FC2ブログ

ARCHIVE - 2007年09月

2007
09/30

国民健康保険

 国民健康保険を払えない国民が昨年48万世帯に達したそうです!払えないという事はお医者さんにかかったら全額自己負担になります。今私は3割・両親は老人医療なので1割だったと思います。健康保険の年間掛け金は世帯で30万前後だったかな?
 たしかに地元は賃金のダウンにより掛け金は大変だと思います。けっして払えない額ではないけど、社会の急激な変化について行けてないのが現状です。リストラ・賃金カット・会社倒産、ギリギリでやってきて突然の会社状況についていけるはずもありません。
 行政からの容赦の無い督促・徴収、最後には家屋・土地・山の競売までちらつかせ、一家自殺までに追い込むギリギリまでにあります。地元の知人からもそれに近い話を耳にします。決してそれが他人ごとで無いことも肌で感じます!
 地方自治体一つひとつが企業、政治は生活と言います。なんとかそれを回避できる施策はないのでしょうか?町長さん・議員さん・町職員の皆さん!今こそ英知の結集を発揮する時です!
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 15:54 】

2007
09/30

記念樹

 入谷小学校の新校舎が十月末の完成を目指し、工事が給ピッチで進んでいます。
 そんな中入小校庭には珍しい木がある事を人づてに耳にしました。旧校舎裏グラウンドの入り口に位置して、何気ない木なのですが!名称は「メタセコイヤ」といい、化石として発見され絶滅した種とされ「生きた化石」と呼ばれ、「昭和天皇が愛した木」として書籍でも紹介されています。同種とされる木は中国に現存し、国と皇室が挿し木と種子を譲り受け、東京・埼玉など全国各地で植えられている。その木が入小に40~50年「記念樹」のように在校生・卒業生を見守ってくれてたとおもいます。
 それが今度新築落成・グランドの拡大の為に伐採される方向に動いているそうです。志津川小にも柳の木・一本松は現在も母校の思いでの木として残っています。そのような木がある事を町職員もきっと知らなかったから「じゃまだから切る」判断なんだと思います。入谷区民・地元町議の方々の「昭和天皇の愛した木」の今後を見守ります!
入谷小学校の木

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 15:30 】


TOP