NEW ENTRY

2017
04/24

悲喜こもごもの日曜

4.24ブログ
どんなドラマが起こるのか楽しみな一日だった。登米市長選挙は「約66%」の投票率で新人の津山町の熊谷氏(新)が現職を破り、初当選した。布施氏との差は「146票」と投票率の低下も影響した。前回も津山か町ら「無競争阻止」と、今回も元県議の熊谷氏の地元の願いが叶った選挙結果で、私は複雑な心境となった。布施氏は南三陸町志津川との関係も深く、初めての立候補には友達の頼みもあり、少しの応援もしていたからだ。「庁舎建設」が争点だったと言う、10歳も若い布施氏が、10歳年上の新人の選択を登米市民は選んだ。
登米市議選は新人の二人が落選し、議員数26人が決定した。2千票・千票を越える獲得数は45000票が分散したものの、470票が最下位の票だった。我が町なら当選可能票数ながら、やはり選挙は大変だ。

石巻市長は現職亀山氏が再選され、圧勝の投票数で3人の新人を破った。栗原市は新人二人の激戦で「42票差」で新しい市長が誕生した。選挙は一票でも多く獲った方が勝つ。もう少し頑張れば活動しておけばと、反省が選挙事務所にはあるだろう。東松島市では新人三人の戦いで、一人が圧勝した。各敗戦の事務所の事を考えると「無念」の一言だろう。

IMG_3052.jpg
昨日は歌津商店街の「ハマーレ歌津」の賑わいを写真に収めようと、大混雑を覚悟して出掛けた。国道沿いの商店街は交通渋滞も無く、スムーズに流れてはいるものの、8店舗の前には多くの人の山が出来ていた。
市街地は赤土が覆い、河川の堤防も建設はまだまだだ。最後まで残っていた酒屋さんも移転をしていた。

IMG_3033.jpg
来客は町外の人達も報道の効果で来場しているようだが、津波で高台に移転した地区民や仮設から下りてくる住民も多い気がした。「笑顔」「笑い声」など、地区民の利便性を考慮した本設で来場者の拡大はあるだろう。しかし、三陸道の延伸はマイナスとならないか心配だ。
来月の歌津地区の「田束山つつじ祭り」「しろうお祭り」と、本格的な春を告げるイベントが歌津地区では目白押しだ。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:22 】

2017
04/23

宮城「涌谷神社」の桜見物


宮城県に61年暮らし初めて「涌谷城」と「桜まつり」を見て来た。30年ぶりだろうか、初めての結婚は涌谷の人だった。ここにもきっと来ていると、懐かしい若きロマンが湧き上がってくる。良い物です結婚は、しかし、別れは多くのエネルギーが喪失しました。そんな人生に悔いはありません。
CIMG0806.jpg
神社の高台の城跡からは、涌谷の市街地が広がっていた。露店や売店があり、周辺の地区からは多くの人々が「まつり」と「さくら」を愛でに集まっていた。子ども連れの家族が多く、観光客らしき人は少ないように感じた。地区民に支えられての町がここにあり、延々と続いていた。
古くから伝わる伝統や習慣に、平安な暮らしへの感謝の姿を感じる。地域の人が集まり平安を喜び合う、こんな祭りの姿が現在の我が町には無い。一日中人と話す事ない高齢者や、一歩も家を出ない災害公営住宅の住民もいると言う。地区の祭りへの理解も薄れ、人と人との繋がりも消えつつある。町の皆さんにも昔の良き時代を思い起こし、一日も早く以前の人々が支え合い生きて来た南三陸町に戻らないと、本当に以前のような旧志津川町は亡くなる。それを破壊したのは現職町長と私は思っている。
行政の震災復興計画を多くの人達に会った時に問う。「遅い」「もつと早い宅地の整備をしていたら」など、大震災で低地部の流失があったとしても、日本の力・知恵を結集する事をすれば、2年間あれば広い被災地全体も、被災地の人口移動はここまで至らない。
気仙沼市の災害公営住宅の整備事業費の総額を、入居世帯で単純に割ると「2900万円」かかったと言う。この数字には正直びっくりした。仮設住宅の整備には、基本的には一軒を「500万円」で建てるがあり、国民の生活の再建にどこまで政府が国費を使ったのか。誰の為に使ったのか。と真実がしりたい。国の成長率の拡大と、安倍政権の「三本の矢」の成功の為のように感じる。経済は止まる事は許されないが、国民ではなく政府の政策だのみを強く感じる。弱い日本国民の精神の弱体化を感じる。

CIMG0795.jpg
涌谷神社に願いを込め「家庭のもう少しの間の平安」を折りお願いした。志津川の東山公園の西宮神社には「工藤先生安らかにお眠り下さい。これまで色々と有難うございます。」と手を合わせた。先人への感謝を常に持ちたい。

これから歌津の商店街の「町開き」の写真を撮りに行く。友人の引越し前のお祝いと、同級生の家にも寄ろうと思う。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:34 】

2017
04/22

この地に生きて


昨日は気仙沼で、突然逝去された友達の奥様のお母さんの話しを聴く。怪我から大病が見つかり余命を告知され、その告知どおりの5か月余りの死だった。昨年の後輩もそうだったが、医師の診断の緻密さに驚く。私の母は違っていた。肺炎・硬膜下血腫そして点滴により命を繋ぎ、死の淵から何度も生き返った。家族も悔いなく母を看る事でき、孫たちとも話は出来なかったが、子供達の脳裏に一生残った事と思う。

IMG_2867.jpg
南三陸町歌津地区の「伊里前商店街」の震災前の光景は、一生私の脳裏から消えないだろう。歌津大橋のバイパスが出来てからも、地域の住民で賑わって、メインの道路を人々が埋め尽くす姿があった。地域の結束が旧歌津町の地区にはあるようだ。今回の明日に控えた歌津伊里前商店街「ハマーレ歌津」は、住宅街は高台に移転したが、バイパスが津波で流失して事で、三陸道が歌津北に開通する2018年までは、国道沿いの商店街は賑わいを見せる事と思う。願いは何時までも店主が「高く羽ばたける事」が理想むながら、時代の流れは非情だ。

170419_143929.jpg
登米市の選挙が明日の投票日を迎える。首長は一騎打ちながら、議員は26人に28人が立候補した。首長は現職の若かき市長が優勢との声を聴くが、前回・前々回と旧津山町の候補が、無競争を阻止するために立候補をする。「津山町」の過疎化の中で「我が町を誇示」するかのような、地元からの出馬に私と同じ気質を感じる。登米市には1900人以上の南三陸町の町民が移住している。今回は選挙の支援はしなかった。何故なら自分の事で精一杯だからだ。

目の前の大きな障害を、一つひとつクリアし、思い通りいかない事は、自分自身に心で整理をしている。来月の25日は広島県の福山市から友達が来る。被災者への支援がその目的だ。どこまで町民への支援の受け皿が出来るか判らないが、出来る事は続けて行きたい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:12 】

2017
04/21

信用貸しなど人への投資は銀行にはないようだ


金策が続いている。自分一人の借り入れは、収入・年齢・財産などの事情により、支払不能・貸し倒れなど、銀行に負債として発生しないような、厳しいルールの元に審査をする。また、借りる側の事も考えたルールなのだろうが、一人の融資など銀行への利益を考えれば、今の貸し手有利の被災地事情で、「借りたい人はいくらでもいる!」との感じだろう。以前の係った店長・職員の対応には救われたが、同じ震災後ながら借り手の現状は厳しい。

地元の2銀行での中の一つの対応に関しては、早く今の借金を返し、関わりを断ちたいとの気持ちが高まった。もう一つは地元意識も高く、その対応に感謝したい。
こうしたことからも高齢で安定した職の無い方の、住宅再建や生活確保は被災者にとって大変な事を昨日確認しました。

人造の新井田川の整備事業が進み、その上にはスーパーの建設がここまで進んでいた。その奥が志津川地区の中央団地で、そんなに海抜が高いとは感じないから不思議だ。東山公園と数十年も百年以上も続く、桜がしっかりと町の変化を見ています。満開の桜に恥じない町づくりをお願いしたいものだ。

IMG_2868.jpg
ハマーレ歌津のオープン告知が、新聞・テレビで連日放送されています。待ちに待った歌津商店街が4月23日の日曜日にオープンします。町民の皆様、町外の皆様の支援で地区の復興に繋がり、地区住民の支えとなります。私は混んでいる場所が苦手なので、平日にでも行って見ます。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:31 】

2017
04/20

国立競技場の木材使用へ全国の自治体の活動


秋田県でも自分の県の杉を、国立競技所の建設に私用してもらえるよう努力をしていた。県と自治体が協力して「森林認証」の取得に取り組んでいる。
南三陸町も「南三陸産材の国際認証」の取得を終え、町づくりや商店街の再建に世界的に有名な隈研吾氏が取り組み、町長は隈氏と大成建設?の競技場の入札落札により、建設に「南三陸産材」の利用を働きかけている。国際認証は南三陸町で事業の展開をしている「アミタ」が関わり、震災後の世界への森林認証で早期の取得で、我が町の林材をとアピールしている。

山に覆われた町の南三陸町は、三陸道の建設で山林の多くが伐採され、林材の活用が進んでいた。震災後の航空会社の入谷地区の山に、植林や山の整備をボランティアと一緒に進め、若き町の林業家が故郷の林業の利用活用をと、地元の仲間と活動を深めている。

170418_075045.jpg
秋田県は新しい基準をクリアしようと、木材工場の資格取得や、森林の環境保全には国際的な基準もあり、県全体で「秋田杉」の、国立競技場の建設使用で世界への進出へと計画する。来年2月から屋根工事が国立競技場で始まると言う。県を上げて売り込みをしている。

「南三陸産材」も隈氏の係わりがあるからと、安心してはいられない。こないだ知人の住宅建設にあたり、震災後の秋田との繋がりから、「秋田杉を沢山送ってもらいました。」との話しを聞いた。良い物を育て生産する事が、競技場への産材使用へと繋がる。

こうした事からも早めの準備が必要だ。気仙沼公立病院の年間の維持・改修に「70億円」も係ると言い、市の建設の災害公営住宅の管理費用に「2億円」が係り、管理費は国の交付金と基金を充てる。病院には財政改革が求められる。我が町はと言うと町民には何も見えてこない。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:16 】


TOP