FC2ブログ

NEW ENTRY

2020
01/28

政治不信拡大


昨日から国会の委員会審議が、与野党の議論で始まった。
自民党の女性議員は、野党は「同じ事たけを繰り返し質問する」言い、台風震災の補正予算が大事と言う。地元の小野寺氏も質問で立ち、前防衛大臣であり「中東への自衛隊派遣」「自衛隊の立場の確保」についての質問を、安倍総理に向けた。自分の党員からの質問に、活弁で答えていた。

野党の江田・大串・今井議員の質問には、のらりくらりに見え、何時もの記者会見の発言と態度とは大違いだ。観ていて見苦しいとも感じたのは私だけではない。嘘を嘘で重ね、記録文書を隠しに隠す。こんな日本の政治は世界から笑われている。

83886655_2729496827126552_7859644363310104576_n[1]
「拉致問題」「北方領土」「社会保障」など、解決するとの記者会見の言葉は何処に行ったのだろう。これが日本の総理大臣だと言う事をも国民は理解していても、アベノミクスによる、大企業の内部留保は増大する一途だ。

「三本の矢」は総理の最大の政策ながら、大企業ばかりへの優遇は、庶民のぼやきとなっている。日本銀行総裁の大規模な資金の放出、金融緩和など、国債発行は国民の借金であり、国民の税金が使われる。
デフレ脱却の改善の為と言い、「人のまわしで相撲をとる」、こんな政治がある。「円高」「株高」は世間への資金投資で実現する。当たり前の構図である。「労働失業率」改善は、大企業の資金的余裕から実現している。
自治体へのパート雇用も、厚生年金の加入を義務づけ、自治体へは交付金が国から配分され、事業所はここまでの厚生年金は厳しく、経営にマイナスだという。地方公務員への税金の投入、個人事業所からは、年金財源不足から資金を巻き上げる。これが政治の裏の姿と感じる。自分達は守り、弱い者に負担を被せる。こんな日本は嫌になる。

200126_113342.jpg
賢く生きないと損をそる。日本の一般庶民は本当に真面目で、これを利用するかのごとく、昨日の国会の議論は何の意味もない。問題を自分が作り、その尻拭いで大臣・官僚そして与党が全員で守っていた。まったく恥ずかしい。


スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:10 】

2020
01/27

ただ歩くだけなら「ゴミ拾い」


志津川市街地の以前の我が家の土地
周辺の土地は家も立たず
レジ袋が点々と落ちていた
2.5Kのウォーキングで「ごみ広い」
小さい方のゴミ袋がいっぱいになった
今後も何も無い日は一人で
こうした活動を続けて行くと誓う

200126_115109.jpg
昨日の日曜は志津川市街地の営業所へ行く。予定していた「一日一善」を実施した。さんさん商店街は別にした、志津川本浜の整備された道路は、一人が歩く姿は無かった。しいて言えば志津川市街地の「見晴台」に4か月ぶりで立った。晴天の中で志津川湾・商店街・高野会館・汐見橋・中橋・志津川高校を望んだ。
眺めの中で湾を望むと「松原食堂」「はがそば」の両店舗にも多くの車が止まっていた。最近できた北側の新店舗にも、来場の車が駐車する。商店街は来場者も別の商店での食事を取る人達も多くなってきた気がする。
仮設の志津川商店街から、何店かの店主も新たな場所で再建を果たし、来客も増えている気がする。「アップルタウン」の幸楽苑のラーメン店も、営業不振が閉店の理由と言う。

200126_143516.jpg
大坂女子マラソンは大阪出身の「松田瑞生」が2時間21分代で、ケニアなどのアフリカ選手を置き去りにする姿は、私自身も爽快気分を味わった。しかし、まだオリンピックの「一つの枠」は決定ではない。涙と笑いと元気な勝利だった。

200126_173715.jpg
大相撲は幕尻17枚目の徳勝龍が、千秋楽で大関の高景勝も下し14勝1敗で、初優勝し涙と笑いのインタビューで、「私みたいなものが優勝していいんでしょうか」と、ネガティブな性格を皆に披露した。33歳の遅咲きの優勝だった。

頑張り夢を叶えたスポーツ選手の「なみだ(涙)」には、私自身ももらい泣きだった。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:12 】

2020
01/26

子供たちを教え そして子供達から学ぶ事


しばらくぶりのFBのメールに応えた一文です。

とりあえず「あめでとう」。
妻の夢を叶えたいとの俊幸の考えは解る。
健康あっての二人の生活です。夫婦で無理している気がする。夢を一つは叶えられたが、今の仕事を活用しての6次産業の夢を、二人で追うのも良いと思うけど。
まずは奥様の身体と子供の成長を一番で考えて欲しい。落ち着いたら可愛い子供見せてください。大震災の「生きていれば何とかなる」、こんな事を思いだしました。二人で苦労を分け合い、喜びを分け合い、頑張って下さい。

200126_071558.jpg
今週の葬儀への参列で、孫の弔辞に祖母の姿・言葉が、孫・ひ孫に引き継がれている事を確信した。

祖母から二つの事を学んだと言う。「愛」と「老い」だった。私は母からは「忍耐」と「愛」かな。孫には優しい祖母だった事が弔辞の随所に出ていた。何時も孫たちを見ていた、孫の為に尽くしてくれた。
90歳となり、大震災での生活環境の異変と、老いの忍び寄りにより、余生への不安が増し「町に帰りたい」と言っていた。災害公営住宅で地区の人達といっしょになれたのもつかの間、体調を崩して「老人ホーム」に入居したと喪主は、参列への御礼の言葉の中で述べていた。
日に日に弱って行く「優しい祖母」を見つめ、悲しかったと言う。最後は祖父といっしょに、私達家族を見守って下さいと話した。涙をこらえ一生懸命に墓前で話す姿は「立派」でした。

葬儀の告別式で頂いた花は、在りし日のお母様の凛とし、元気な姿に紫の花が同化して蘇ってくる。私は元気な時まで、これまで会社や私への支援・係わりの方々へ参列し慰霊の気持ちを、今後も続けていきたいと思っている。



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:28 】

2020
01/25

国会中継で目覚めた

趣味の園芸にリビングにサボテンを増やした
献花の花が花瓶いっぱいに咲き
男やもめの食事を明るくしてくれる



女性国会議員の二人のメディア対応のお粗末と、夫婦の在り方と、国会議員としての人口問題への取り組みに、真剣みの無い発言と行動に驚きを隠せない。

国会への入る時の、メディアの質問をかわすかのような、携帯での会話を装う姿はカッコ悪すぎる。夫婦別姓の議論の国民民主党の玉木代表の質問に、「結婚しなければいい」とのヤジ、男性ならまだしも女性国会議員、国民の問題を国政に伝える立場の人間、ありえない。
河井あんり議員、総理と官房長官の後ろ盾で、当選した。政権のわがままさがでている。なんでも自分の思いの通り政治をしていると言った感じだ。

ヤジの出もとの人間は、以前にも世間を騒がせた。同性愛者、同一性性障害などの人々を、「生産性がない」とLGBTカップルに、週刊誌で発言した。いろいろな人間がいても良い「国会議員」ながら、世間の道理を最低限尊重して欲しい。
政党助成金を河井夫妻は二人で選挙資金として「1億5千万円」を支給され、同選挙区の自民の議員には「1千500万円」だった。同じ党での会派の闘争ながら、総理が有意だろう。これを許す「自民党」って何なんだろうと思う。政治は怖い。ここには「金」が見えてくる。

最近の大臣の不祥事の4人があり、国会を3か月欠席した。理由は「睡眠障害」「適応障害」と言う。その間、月収100万円越え、期末手当300万円越え、の仕事もせずに報酬を受け取っている。普通の会社は出ないのに、国会議員特権の中で、悠々と生き抜いている。誰も「鈴」を付ける人はいないようだ。

私は汚い政治が嫌いだ。国民の為の政治を応援したい。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:20 】

2020
01/24

急いで生活していると楽しい

昨日は予定どおり気仙沼へ8時10分に出掛け、30分で目的地に到着、高速は上りでも「50K規制」で、ゆったりとした車の流れだった。
気仙沼を9時10分に出発、携帯を会社に忘れ、戻ってから仙台へ。到着は10時40分、高速の恩恵は凄すぎる。11時15分の会議に引き続き、11時45分の昼食、12時から2回目の会議、別に発言する機会も無く、業界の年明けの行事への協力を呼びかけた。重鎮は「若い人達に頑張ってもらわないといけない。」と苦言を話した。
帰りに登米インターで下り、品物の受け渡しをする。会社へは14時30分に帰って来た。高速の力恐るべき。


「今日も入っている!」
河北新聞販売店で出している
善意の「死亡広告」が連日のように
90代の人達が多い
暖冬でも高齢者の死亡は関係がない
子や孫に何を教えたのか
何が伝わったのか知りたい

200124_095055.jpg
令和2年となり
今年初めての「洗濯」
気仙沼地方は気温「9度」と
3月初めの気温となり
薄物の肌着などは乾きました
ありがたい天の恵みです



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:51 】


TOP