FC2ブログ

NEW ENTRY

2020
10/01

昨日の情報収集


今年も三陸沿岸の気仙沼・南三陸の
秋サケの水揚げは厳しい状況だが
昨日の報道は北海道増毛では昨年の倍と言う
これからが秋サケ本番に期待です
キラキラいくら丼が食べられますように

こんな日本近海の水産の水揚げ情報は、三陸沿岸の秋サケでの水揚げ期待感に、漁民の漁場に向かう気持ちも高鳴る。
秋サケの「雌鮭」は雄の4倍はする。何故ならイクラが取れるからで、雄サケも海洋で漁獲するため、そんなに脂も抜けてはいなく美味しい。
南三陸の名物「キラキラ丼」は、イクラが豊漁だった時に、イクラの醤油漬けを白いご飯に載せた物を、地元の「飲食店会」で考案した。そのお披露目が今はなき「中華常盤」さんで開催された事を思い出す。

DSC_1066.jpg
昨夜の晩御飯
カリカリポテトと三種ウインナー
そして「グレープフルーツサワー」
これで千円弱 豪華ディナーでした

地元での飲食もあるが、行きつけの店は「コロナ感染」から、夜の営業を今も自粛している。町外での飲食も気は抜けず、感染予防の整った店や、自分の感染防止対策は万全て出掛けている。町内の飲食店は観光客も多く、感染リスクを考え来店を自粛する。町外で食べる時は周辺の席には、客が坐っていない所に座る。

10月1日から「てんこ盛り商品券」が使える。23日の販売開始から2日間で、800世帯が購入した。10割増しで、1世帯2枚までで、1万で2万円の商品券が買える。1億5千万円の予算ながら、7500万円は町民の買取金となる。たしか予算は1億7千万円だったが、2000万円分は行政の経費なる? 印刷費・職員の時間外手当の作業費なのなか? 震災復興やコロナ対策費など、多くの行政の職員の仕事が増えているようだ。

気仙沼市の残業代は「一人300万円」にのぼり、100時間残業代として計上され、新庁舎建設移転準備の中で、コロナ対策や消費の落ち込み対応など多くの職員の仕事が増加していると言う。復興の10年目の最後の年度、処理業務の増加もあり、期間までの報告書の提出など、働き方改革の対策とは成らず、益々職員の労働時間が増加する。震災から10年となり、派遣職員の削減・減少など、少ない人員での能率高い労働が職員に求められている。




スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:10 】

2020
09/30

家飲みは続く


今週から一揆に寒さが増し
昨夜は「黒霧」のお湯割りにしました
冷蔵庫の悪くなりかけの食材で
野菜炒めを作りました
無駄は絶対にしない料理のポリシーです

昨日は「リッチー」さんに行きたいとの衝動にかられ、電話を入れて見たら出ない、「コロナ感染での夜閉店は何時まで?」ですか。

仲間も最近、みんなの顔見てないし元気なのかなー? この状態って大震災に良く似ている。昨日来社した営業は、都道府県の人口に対しての発症率は、東京に続き「2位」と話していた。現在宮城は「399人」で今日には400人を超える。彼は塩竈出身で現在「32人」となり、県内で3位と言う。「商店も街も閑散としている」と話す。怖いですよね!と

今は体調が悪くても「検査に行かない」や、濃厚接触でも検査を拒否すると言う人も多い、「家族や会社に迷惑がかかるから」と言う。このままの考えだと、今後もコロナ感染は拡大していく。私もコロナの症状とならないよう、「家飲み継続」で頑張ろうと思う。

DSC_1208.jpg
来月の12日に「南三陸町震災復興祈念公園」が全面開園する。写真の「人道橋(中橋)」の向こうに築山や祈りの丘・テラスと、防災庁舎の鉄骨姿が近くで見れる。開園すれば中橋を渡り観光客が、公園内を散策する姿が目に浮かぶ。
南三陸町への全国からの小中学校の「防災修学旅行」が、コロナ禍の中で子供達が来てくれる。県内の感染拡大の中で、感染経路もつかめない、軽度の発症者そして疑いと、色々な人達が南三陸町にも訪れている。心配は尽きない状況を思う。


DSC_1199.jpg
上の山八幡神社の大きな看板があり、志津川出身の登米市在住の看板店さんが「奉納」している。公園から「中橋」を渡ると先には、こん八幡様がある。観光客にはこの大震災で残った神社も見て貰いたい。
ここは私の大恩人の志津川高校時代の恩師の神社でもある。広い駐車場は商店街・公園に訪れた人達の駐車場しても利用されるだろう。私が生まれる前には「防災庁舎」の場所にあったが、役場隣りの場所として、第二庁舎・駐車場として、町民が利用した。今の中橋(人道橋)から築山に繋がる道路が、この場所にあたる。

昨日は歌津地区で「防災庁舎を考える会」が開催され、町外から今町に暮らす「6名」が参加した。庁舎では33名の職員が殉職し、それを含む「43人」が津波で流され死亡した。家族を亡くした人は「どう思うだろう」、ここを解体したら家族の想い出が消える。また、「見るのも嫌だ」など、多くの思いがここにはある。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:08 】

2020
09/29

今から交通安全に立つ


あと二日間の「秋の交通安全週間」で、今回の目標は「子供と高齢者を事故から守る」です。朝7時15分から45分の30分です。以前は45分~1時間だった気がする。
昨日の宮城県の感染者は「5人」で、市の行政職員、あと4人で400人を越えます。皆さん「三密励行」「ソーシャルディスタンス」「手洗い」「消毒」は忘れずに。

今週からエビスビール
つまみは「カボチャとばら肉・
エリンギの煮物」
御飯は食べない
今朝の空腹血統「107」でした


DSC_1227.jpg
9月定例会の議会だよりの一般質問の原稿を1枚書き上げました。今回は南三陸町の「道の駅構想」について疑問を正しました。

道の駅の名称は「さんさん南三陸」で、伝承館の施設名は「南三陸311メモリアル」と言う事です。道の駅の推進協議会での決定が、町の考えと言います。地元民への施設名募集では始め「30件」で、募集数が少ないと、一か月延期し対象を町外・全国に拡大した。結果は480件で、その内280件が町内からだと言う。一か月伸ばして「250件」も増える? 不思議・疑問です。
パブリックコメント(住民意見)の募集でも、自分からの意見ではなく、周囲かの働きかけがあり、「防災庁舎の存続」でも、町の思惑に添った内容となったと私は思っている。情報操作で大きな力が動き、町の政策を進める事実を作っていると思う。

今回は道の駅に「地元の農産品の参加者・スペースの拡大」をでした。町長は「置かないとは言っていない、御持ち頂きたい。」と答えた。しかし、運営する会社の同意と、置き場所や手続きがあり、業者の積極的な参入の働きかけ無くして、農家が個人で持ち込む事は難しい。と考えられる。

●南三陸町に「特殊詐欺事件」が発生した。電話・メールでの振り込め以来は無い。絶対にお金の支払いは直接で、周囲に相談する事が大切です。巧妙になって行く犯罪に高齢化の進む中で、防衛は厳しい。災害公営住宅での一人住まいが県内に5割を超える。




【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:00 】

2020
09/28

また自分から

昨日は貰い物の整理をしました
2~4年前のゼリーや佃煮
何時もより3つも多い5個のゴミ出し
二人暮らしなので普通は2個ぐらい
これも私の仕事です



大好きな女優さんの死が昨日の朝あった。臨時ニュースが伝える。私ならず多くの人達がショックと悲しみに包まれている。一年前に再婚して、今年、子供ができたばかりなのに、本人にしかわからない心の病?
DSC_1026.jpg
「もう誰も死なないで!」。芸能界での死は「ネットの誹謗中傷」で始まり、まだ20歳の若い命を奪った。芸能界で国内のみならず海外でも有名となり、輝かしい人生への終止符は、生きていれは、「こんな事で苦しんでいたのか」と、長い人生の中で、笑い飛ばせる。しかし、命を断ってからでは、友達も家族も何もしてあげられなかった事を後悔するだろう。芸能界の死の連鎖を二人目の時に、その後に又2人の連鎖となり、予言を言った事を思い出す。
私の同級生も35歳前後で「自死」を選択した仲間がいる。今、生きていれは「美味い酒も飲める」「昔話も沢山でき」、65歳の高齢者の仲間入りをすれば、のんびり旅もしてみたい。竹内さんは「のんびり旅行をしたい」と最近話していたと言う。
私も30代は日々生きる事に身を尽くし、「60歳までは生きていないと!」と将来を話したが、その年となり「一人旅」「時間に左右されない時を過ごす」など、こんな事が出来る年を迎えていた。生きていれば必ず楽しい事や、今まで出来なかった事が見つかり、「生きていて良かった」と思うだろう。真の友達を見つける事で救われ、生きている事で今以上の幸せを感じられる。

DSC_1186.jpg


畑の収穫に面白さを感じ、花を植え花が咲けば「綺麗」と感激する。料理を作り食べて美味しいと感激し、部屋の掃除・ゴミの片付けで、以前探していた物を見つけ、当時の事を思いだし過去を振り返る。
いままでの日曜なら、釣りやドライブ、30歳となりやめたパチンコの負けも、今となれば懐かしい想い出、30歳過ぎた頃には友達が沢山できた時代だった。現在は父と二人ながら、日曜は2つの番組の録画、朝の報道番組を2時間半楽しむ。なんと、のんびりした時と、眠い時には眠る。大震災の苦しい時と、何も無い時からの再生は、人の生き方・考えまで強く変えてくれた。悩む事を忘れたかのようだ。人生思い通りにはならないもの、「なるようにしかならず、日々前に進むのみです」



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:19 】

2020
09/27

コロナ禍の中で


大雨でも嵐でも
育つ場所が貧しくても
けな気に咲く力強い花になりたい

昨日は定期の病院日、血液検査による体内の状況は、検査項目の12個は正常と言う結果だった。昨日は先生に「食事はしましたか」と質問され、「日々質素な食事です」と少しおちゃめな嘘をつきました。先生が聞いた理由は、「血糖値68」と過去にない検査血糖だからでした。朝食は残っていた「そうめん」を父と分けて食べたのですが、驚きの数字でした。

●学生の生活はコロナにより、アルバイトが半年も無くなり、生活苦の中でリモート授業と、多くの不安から「退学」「休学」など、不況よりも厳しい環境で生活していた。
そんな中で悪が近寄ってくる。「持続化給付金不正受給」の誘い指南だった。400人以上に自給指南がされ、虚偽の資料提供と架空の申請で、100万円を手にした。犯罪であり手元に届く100万から「30万」を指南者に渡すと言う。困り苦しんでいる者への罠は容易に引っかかりやすい。テレビで不正受給が摘発される映像に日々怯え、自分から警察に相談した。何の借金かと言えば、30万円はギャンブルだと言う。若者の成せる禍だった、「こんな学生は」。決して少なくは無いとも感じる。

DSC_1190.jpg
我が菜園
もう終園かと思いきや
今日こんなにも収穫がありました
美味しく今晩の料理にします

DSC_1214.jpg
ようこそ南三陸町へ
「防災旅行」と言う名の修学旅行
震災復興の姿で自分たちの町の
防災を良く考えて下さい




【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:27 】


TOP