FC2ブログ

CATEGORY - 未分類

2018
08/19

ふるさとの匂いが好き


登米市に移住した家族が居る。小さい時から母と子供達を知っている。
登米市を家族の安住の地と決め、幸せな生活を新しい家族と頑張っていた。

津波は怖いし、見る事も思い出すのも「嫌だ」と言う。
南三陸には先祖代々の墓地が今もあると話す。私が先祖の墓を守る事とは別に、墓地に行くと子供の時かに感じた「潮風」が忘れられなく、津波で流された家のあった場所ながら、楽しい良き思い出も多く、絶対忘れる事も、捨て去る事も決して出ないと語る。

まだ二十歳を過ぎたばかりの女性の言葉は、私の心にもある故郷の良さなのだろう。決っして町を離れた南三陸町の住民も、心の片隅にそんな想いを抱いているのだろう。

DVC00232.jpg
長野県原村の友からのお裾分け、素晴らしいトウモロコシありがとうございます。旅サラダに出ていました。やっぱり生でも食べられるのですね。糖度「22」には驚きです。
原村の小林さんとの交流で、南三陸町の志津川マダコのお返しが、原村のブランド生トウモロコシでした。県内でも村田町に、生でも食べられるトウモロコシが村田の道の駅で紹介されていました。親戚から頂いたが、やはり美味しかった。



スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:10 】

2018
08/18

今年の高校野球はプロより面白い

秋田の金足農業高校の吉田投手の、思いの込もった投球にチームが一丸となり、ミラクルが起こっている。剛腕でバッターが手も足も出ない訳でも無く、球数を考え完投を目指す。「ピッチャーは自分しかいない」と言った内容は、投球数「100球まで」の世間の議論をよそに、9回を投げ抜く力のバランスで昨日の試合まで来た。決して吉田投手の力だけでない、金足農高の農業の全員の粘り強い力が発揮されている。高校野球には他の高投手もいるが、総てに近い有名投手が完投をしたいと話す。
昨日は10時半に客が来ていて、金足農は2対0と劣性の中で、4対2となり、金足農も3回戦で終わり、「良く頑張った!」と感動している中で、夕方のニュースで9回の表に連打で、最後はスリーランを仲間が打ってくれた。まさにドラマチックな試合だった。信じられない結果だった。9回裏を仲間の頑張りに答え、三者連続三振と躍動した田中投手、今日の準々決勝が楽しみだ。

180815_143203.jpg

南咋陸町のお盆も静かに終わりを告げた。今年は知人二人の親の初盆に15日に行った。庭先には初盆の亡くなられた家族が帰るとあり、高い杉の木に提灯をぶら下げ、「自宅はここだよ!」告げていた。
今日も知人のお母様が亡くなられた。父と詩吟・川柳といっしょに趣味を楽しんだ。震災後の生活の大変の中で、息子さんも家を新築し、3年前に終の棲家に入られた。父は「病院で会っていたのに、何で?」と、友人の死を受け入れないでいる。
他にも初盆の方が3・4人いるが、家への焼香はしない。これまでは今の立場で繋がりの薄い所へも焼香に行った。もう、こうした行動はやめにした。

180817_234048.jpg
日本剣道連盟お前もか? 金銭の授受で昇段審査に便宜を図っていたと言う。居合道の八段や称号取得に、一部の人間が係っていた。
八知段の取得に7人の審査員に「100万円」を払い、範士取得に師匠に「200万円」を払ったと言う、しかし、この受験者たちは合格しなかった。
この問題は「650万円」を支払った受験者が、合格しなかった事から告発をした。私も20年前に三段の昇段試験の受験料は、5万~7万円だったと記憶する。県の剣道連盟も剣道愛好者の減少で財政的にも大変と聴いている。3段でも合格にならないと半分ぐらい帰ってくる。

女性の惨殺事件が続いている。背中に包丁が刺さったままで山に投棄、カバンに遺棄され池に沈められた女性、また、切断された女性も発見されている。
一人は男女のもつれか? 男性が不明となっている。一人の女性の事件に、20代・40代の二人が逮捕された。女性が一人で暮らすには怖い日本の治安状況だ。警察の犯人を署内からの逃亡には、あり得ない警察署内の施設の不祥事が発覚した。そして、地区内に不安を拡大させた、こくな事件が起こっている。

平和ボケだろうか? もっと自分に厳しく、職務に精励の気持ちが欠けている。そんな中で天皇陛下の御言葉は、国民の幸せ・発展を願っていた。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:01 】

2018
08/17

全線なんか 台風19号直進


全国で危険な豪雨が発生している。一部とはいかず、新たな東北地方、長野周辺・北陸、西日本豪雨のあった広島・九州にも、更なる豪雨をもたらしている。
今日の南三陸町は晴天! しかし、風が強く「ビュービュー」と外は音を発てている。サンオーレの海水浴場も20日までながら、秋風のような涼しさを感じる。週末は天気が良いが少し寒すぎと思う。週末となった夏休み、事故の無い事を願うばかりだ。
3日前の異常な猛暑から、一揆に肌寒い朝となった。台風・豪雨と異常なまでの気象配置の日本ながら、南三陸町には被害もなく、穏やかな日々が続いている。生活するには最高の場所です。第二の人生の場、終の棲家にどうぞ! 土地も住宅も沢山あります。

「西の明石・東の南三陸町志津川」の名の元に、今年はマダコの30倍にもなる水揚げだった。しかし、今の時期の「水ダコ」が3割しか獲れなく、これから年末のイベントの目玉商品のタコが、高騰となる事を心配する。獲れたり獲れなかったりよりも、普通が一番いい。

180816_174614.jpg
昨日は初めての「ミョウガ」を収穫した。今年は驚きの野菜6種の収穫となった。野菜の宝庫となった、「猫の額」のような我が菜園だが、残るは「にら」だけながら無理のようだ。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:35 】

2018
08/16

最後の戦没者慰霊祭


来年の4月30日までのとなった天皇皇后陛下の立場での、最後の戦没者慰霊式典の御言葉に「敬し」があった。決して平和の大切さを忘れる事無く、過去の戦争での国民の死を悼まれた。
102歳のおばあさんは、「戦争は嫌い!」 と目頭を押さえ話す姿が印象的だった。

180815_060909.jpg
昨日は朝の収穫から行動で、多くの野菜が育っていた。ナスの成長が遅いと思っていたが、最近の晴天に「収穫籠」に収まりきれない程の成果だった。まだ、蜂も飛び回り受粉もあり、今後も収穫の期待が望める。今年もナスを買わずに済む。

180815_173142.jpg
東北に「線上降水帯」のような物ができている。日本海から太平洋に「停滞前線」があり、それに添うように台風が低気圧になり、高気圧の風が停滞前線に吹き付け、雨の区域が次々と発生している。東北地区のリンゴ・梨などの果物が本格収穫に入る時、大きな災害と成らない事を願いたい。東北5県の河川の水量が増加している。次の台風も日本の南に発生している。異常気象は今後も続きそうだ。
災害対策は日々の注意喚起と意識で、減災に向かえる。しかし、一番大切なのは「命」と、ヨシキちゃんを探し当てた「尾畠さん(78)」は話す。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:36 】

2018
08/15

歩道


13日の夜に仲間の集まりがあり、南三陸農協本所の下にある「コモンズ」に車で行った。帰りは友達の息子さんに載せられ自宅に帰った。
昨日の朝は、タクシー代は「もったいない!」と、志津川商工団地のローソン下から車を取りに歩いて向かった。
アリーナへ向かう交差点を渡り、歩道を歩き目的地まで向かう。歩道には夏草が生い茂り、蜘蛛の巣をかき分け、中央団地の国道の信号から「高台横断道路」を使い、歩く事45分。普段は車走行なので、今まで見えない風景を写メしながら歩いた。
180814_065855.jpg

180814_071414.jpg
この道路沿いには「小中学校」があり、現在は通学バスを運行している。今後は徒歩となると、厳しい上り下りは子供達の足では大変と感じる。町の様相は大きく変わった。昔は市街地を通り、地区の住民が子ども達に「いってらっしゃい!」と声掛けし、子供達の通学を見守っていた。今は点在する住居となって、地域の普通の交流は、まだできていない。

今年度に完成する「松原公園復旧工事」が進んでいる。名称は以前の「松原公園」からどんな名称になるのか、町民皆さんと考えたい。
朝の散歩で40分は初めての体験ながら、帰りは「4分」で自宅に車で帰った。車無くして南三陸町の生活はできないと痛感する。

180814_071123.jpg
昨夜はベッドの敷布も肌掛け・枕も汗で「ぐっしょり!」だった。ベランダに全てを7時に干した。エアコンは寒過ぎて眠れず、エアコンを止めて寝るとこんな状況で、なかなか安眠とはいかない今年の夏です。午前中は晴れながら、午後からは天気は崩れると予報は言う

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:53 】


TOP