CATEGORY - 未分類

2018
04/27

「シロウオ」食べたい!


トキオの山口氏、「強制ワイセツ」で書類送検となった。ワイドショーの賑わいで政治の混乱が陰に隠れた。
アルコール依存症と有名芸能人の独身生活がある。一か月間も肝機能の悪化の治療で入院し、退院の日に家で焼酎を一本飲んで、高校生への誘いの電話での不祥事、これをアルコール依存で無いと誰が言えるだろうか。自分への甘さと、自分の周囲への気使いのなさは、まさに病気と言う事である。
そんな人が芸能界に多くなった気がする。ゆとり世代が社会の甘さの中でそのままに大人になっているようだ。

私も「アルコールは怖い!」「二日酔いは苦しい!」との思いが酒にはあり、酒の飲み過ぎで死にかけたし、大問題になり自分の一生を終わりにする。一歩手前まで行った事もあった。たまたま大事に至らなかった。我が人生、もっと大切に生きて欲しい。高校生といっても行動に気を付け、親の厳しい監視も必要と思っている。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:04 】

2018
04/26

食は健康の元、決まった時間に3回とる!

180424_122211.jpg
一昨日お昼の特製「カルボナーラ」で、100円のレトルトソースで、メインは三浦半島の春キャベツを入れた。その他にウインナー3本100円、コーン30円、パスタは50円で、私のお気に入りの一品です。今日はこれでも予算を使い過ぎの合計金額です。

「三浦半島の旅」をテレビで放送していた。そこには「キャベツ畑」が広がり、この地区は「半農半漁」の住民が多いと言う。ここにも「海の駅」のマリーナがあり、海の幸の宝庫で、遊漁船や自分の釣りの為のクルーザも多いと聴く。南三陸町の歌津にも「海の駅構想」で、歌津地区に新たな賑わいを作れないかと考える
180422_185422.jpg

昨日は気仙沼市の老舗のホテル「望洋」が、破産申請をしたと言う。震災時には復興工事で来た社員の塾舎として、観光支援のボランティアの一時宿泊の場として、多くの人達に利用され、津波の被害を逃れ営業を続けていた。
震災から8年目を迎え、来町者の減少の陰りを見せていた。昨年の3月には営業休止し今後の準備をしていたが、昨日に破産を決めた報道となった。
売り上げがピーク時の10分の1となり、1億円の売り上げにまで減少し、7億円」の負債で破産の手続きに入った。気仙沼市にはまだ多くのホテルがあり、来客の宿泊に支障はないが、これが震災を受けた自治体の今後の姿に見えてくる。
南三陸町には「南三陸ホテル観洋」があるが、今のままでは将来の継続に不安を持つ。町と大型ホテルが助け合う事が望ましいが、町の対応は少し違うようだ。町の商店も町の支援もさることながら、大型ホテルがある事で、町に多くの観光客を迎えられることの、恩恵を受けている事を忘れてはいないだろうか。
町はインバウンドと言い、外国観光客受け入れを声高にいうが、ホテルの英語・中国語・ブランス語など観光客の対応できる、ホテルの来客対応の体制無くして、町の「観光立町」はならない気がする。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:55 】

2018
04/25

一部の政治家よ「鉄人衣笠」に学べ


クローバーの群生に「こんな花が?」。たしか「白」の花だったと思いますが。30kの精米に行ったご褒美かな?

そんな被災地の生活の中で、また悲しい出来事が突如やってきた。
一週間前、広島・衣笠さんの解説の野球をテレビで見ていて、解説の衣笠さんの言葉が聴き取れず、その時に「変だな?」と思った。あれから昨日の「広島・衣笠突然の訃報」を知った。鉄人も結腸ガンに倒れた。やっぱり広島・衣笠さんは、鉄人でその解説も説得力があった。
そんな人が居る中で、国会議員の不祥事はいつまで続くのか。子供達の将来は、いじめ問題や低所得の子育て世代の問題に、救済への取り組みもないまま、これからの日本は本当に大丈夫だろうか。 

「最後まで前向きに。」、こんな彼の姿に「こう生きたい!」と感じる。まだ、71歳の彼は私と9歳違いだった。
現在起こっている一部の政治家・官僚の不祥事がある。今度は林文部科学大臣が、世間で言う「キャバクラヨガ」に通う所を、週刊誌のキャッチされていた。1時間1万1千円で定期的に、身体の維持の為に来ていると言う。あの納得のいくシュベリ方に、この政治家は悪い所が見当たらなかったが、こんな影の部分があった。あの体形がありヨガはたしかにいいだろうが、AV女優・グラビアアイドルの「キャバクラヨガ」は、今の行動としてはあり得ない。
こんな国政の異常事態に「危機管理(コンプライアンス)」の欠如が、今の国会議員の一部にある気がする。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:11 】

2018
04/24

伊里前市街地の変貌


南三陸町の歌津地区で、5月13日に「シロウオ祭り」が開催され、シロウオの「踊り食い」が無料だと言う。昨日の「オーばんです」でサンオーレから紹介されていた。マルエー社長さん御夫婦・中野電気の奥さんが、美味しいシロウオ料理を紹介していた。
一番は「シラウオのお吸い物」で、踊り食い・天ぷら・卵とじと、行きたくなるような料理だった。今も既にシラウオが大量に獲れている。今度、歌津に行ったらサンオーレ歌津に寄ってみたい。
津波で被災した「歌津大橋」、残った部分を利用し伊里前川を渡り45号に接続する。こんな工事が今進んでいる。国道45号の道路の嵩上げ工事の下準備「う回路」の整備だろう。ここも以前の伊里前地区の風景は何処にもなく、高台に歌津湾を見下ろす「伊里前小学校」と、天皇陛下が海に向かい御頭を下げた場所の記念碑が、歌津地区の商店街を見おろす。

CIMG7415.jpg
津波に消えた伯父さん、「僕の名前」を残してくれた

津波は多くの家族と思い出を消し去った。娘夫婦と孫二人を無くした御爺さんを「オーばんです」のムネさんが話しを聴きに行った。大川小学校の保存の活動に参加した事は無いと言う。「何か孫たちにできないか。」と、今は学校の周辺に「桜」を植えていると言う。70代の祖父は孫たちと暮らした「大川地区」のジオラマで、楽しかった事を思いだしていた。
私の地区志津川市街地は、何も昔の景色を再現しようとはしていなく、学生の活動支援は「町の復興」と「行政支援」で、町民の心の穴を埋める活動は、私の周辺には見られない。寂しい限りです。

今日のツイッターに、「私の名前はおじいちゃんが付けてくれた」とのつぶやきに、何か温かい物を感じた。この子には「海は怖いもの」との気持ちが少しでも無くなる事を願っている。

5月27日に歌津で「第4回カレイ釣り大会」が開催される。震災前に友達だった小野篤実に誘われ参加した事を思い出す。豊潤の海な抱かれた「歌津の海」、多くの人達にこの海と親しんでいただきたい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:20 】

2018
04/23

私の来し方


私の一人よがりなのか? 町は何も変わろうとしない、復興と言う名の推進力で、7年で町は大きく様変わりを続けている。

土曜日に千葉家の菩提寺「大雄寺」に行く。母の三回忌と、叔母の十三回忌・祖母の二十七回忌・千葉家代々供養を、7月16日(海の日)にしたいとお願いしてきた。海の近くの小さな家から始まった我が人生、千葉家の家督の役目としては、最良の日取りで供養をできる。
180421_150156.jpg
父と二人の生活の中で、父には事を起こす時に関して、必ず伝え報告をしている。最大の理解者である。来年は二人の「あんみょう」をなんても考えている。生きている内に「やりたい」「やるべきことを」をしたい。
結婚の失敗と子供を持てなかった事が、その最大の理由だ。独身を貫く男女の末路がここにある事を、婚活する事無く一人で暮らす人たちに解って欲しい。

180422_153008.jpg
昨日も父とのボケ防止の「将棋会」、第8・9局を。午後の3時から30分、会話と二人の時間を持った。30連勝は確実と思っていた。
父には「こうだと詰まりだよ!」と教えながら進めているが、9局目は1手違いで負けた。こんな指し手まで先を読めなかった。気の緩みから「悔しい!」。父はまだまだ知能もしっかりして、リハビリに将棋は適しているようだ。
180422_155120.jpg

そうは言いつつも20日の病院予約日を一日間違えていた。金曜の午後4時過ぎに父の様子を、「明日病院だから」と言う。今日は金曜だよと伝える。「薬が無くなる!」と話すので、病院に電話して、今からでもイイですか、と聴いてみたらと話す。午後4時過ぎに「病院に直ぐに来て下さい」と言われ、送って行き6時過ぎに帰った。こんな事件は日々あるものの、年は隠せない老化による痴呆と理解している。

こんな日々が毎日のように我が家には起こっている。困惑もするが日々の生活を私は楽しんでいる。高校から家業を支え今に至っている。もう良いだろう。



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:36 】


TOP