FC2ブログ

NEW ENTRY

2019
09/17

充実した三連休


石巻の「リボンアートフェスティバル」
草間さんの水玉アートの実物
名和さんの透き通る海辺のしかの姿
被災地「石巻」の復興の形を見ながら
浜辺を巡るアート
同級生の母の実家の町は「坂の町」だった

土曜日は志津川中学校武道館に、宮城県の警察現役の「七人の侍」が来町し、志津川在住の小山教士七段と、更なる自分たちの剣の道を究めた。中学生にも指導し、剣豪の技と精神を見て学んだ。その後で入谷の一本松へ、そして夕方から志津川の八幡様の「たがい市」と言う、新たな神社起こしの企画を取材した。
日曜日は10時30分に入谷の神輿と打ち囃子の行列を撮影し、晴天の中での地区の行事の伝統を感じて来た。途中で「ツールド東北」のライダーを見つけた。大漁旗を振る家族を見つけ、南三陸町の応援の形の風景を撮影した。11時30分に八幡様の稚児行列の写真は、神輿渡御が終わり計画どおりにはいかなかった。

190915_150331.jpg
15日の午後は帰ってから菜園の収穫をした。1週間ぶりの畑は、ピーマンとなすが沢山獲れた。みょうがも花を咲かせ、見つけやすい状況となり収穫した。「大きい!」。テレビの「天国の楽園」で、ミニトマトが裂けてくるのは、熟した印と「見つけた!」とぱくり。トマトは子孫を残す為に、身が割れ種を落すと言う。我が家のトマトは引き抜き倒しておいたが、青い実が赤く熟し収穫したら「甘い!」、もったいないと収穫した。夜は8時からなす料理をした。
190916_073403.jpg

月曜は雨の日ながら、石巻に「リボンアート」を見に行った。印刷組合の同じ理事の方が中心となり、石巻の復興事業として企画され、今年が2年目となる。ここから印刷の仕事が生まれ、牡鹿地区の事業所200社以上の協力の元で、石巻市の復興を住民ぐるみでの開催である。一部の人達が潤う事よりも、市民皆が賑わう事を計画した。アートの奥深さを実感してきた。



スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:46 】

2019
09/16

9月15日の南三陸町


ツールド東北、入谷八幡神社の秋大祭を写真に収め、良い写真が撮れました。
上山八幡宮の稚児行列は、残念ながら撮影できず。
志津川商店街でのコーラス隊と、飲食店の行列が撮れました。

IMG_1399.jpg
南三陸町志津川の八幡様で
互いに寄り添い「たがい市」が初めて開催
沢山の家族連れが出店を楽しんだ
コーラスありの楽しい秋季大祭でした

IMG_1441.jpg
大漁旗を振るのが南三陸町の応援のしかた
商工団地前の交差点に母と子供
多くのライダーが笑顔で
南三陸路を滑走していた
「走行マナー」も車優先で
地域への気遣いを忘れない

IMG_1563.jpg
復興期間が残り1年半となり、被災した住民の町づくりに関しては時間の経過はあるものの、生活の環境の安定を達成する事ができました。
経済に関しても、商店街の整備、観光施設の充実、三陸道の延伸により、2017年2018年と連続して、来町者の144万人を達成しました。佐藤仁町長の町づくりは着々と前に進んでいるようです。今後は祈念公園整備と共に、観光客の拡大は復興の段階をふみ、観光客と交流人口は一定期間は拡大を続けると思います。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:03 】

2019
09/15

志津川八幡神社「たがい市」


南三陸町志津川の「上山八幡宮」の
秋季例大祭で「はだい市」が開催された
午後6時30分からは「宵宮祭」の神楽奉納
その前に6店の出店の店から
焼き鳥・クレープ・とん汁など
腹ごしらえ 多くの人が集まった

IMG_1417.jpg

IMG_1415.jpg

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:29 】

2019
09/14

生活は厳しく将来不安が増す


災害公営住宅の入居の家賃の減額免除期間が終わり、法定月収が「15万8千円」を超える災害公営住宅世帯は、3万8000円が3倍の、9万円近くまで上昇し、夫婦は災害公営を出る事を決めた。差し引きすれば5万を超え増加する家賃は、生活の余裕や将来への貯蓄ができない状況を生み出す。仙台の方は今回の家賃増が11万円を超えた。妻のガンの治療と、内情を吐露し、今後の生活の為にアパートに入る事を模索している。
災害公営の入居者の減少は、住宅の家賃収入は元より、自治体の今後の維持費の確保も厳しい状態が発生する。人口減・高齢化など、多くの問題の中で被災地の弱小自治体の厳しさは増す。

IMG_1250.jpg
新装となった「しおかぜ楽天球場」
「楽天対巨人」の2軍戦には2700名の
ファンが球場を埋めた
帰りには志津川商店街で
選手との交流会が開催され
駐車場はいっぱいとなった
IMG_1251.jpg

昨日も交流人口の必要性を町長派述べた。来町・宿泊・インバウンドなど、その交流人口の数により経済効果があると。人口の拡大が難しい中で、他の自治体も同様の政策に取り組み、「交流人口拡大」を声高に話す。多くのメニューの事業を展開し、人口拡大を目指すがどれも「自然死」の人口減少数には及ばない。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:37 】

2019
09/13

台風15号の大被害


今週の台風15号の静岡から東京湾の上陸は、想定外の被害が発生していた。気象庁は「50年に一度の災害、命を守る行動を」と国民に発表した。
東京湾を北上した台風、翌日の報道は意外と被害は伝えられなかった。時間・日が経つにつれて神奈川・千葉周辺に甚大な被害がった。
風速50mの余りの風は、巨大な電気の鉄塔を2基なぎ倒し、房総半島への通電が切断された。今も千葉県の30万戸が停電となり不自由な生活をしている。
住宅の風被害も甚大で、住民の今後の苦悩を目にする。「どうすれば?」と。電気が無い事で水道も出ない。まさに「東日本大震災」のような状況が南房総の地区に、ライフラインの不通での混乱が今起こっている。

190912_081946.jpg
スタンドのガソリンを求める車の列、給油の自転車ポンプ、給水車への行列など、住民の不自由な生活は今日も続く。電気の「今日には」が何日も続いている。住宅再建の事を考えると大変だろう。電気の無い生活での「熱中症」で2人が亡くなった。

190912_081145.jpg
「備えあれば憂いなし」の言葉通り。対策は身を助けます。飲料水の備蓄は絶対です。ロウソクも必需品です。過去の災害から学び、供える事の大切さを学んだ欲しい。「焦らず一歩ずつ。」が、私が大災害から学んだ一つです。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:37 】


TOP