により、今後の接し方・指導を冷静に考える時間をもつ事ができました。文字を書く事の大切さを痛感しました。
 また新事業を11月末から企画計画して、多くの方々との接触のきっかけを得る事ができ、自分の世界だけだったものが別の世界を見聞きする事となりました。積極的に動かないと何も世間を知らない自分でいた事の視野の狭さを痛感しています。
 年末の会社の状況が大変だった!機械の次々の異常がおこり多くメンテの経費が加算してしまった。また新事業の立ち上げで資金を投入、そして3月からの事業の失敗で自己資金を損失してしまった事。お金の面では出し入れが随分あったけと、収入の面でも売上がここ五年の下降に歯止めがかかった事、不思議と経営努力が形となって表れてきているのではないかと考えられます。
 とにかく「無駄・無理」を無くし、計画設計の元に会社経営が一番と方向性は同じ、高額の利益より借金なしの「とんとん」の収支でOK!自分の給料度返しで3代目の長期会社維持が目標です。従業員あっての会社だと来年も考え、でも一番は会社!無理を言うかも知れませんが理解してもらい、楽しい会社づくりして行きます。
(あと11時間で2007年が暮れます、「身体健護」が生活の基本ですね。明年もよろしくお願いいたします。トルーブルーハートより)
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 11:03 】

2007
12/30

おすばで

我が町を代表する年末のイベント「おすばで祭り」が29日市場で開催されました。
 あいにくの天気ですが多くの近隣の買い物客で駐車場は朝からの雨で「泥ごちゃ」状況でしたが、会場は海産会場は人並みで埋め尽くされていました。志津川名産「真たこ」は結構高いような感じがしました。目を引いていたのは「まぐろ」の一本を解体してからの「さく」うりの迫力、買い手を魅了するには最高のイベント企画場所と感じました。
 「おすばで」とは当地方の方言で「お酒のつまみ」を意味する言葉だと思います。この「おすばで祭り」と言う響きに町民・近隣客も引かれての大盛況かと!感じ、また販売店の意気込みもかなりなものです。
 この一方建設・工務店の状況は深刻です!この時期(冬期)は建物建築の適さないとは言え、町中の建築途中の所が見あたりません。この意味をベテランの建築業の社長から聞くと、2年前ごろの「耐震偽装事件」による政府の「建築規制改正法」のよる書類申請が厳しくなったせいと話してました。増築・改築などちょっとの建築にも耐震の設計が関係・影響があるといいます。疲弊している地方財政が益々落ち込む状況を、中央政府が結果的には作りだしている構造!政治不信が増していくばかりで、「格差是正」はどこにあるのでしょう?
 最近聞いた言葉に「カーシェアリング」あります。一台の車を何人かで共有する事で、負担を分散するためだそうです。人と人の間のつながりが希薄になっている時代、その解消にもなるいい考えだと思いました。生活の大変さの中にも、それを補う方法はいくらでもあるのです。「ルームシェアリング」とて現代核家族・一人暮らしが私の小さな町でも多くなっています。きょと無駄も多いと思います。生活経費の削減が今必要です考えてみてはどうでしょう!
 後今日を入れて2日、今年やり残した事はありませんか?私は従業員と友人仲間・お得意さま・バックアップ・応援してくれる方々のお陰でなんとか「事業の失敗(弁当部)」はあったものの「未来(来年)への出発」の足がかりもつくる事ができました。
 (あらゆるヒントを自分で推考してためし「ポジティブ」の生きて生きます!よろしく。)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:38 】

2007
12/28

エール

気持ちの爆発の表れと私は理解しています。
 親友からの助言や情報・記事助かります、応援ありがとう。今まで彼といろいろな会の段取り等をしてきての彼の行動には頭がさがり、その感謝の自分の行動を理解してくれ、今度は私が彼から大きな力をもらっています!SKどうもです。
 私がこんな行動的になったのは、突然の逝去により想いを遂げられなかった、彼の存在が知人・先輩からの嬉しいアドバイスと激励がありました!
 町や行政に対し常日頃からこどもり目線で、自分の考えを自分自身で発信している方からの熱い賛同の言葉ありがとうございます。彼女の発言は少し過激?でも母親としての真実のありました。そのお母さんからの「がんばってネ」の一言のエールを昨日もらいました。周りの人々は同じ事してるんだから「挨拶」にいった方がと言った、助言等をしてくれるのですが。彼のお母さんは総て見通しで、「損してないの」「無理しねでねー」と声をかけてくれます。本当に大変なのは、未だにその痛手からなかなか抜けられずにいるお母さんなのだと私は感じます。私も焦りません、お母さんさんも時間をかけて「心」癒して下さい。お孫さんのために、私は両親と町民の方々のため少しでも力となり頑張ります。
 (ちょっと大きい事をいったかな?多くの皆さんの協力の賜物です)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:25 】

2007
12/27

新聞配達

長い間の新聞配達ご苦労さまでした(叔母さまへ)
 我が家では仕事の関係で気仙沼との「新聞」との関係がありました。現社長との新聞社社長との関係、長女の叔母との関係(私も小学生当時手伝う)、そして義理の叔母との新聞への係わり、あれこれ60年以上にもなると思います。
 今度、義理の叔母を新聞からの撤退、本社への返還と、その間自分が新聞に関わること、始めは楽観的に考えてましたが、実際には大変だという事を今痛感しています。いま配達を受けもらっている方は、2時から4時!朝というか夜中の仕事にはまず驚かされました。集金は別な方の担当ですが、これも留守のために数回訪問など、今の自分の置かれている接客会社訪問とは、まるっきり別次元のものでした。2~3ヵ月とはいうもの大変な仕事(役)叔母の一時的な代役とはいえ、先がおもいやられます。
 新聞の発行の責任、人に使われる事への不信感、初めて知った体験です。前向きに考えれば勉強かなと、自分も新たにそれに類似したことを新規に今やり、来年から本格的には考えていますが、そんなに発行にあたりの責任感というものはなく、自分の身体と相談でいつでも休めるもの、みたいな状況で発行しいまます。
 ただ他社の新聞となると別で、多くの直接的な人達へ、そしてそれに関わる人達の待遇面の交渉・確保、出来なければ自分がその任にあたらなければいけない責任感のもと、係わり総てをクリアしていかなければならない。不安をいっぱい抱えてての1月1日からのスタートとなります。なるようにしかならないですよね、努力の元に!?  (少し風邪ぎみです今日は病院に薬でももらいに行こうかな)  

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:57 】

2007
12/26

勇気のブログ休み

昨日は年末最終追い込みで多忙故ブログの休みをいただきました。毎日更新することを一番の目的としていたため、それを休むことは心ぐるしいのでしたが、思い切って打ち込みをやめました!
 仕事・スポーツなど継続することを自分のスタイルとして決めていましたが、「休む!」事の勇気とゆとりも必要そして利用しないと「継続」には繋がらないと思います(甘え?)そんな柔軟な考えで人生はいいんじゃないかと!
 ちょっと前の新聞で、また「格差社会」を痛感した記事がありました。町の奨学金の利用者の急増の財源不足ために、入学一時金(50万円)の制度を廃止することが9月議会に出される。(条例改正が可決へ) 育英奨学金制度は大学・専門・各種学校を対象に月額4万4千円を貸し付け、4年大学では206万円が学費支援(無利子)されている。志津川は10年・歌津は卒業4年での返却期間という事になっている。16年に10人が18年には20人となった。そのため基金の残高が18年には700万余りになり今年度予算から2千万円を充当している。
 こんな状況のなかで、19年は22名となり、町奨学生選考委員会による交付対象者は7人にとどまった。後の入れなかった申請者はどうしているのかが心配です?判断基準もあるのでしょうがなんとかできないものでしょうか!子供達の希望の将来への手助けは、金融機関の利子・審査では無理で、金額を減額してでも多くの希望者に奨学基金をまわす事が町の未来に繋がると、こどもはいないのですが町民の皆さんどうでしょう!?
 18年度利用者は46人この時点での貸し付け総額は1億8千万円にのぼり基金は底をついてると地元紙は伝えていました。町民みんなで出せる人たちでの別基金を創ったりすることはできないでしょうか。行政職員と議員さんに良案を対策をひねり出してほしいものです。
 三身一体の行政運営、納税者の私たちもしっかり義務をはたす事もこの事に関わってきているのだと思います。未来の町の子供が町で生活できる良い環境を今から考えて行きましょう。(私も含めて)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:29 】

2007
12/24

出会い

昨夜は「良き理解者?」の先輩の方との鍋パーティーでした。
 先輩は生活(ライフ)に拘りを持っている方と訪問してすぐに感じました。一階はバーカウンターとケースには多様な日本酒から洋酒までがずらり、音楽はステレオコンポでCDはジャンルがいっぱい、建物はロクハウス調で自分の好みを各所にとりいれてました。二階は仕事部屋で空間の利用は建築家のような設計でした、やっぱり普通ではない!
 食へのこだわりも、かなりあります。奥様もいるはずなのですが、料理の準備は総て自分でセッティングする拘り、鍋のスープも昆布・鰹だしからとるという徹底か、頭が下がりやっぱり普通じゃない。
 本題に入ると、新事業に対する話での方向性で対話でした。自分は自分のスタイルが少々迂っていても変えたくないという考えです。先輩も自分がを通す人と常日頃から感じていました。平気でそのまま会社に入ってこられたら、従業員との今の形が壊されてしまう期がするのです?ここまで作り上げた形を崩されてしまうのが恐いが本音です。自分の指示以外で会社を動かされたら全体のコントロールがとれなくなると思っています。だから別事業としての展開にもって行く事が、新事業がダメになっても影響を無くするため方策だと考えています。
 「どげんせにゃいかん!」が今の会社への想いから、長崎県知事と同じ会社も県もいまは同じと考えとにかくやらなければいけないのです。  (自分なりに!)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:41 】

2007
12/23

生活習慣

 生活スタイルが会社事情により大変化です。
 今月中から仕事のため毎日5時起きが続きました。ここ4.5日は1時・2時と生活時間の大幅な変化の中での生活です。昨日はかなりの時間のなさ訳ゆえ習慣としていた「ブログ」をする事ができなかった。それだけが悔やまれます、この時間が自分を振り返る唯一の時間なのですから!
 新しい出会いがありました、新しい事業での接点でした、親父の同級生で私の同級生の伯父で、その方は町営住宅に住んでいました。人とのつながりを大切にしたい、出会いも多くしたい、自分の方向性としては最大の収穫です。
 何とか今年も会社としては乗り越えられそうです。ただ新事業は年末年始が多忙な時期でもあり、初めての取り組みなので何が起こるか不安です。ただ乗りだした船投げ出すこともできない、真実の対応する事が「出来ない事」への最大のお詫びと考えています。ただ最善の努力は最低限の私にかせられた使命と考え、行動したいと思う私の生き方です。
 今日は歌津に行きます。新事業を理解してくれている方との「意見交換」と考えます。ただ自分主導でないといけないという前提のもとです。さの後は同級生(親友?)の家にゆきます。いろんな話がでますが、今の生活習慣のために九時まえには帰らないと。
 とにかく風邪をひかないよう、多忙の中での最善の注意を計り生活していかないと、今の私の生活体系は維持できないです。おかげさまで母親にこんな元気な身体に生んでくれた事感謝でいっぱいです。   (今日もどんな一日になるかドキドキです?)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:50 】

2007
12/21

忍耐

 ライフは生活ですよね。今日も頑張ってます、やるしかないでしょう!
 今日は一時半起床です。まずは新聞配達助手です、この時期は氷点下で道路は濡れていて、2時半だと少し凍っていて何度となく転びそうになりました(七転び八起き)。
 五時いまは今日の段取りで午前中のスタッフを時間で上手に使う案を考えています。午前は機械の搬入、そして引っ越しの手伝い、7時半には学校への配達(今日の終業式)、新聞印刷・仕上げまでが午前中のノルマかな!
 午後は今取り組んでる仕事の最終的な構想のしぼり込み。三時はお客さまとの打合せ。あと年末のもろもろの段取りをかたずけなければなりません。
 週休2日で年末の連休は、いまの私には痛い!でも乗り越えないと、楽しいお正月が迎えられません。とにかく、ひとつひとつ、一歩一歩ミスで足踏みしないよう、最善の注意力を払って事にあきります。
 忘れてましたが、今夜は友人との忘年会です。可愛い友人の奥様と二人の娘たちに囲まれてのビール最高です。今夜はこれで心を癒します。そして明日も配達?があるかも。
 ブログわ書いてると自分が冷静になれる、忙しいけどこういう時間は一日の中に必要と最近おおいに感じてます。      (あがいても・なるようにしかならない)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:53 】

2007
12/20

人間と会社

 今日は精神的にボロボロです。
 何かをやろうとすると、大きい波が襲ってきて、悪い方・悪い方に向かっていく!不思議?これに負けないよう動くと、どこかに影響がくる。身体・精神に。今落ちついてブロク゛を打ち込んでいると、冷静に物事が考えられる事が不思議。
 今日の自分はとにかく、「いやな人間」になっていました。相手の気持ちを理解するゆとりもなく、一番だめな、「相手にいやな気持ちをもたせてしまっている」会社を考えるが故の行動なのに、相手を思いやることが頭の何処にもない精神状態!
 今日は病気です!
 早くたちなおらないと、でも明日朝に想定もいなかった出来事をクリアしかいといけない!
 自分一人で解決しないといけない。
 人はこんな時に「自殺」なんて考えるのかな?
 自殺は最大の悪であり結果です。
 自分にはありえない?! 
 ただ明日もどんな災いが襲ってくるかも?
 なるようにしかならない。          (雨の日は雨の中を!)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 18:59 】

2007
12/19

自己嫌悪

 昨日は後輩の友人の誘いで「九州カレー試食会」でした。
 この日はブリンターの不具合の整備で少しは長持ち?するよう2度の整備を行いました。通常は5年間の機械生命ですので、修理費の16万は納得が行く物と痛感しました。従業員はやっぱり会社の都合・経営者の計画どうり動いてくれないこともここ2・3日で痛感しかした。経営運営手腕がとわれます。
 後輩の彼は人が喜んでくれるのが大好き?出費も段取りもひとりでやって研げる、優れものです。この日のメンバーも10人程度、いつもの仲間ではあるものの、こういて寒い12月の多忙期になかなか集まってはくれない、いまが盛りのメンバーです。これも彼の人望が故のことかとおもいます。
 肥後牛のヒレステーキは絶品で、朝どりのカキの焼きガキも、そして彼の米との九州カレーには皆が大絶賛でした。御馳走さまでした!
 残すところ後12日です。仕事もあと2・3割で終了、今年のご用納めとなります。無事に乗り越えられる事を祈り今日も頑張ります。  (昨夜の快眠が今日の活力源ー6時間ー)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:19 】

2007
12/18

地球環境

 月曜の一時に目覚めなにげなくテレビを見てたら「海の海産資源の減少」について番組「ガイヤの夜明け」が放送していました。前にも見入る内容の出来事を報道していて勉強になるなー!と思っていた番組です。
 「食品偽造」が世間で沢山発生している中に、海産鮮魚に世界的にお墨付きをつけるという機関がイギリスのロンドンにあるという、「MSC」といい魚にエコマーク(海のエコラベル)を国際的に認証、そういう委員会だそうです。世界的(ヨーロッパ・中国・アメリカ)に魚食への健康思考がましていく現在、「すしブーム」による魚の消費が1.5倍に達しています。
 今から50年前後は魚はいくら獲っても売れる時代、人口増加とともに消費が拡大そして今、乱獲により10分の1の漁獲に激減して、世界中の有名な漁港・漁場が消えていってます。そんな状況を生産者・販売者・消費者が一体となり考えていかないと、子供達に食べさせる魚がなくなります。
 「MSC」の資格を取るために日本の漁場・町が動き始めています。真鶴のずわいがに、標津町のさけ・・と、網の目を大きくして小さい物を取らない(枯渇防止)、資源確保の循環育成の方法の確立、等々資源を長期的に維持する努力ゃ啓蒙をしていく方向に今向いています。多く取って安く売ればいい考えは、資源の枯渇に最後はなると思います。漁獲量を維持や資源の再生・拡大を考えていかないと、漁業はなくなります。岩手県の広田漁協の「倒産」こんな現実がとなり町にも現れてきています。
 町民参加の資源環境づくりをある瀬戸内海の漁協は行っています。アマモ(海草)は「海のゆりかご」と言われています。この海にアマモの人口的移植(200株)を始めたそうです。町民(消費者)と一緒に少しづつですが事をおこす事が大切です。我が町でも「磯やけ」が問題になっていますが、漁協・漁民だけでなく町民から台所排水を考えてみてはどうでしょう!
 私たちの地球自然環境を守ることを、もっと考えていきましょう。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:26 】

2007
12/17

ストレス

 私は知らないうちに「ストレス」を持つことを忘れていました!
 いま思い返せば、弟が会社から去ったあとからが、大きなストレスをため込まなくなりました。従業員の出入りの中でもストレスを感じましたが、今ではその対処処理方法を見つけ出し持つ事はなくなりました。やつぱり一番は社長(親父)の存在でしょう!?それが「ストレス」か何かも感じなかった。ただ毎日考えることなく仕事に没頭して、一つはギャンブルにのめり込むことで、忘れていたか感じなかったのでしょう。
 身体への精神的な心の動揺は「ストレス」として、自分をいろんな方向に向かせてしまう、恐ろしい状態です。何も考えないで生きれる人には生まれなく、頭で考えすぎる人に多く見られる症状と思います。気が小さく臆病で物事を深く詮索してしまう自分には、この病気(ストレス)が入りこみやすいと思う。小さいころから人間関係ではずいぶん悩みストレスにでも子供だから当時はわからなかった。でも今は子供も「登校拒否」「暴力」など・・がその症状で低年齢化していると思います。
 人に話すことでいくらかは解消でき、それが食だと「過食症」に心だと「対人恐怖症」とかいろいろな病気の元となります。悪化しないうちにコントロールしましょう。
 いまお客さん二人と対応していて、ブログの続きがいくら考えても思い出せず「いらいら」ストレス発生です?美味しい物食べて解消しよおと。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 18:47 】

2007
12/16

家族

 祖母みつゑに思い出せる事をブログに記しておこうと思います。
 とにかく上品でおしゃれな祖母でした、きものでいること事が多くそれは古い人間なのだからでしょう。一番記憶に残っているのは、小学生の頃の夏休みの課題の図画の制作で、庭の盆栽の写生に困っていたとき、祖母の絵心に初めてふれ、その才能にびっくり!そして自分の美術の才能のなさをその頃から痛感しました。わが家庭は叔父・叔母のなかにも美術の才能に優れている者が何人かいますが、受け継がれたものだと前から感じていました。
 我が家とて「嫁、舅問題」がありました。叔母は若くして家業から離れ、そのため母にその苦労がいきました。こどもながらに「いびり」を見てすごく感じました。でも私たち子供にはいつも優しい眼差しを向けてくれました。料理も上手で母まかせであまりしなかったのですが、良く珍しいものを「おやつ」に作ってくれました。「こずかい」も家庭・会社的には厳しい時代、普通10円位でした当時、そんな時代でもドンと1000円、気前の良さも一品でした。どんどん歳をとり先のなさを祖母が感じてて、「私が死んだらお前にお金残すから!」が最後の口癖だったとおもいます。病院でやせ細っていく祖母の目はすごく優しく、手を握るとその細った手で「ぎゅと」握った手をなかなかはなしてはくれませんでした。
 私の身近な死は祖母でした。たしかにいろんな嫌な事も多くありましたが、現在から考えるとまだまだ若く(70前後?)長く生かしてやりたかったー。出棺しか覚えてないけど、あまりはなさなかった父ともども涙のなかで、私自身もこんなに涙した事は初めてと記憶している。
 私は独身で、自分の子供に祖父母の優しさや、いる事の良さを教えることができないのが残念です。身近でからんでいる子供たちには、祖父母をもってる良さ今教えてます。
 核家族化が進み、父母と子供だけの家庭が多く、祖父母とも行き来をしない現状がいま我が町にも多く見受けられます。祖父母と接することでの得る事は、「優しさ!」が必要・何たるかを自然に行動から、身につけさせてくれている事がてきる存在のような気がします。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:42 】

2007
12/15

出会い

 いま4時30分、私の生活のスタートです。けっして歳をとったせいでは有りません。昨夜また新しい人との出会いがありました。50歳からは落ちついた生活をしようと考えていたのですが!激動の平成20年を迎えようとしています。現在はその予兆でしょうか?
 年に数回ぐらい顔を見にたちよる所があります。父のような母のような心配ごとや助言・愚痴をきいてくれます。他人なのに素直に話せる場所なのかもしれません!
 出会いは高校時代のクラスメイトの両親です。高校時代は自分はシャイで集団活動への交わりが苦手で、その彼との交流はまったくなかった。彼が卒業して結婚してから自然と付き合うことができました。「彼女紹介するからな!」と言葉をのこして彼は突然の「死」を迎えてしまった。その死を受け入れることができず、その亡骸を小さな窓から彼の顔を見て確認しました。その当時彼は仕事で悩んでいたのか?現実は彼にしかわからないけど、傷の間から「やすらいだ顔」わ見てほっとしました。その顔を今でも鮮明に覚えています。地元を離れてこまり悩んでいる仲間がいたら、無責任かもしれないけど「帰ってこい!」が口癖です。
 そんな彼のお母さんすごく元気!「力を分けてもらってます」。無口なお父さんとは「いっぱい話をしたい」。友人との替わりにとは考えていません。俺がここまで頑張れて生きていられるのも彼のお陰かもしれません!そんな彼の心優しさを、今度は自分が多くの人に返さなければと言う使命感さえ彼からもらいました。「そういう奴」その両親です。人生の先輩として、もっといろんな話をしたいと思います。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:09 】

2007
12/14

多忙

 昨日またブログを書けなかった(ごめんなさい) 自分のライフワークのひとつに組み入れたのですが、新しい事業の準備でしなければいけない事が、次から次と用事が増えていっています。とにかく「身体の健康」あっての私生活・家庭(ひとりでの両親との安定生活)が成り立つわけですから!
 学期末で仕事がかさんでる事、以外とこの時期我が町には行事がいっぱいある事、等々でここ一週間の生活は4時前後の起床に始まり、少しの時間の食事以外は仕事漬けの7時ので働くという一週間になっています。従業員の仕事の指示、このところのパソコン系の不具合がそれに拍車をかけています。土日の時間の「気持ちの鎮静」は欠かせません。
 身体の安定のためには「無理」は大敵!会場からのエスケープ大変失礼で申し訳ありません先生!また忘年会の席上からの無言での退席、場がしらけてしまう?との配慮のつもりですが、大変すみませんでした。「明日のため!」ご理解の上お許し下さい。
 今日もどんな一日になるか、大変さより最近は「どきどき感」をたのしんでいます。多くの方々との出会いや新しい情報・考え・知恵を吸収することができています。生きてる事の実感をおおいに感じる毎日です。だから疲労を感じず行動ができてる「充実感」から来ているのでしょう!でも健康第一には頭の片隅にはいつも置いています。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:29 】

2007
12/12

活性化

 2回目の議会の傍聴にいきました。
 前回は前の会期で人に進められて議場に初めて入りました。新聞記者が3人の傍聴人2人私を入れて3人で、町民はこんなにも清治に無関心で、応援している地区民も選出した議員さんの活躍を確認する事も必要かと思いますが?また町行政・議員さんは「なんであいつが来たんだ」的な眼差しをしてるし、なかなか来させない雰囲気を感じました。
 今回は新田生教育長の議員からの質問の応対を見にでかけました。まだ本格的な議員さんとのやりとりは聞けませんでしたが。「精神誠意」頑張ってるように感じました。教育長は私の弟の仲人であり、剣道の指導者であり、父親にとっては詩吟の先生そして弟のような気も田でいるはずな人です。でもこういう立場になったからには、平等な視線で互いに町民に視線で接して行きたいとおもいます。
 平成19年第8回定例会「一般質問通告書」を議場で拝見し活発な討論を期待してでかけました。11時に入場して、業務経過報告をしてのそれについて2議員のやりとりがあまりにも「ことばじり」の解釈問題のやりとりを延々、執行部・議員からも苦笑がでるくらい、そんな議会なんだな?と感じました。もっと商店の活性化、税収の低下を行政も議員も把握しているのなら、入湯税とていろいろな理由があるでしょうが、大きい会社からの税の回収を行うべきと考えられるのですが!町の疲弊を止めるには「斬新かつ新鮮で早急政策の設定」が必要と感じます。小さくても生き残っている町の会社はそう言う行動を取っているから今があるように思います。
 まるで自分の会社のように考えてしまいます。そして議員みたい?!(一個人の考えです、あしからず)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:24 】

2007
12/11

一週間

 我が町そして周辺地域の一周間のニュースについて「火曜日」にブログします!
 先ず周辺地域の大型スーパー「ハマダ」が3日に破産申し立てを店頭に告知。本吉・階上の閉店からそんなに間をおかず、倒産(負債総額36億)。最高期には35億の売上、今年2月期には20億まで落ち込んでの破綻でした。地域でも銀行・商店からの借入・支払の未払いの影響は今後大きくでてきます。
 2番目に町の施設がまた指定管理者制度のもと、民間の委託の方向です。ベイサイドアリーナ・平成の森・衛生センターが21年から順次に進められる方向です。職員の削減も23年4月1日までに21人(1億5800万円削減)を目標です。今町の借金(地方債)約170億あるそうです。今になって税収が望めないから、借金があるからとか、言われても真面目に納税している町民は不安ばかりだと思います。新斎場も制度により3年4ヵ月で3800万円の削減になるそうです。町に生活の向上は望め無い気がします。
 3番目は農協職員有志が行っている地域貢献倶楽部「あきべェ」の活動が目にとまりました。新井田川の悪化している河川を自分たちの手作りの装置を設置して、河川浄化しようという試みは大変素晴らしい事と感じました。(町の創出事業から)
 あと気仙沼線が30周年を迎えました!おめでとうございます。一日も長い存続を祈願します。人口減少で状況は厳しいでしょうけど!?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:59 】

2007
12/10

 蓮沼の整骨の先生ありがとうございました。
 新たな新事業へのご理解、そして多くの方々から愛され親しまれる情報新聞を、町民の皆様に届けられますよう努力してまいります。
 事実「二足のわらじ」の大変さ、失敗のリスクを持ちながらのスタートです。その心配を打ち消すには、多くの協力者の「小さな力」をお借りしないと、自分自身がたおれてしまうかもしれません。目標は一日でもながく続けることです。
 今朝も3時からの「タウン誌情報紙」の製作にあたったせいか、ブログが支離滅裂です。
 誤字脱字が沢山かるかも?
 情報誌でも友人から「ミス」をしてきされました。多くの気遣いのもと頑張ります。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 16:49 】

2007
12/09

ゆとりと現実

 昨日はブログを休んでしまった。とにかく別の事をやると計画して、やる事が多くなったせいです!
 行動としては「クラシックコンサート」の取材で写真撮影に総合体育館へ、よそう以上の観客に主催者も周りのボランチィアの人達も嬉しいと話してくれました。
 夕方からは恒例の「独身会」の忘年会を今年は戸倉の民宿を会場に心の癒しを求め、一年間のストレスの解消と、年末年始の乗り切るエネルギーを蓄えるべく、若い仲間を招き楽しい一夜を過ごしました?!私は呑むのを控えたせいか絶好調の朝を迎え、若者2人は二日酔いとの事でした。
 今日も取材と営業と仕事の段取りに、帰ってから一日費やしました。それにしても我が町には12月年末を控え行事がいっぱい!アリーナは二日続け満員御礼状態でした。
 また今日はテレビで以外な現実を耳にしました。親友の「本当大変なんだぞ!」と話してた現実をしりました。東京・神奈川の開業歯科医の厳しい状況を!この業種には「ワーキンクプア」「自己破産」と言う言葉は存在しないと恒日頃から思ってました。
 毎年歯科医は2千人づつ増えていて、現在6万8千人の歯科医がいるその数字は全国のコンビニ数が4万5千件を上回る数字には驚きでした。今年半年で東京で437件が廃業しているそうです。五人に一人は年収が800万円、開業経営の厳しさがそこにはあります。もう一つの原因は、国厚生省の保健点数制度にあるそうです。保健点数が50年代から変わっていない?卵などと同じ!価格の低さからきていて、国の財政難から「医療費の抑制」に向かっているそうです。あと保健点数のレセプトの「指導医療官」の存在もあるそうです。神奈川の医療官の理不尽な保健点数の審査で疑いをかけられ、「自殺した開業医」もあつたそうです。理不尽な審査で処罰は(5年間の保健医療停止)そこまで歯科医を追い込むのだそうです!!
 やっぱり国もおかしくなってきていますね。人間も?!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 17:20 】

2007
12/07

疲れた2

昨日は今後のことの打合せ2時間、自分はビールも一緒で。
 昨日のNHKテレビで「ワーキンクプア」働いても働いても生活がどんどん苦しくなって行く姿・状況のドキュメントをしてました。
 我が社も例外では無く、従業員の社会保険・厚生年金を掛けるのは到底無理で、自分(経営者)の給料にもことかくしだいです。やっぱりワーキングプアですね。
 厚生省は雇用される方の味方は解りますけど、地方の疲弊している状況を理解しているのでしょうか?  (桝添大臣)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 18:07 】

2007
12/06

なにくそ!

 なんでそんなに頑張れるの?仕事が楽しいからなのです。
 今日で3日目の4時起き5時の仕事スタートです。夜は8時前後には布団に入り5時間は爆睡状態です。昨夜は先輩の友達から電話コールの連発、着信音では目覚める訳もなく、朝携帯見たら電話3件留守電1件メールは一件、その他にもいろいろ携帯画面にはありました。昼間も電話3件留守電1件メール1件、着信音もバイブも気づかないぐらい、仕事とお客さんに追われました。     (嬉しい悲鳴ですね!)
 お昼にかけて仙台へ、2時間半で用事をすませ帰るという、安全運転でしたか?   (まあまあ大丈夫だったかな?)
 嬉しい御馳走を頂きました。後輩の友人からは取り立ての「アイナメ」を活魚でもらい今晩の食卓へ、魚のさばきは私が責任をもっておこないました。今の「アイナメ」は産卵期で卵と白子が入ってました。産卵してからでも美味しくいただけるのだから、今後の漁量を増やすためにも、禁漁期を設定してもいいかな。  (一時期でもそういう考え必要?)
 今から仕事の打合せ。   (また飲みますビール)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 17:39 】

2007
12/05

疲れ

ここ二日間朝4時からの仕事開始で、夕方6時までがっちり仕事漬けです。日中もお昼30分休憩以外は頭・体とも気を抜けない12月年末の状況です。
 ブロクを打ち公開にいろんな人に見て聞いてもらえるという快感を感じ苦労と思わなかったのですが。体が悲鳴をおげる気持ちが「疲れた疲れた」と心に言わせてます。このまま無理すると脳梗塞・心筋梗塞そして死去という道なのかもしれません。
 自分に正直にこれくらいで頭使うのを止めます!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 18:38 】

2007
12/04

叔母さん

 おばさん大丈夫?私の父の弟の奥さんです。
 別居していた叔父が8月に仙台で「孤独死」遠くから見守り続けていた、義理の叔母も身体をこわしベットの近い一人住まい、そんな叔母の仕事の新聞仲介の仕事を取り上げてしまった私です。
 この仕事は父からー長女の叔母にーから現在の義理の叔母という変遷があります。本社の方へは長い間ご迷惑をおかけし、なんとか叔母を説得し、その仕事を本社に返す段取りをつけました。
 私の父は人から何かを言われることと、人に迷惑をかける事を常日頃から嫌う人間でした。大正12年生まれ84歳、長年気にかけていた問題が解決の方向に進み、きって肩の荷がおりた事でしょう。
 叔母の息子2人は関東に生活圏があり、なかなか帰れないのが現実です。叔父が亡くなった時に、次男は母にもうなにもしなくてもいいからと、言い含めたそうです。いつまでも本社に迷惑をかけることを気にしていた叔母、私が本社も叔母の生活も含め良い方向に導いてやれればと考えています。   (きっとまだまだ障害はあるでしょうけど?)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 17:35 】

2007
12/03

出会い

 今日は仕事の関係で初対面の多くの方々と話す機会に恵まれました。
 前前前JA組合長との話は本当に有意義でした!糖尿病と共生して40年、私が乗り越えられない「インスリン注射」との付き合いを実践されていて、病気を理解して長い間の付き合いで、目で見える部分・見えない部分を把握され病気と付き合っている。やっぱり自分で病気を知り自分で管理することの大切さを教えてもらいました。
 また、5年前ぐらいになる「戸倉地区のゴミ処理場問題」に関しての町全体の賛否の状況と今となっての現実を教えてもらいました。当時は私の係わりの関係と考え方は、町へ工事会社から工事推進派に多額の現金が流れた?とか。処理場から発生するダイオキシンの自然界(水産・漁業)への被害影響で、絶対反対の方向に私もいたのは事実です。でも話によると漁協は反対・農協は賛成だったそうです。
 もし今「ゴミ処理場」が稼働してたら、交付金・税収・雇用増進等々町の経済問題はだいぶ解消かれていたでしょう!?との説明に私自身納得させられました。たとホテル観洋との志津川湾との関係にはビックリさせられました。まだまだ私の知らない我が町状況があるという事を。
これまで町を築き上げてきた、方々に町への提言の必要性を強く感じました。町・議会・町長に遠慮なく物申せる方々の、厳しい時代を生きぬいてこられた考えを取り入れることが、今の我が町の厳しい時代を乗り越えるきっかけになるような気がします。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 19:07 】

2007
12/02

結婚式

 昨日の結婚式は町の名士の娘さんのお祝いの席で250名の出席者がありました。東京で結婚式・地元で披露宴と今を象徴している形のお披露目でした。
 招待者は議会議員・町課長がほぼ全員の参加、商工関係の社長・町医療界、など我が町の中で経済を動かし担ってる方々が総動員された結婚式でした。私が案内をもらった結婚式では出席メンバーは過去最高という気がします。
 会場の南三陸ホテル観洋は当日、日帰り客700名、泊客800名と聞きました。そして結婚式250名と多くがホテルを訪れ、町の宣伝・地元商店(ホテル協力店・年会費有)の販売の元を担っています。
 引き出物は地元商店よりの物をご利用されていて、山清さんマルニ山内さん佐長酒店さん佐良スタジオさん等々の地元商店の利用があり、町の大きな原動力となっています。
 我が町出身の方々に、地元への応援の仕方は様々ありますが、まず帰郷する事から「町おこし」そして同級生・友達と触れ合い話し合うことで「人づくり」だと思います。議員さん「町をどうしたらイイか?」多くの方々の出席の機会に情報収集に議員同士・偉い人々にお酌するよりめったに会う機会のない方々からの情報収集の良い機会ではないでしょうか。私には一人だけでした!(言いたい事いっぱいあったのに残念)

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:35 】

2007
12/01

多忙

月末・年末という事と、お客さまの「納期短縮の注文」のニーズにより昨日は多忙を極めました。
 また今月でスポーツ少年団の指導終了という事で、最後の練習に望みました。体育館の気温は外気と同じ2・3度だと思います。武道という事で胴着のみで、私の50才を過ぎた身体にはきつく、まだ修行がなっていませんね!
 いまから結婚式です。12月に入り初めの土曜日、正午の式ですが一日会社を空ける状況は対応にまずさを感じます。午後から従業員にお願いはしたのですが、突然の不幸でキャンセルになりました。
 両親は12年生まれで84才になり、いまは「老〃介護」でお互い助け合いながら会社から離れ生きています。私も結婚して妻がいたら、どんなにか助け合え、状況を打開できたでしょう。若いからまだ・一人でもいきられる・なかなか相手が・はずかしい、「歳をとり一人になるとわかります」。寂しさ・大変さが!そんな状況下で精神的に悲観し、ウツになったり、もうどうでもいいと自殺を考えたりするのです。我が平和な町でも年に数人に「自ら死を選択」しているのが今の現実です。
 私は12月は沢山のリラクゼイションできる行事がいっぱいです。多くの「仲間」達との、反省会・忘年会・飲み会・慰労会・忘年会・忘年会、等々で平常心になれる時間を自分で作っています。楽しい年の瀬を過ごしましょう。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:16 】


TOP